S-MAX

充電

出すのも片付けるのも簡単!カバンに入れるのにもピッタリな上海問屋の小技が効いた周辺機器「ケース収納式microUSBケーブル」を使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
収納ケース一体型!ちょっと技アリなmicroUSBケーブルを紹介

iPhoneなどのiOS搭載機(Lightning端子)や最近のNexusなど(USB Type-C端子)などを除くと、スマートフォン(スマホ)やタブレットを充電・データ転送などを行なうのに使われているmicroUSBケーブルですが、最近ではいろいろな製品が販売されています。

普通は使わないときにまとめたり、丸めたりなどして片付けるとは思いますが、意外とかさばりますし、片付けにくかったりします。また、端子がむき出しでカバンのポケットなどに入れるのはホコリなどを不安に感じるユーザーもいるかもしれません。

そこで今回は、前回のリバーシブルタイプのケーブルとは違う方向で便利だけど、ちょっと変わったmicroUSBケーブル「上海問屋製 ケース収納式microUSBケーブル」を紹介します。

続きを読む

裏表のなしでノンストレスで充電も通信もOK!pocketgamesのリバーシブルmicroUSBケーブル「Mcable」を使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
充電を快適にするバーシブルなmicroUSBケーブルを使ってみた!

最近ではUSB Type-Cが一部出始めてきているとはいえ、iPhoneやiPadなど以外のスマートフォン(スマホ)やタブレットではまだまだmicroUSB端子が中心です。

iPhoneなどのLightningケーブルやUSB Type-Cではもともと端子の表裏の向きの概念がなく、どちら側からケーブルを差し込んでも特に問題ないようになっています。

一方、microUSB端子の場合は基本的に上下(表裏)があり、その上、メーカーや製品によって向きが異なるため、逆向きに挿そうとしてしまって挿さらないといった経験はmicroUSB端子のある製品を持っている人なら誰にでもあるかと思います。ありますよね?

今回はそんな小さなストレスをなくしてくれるpocketgamesで販売されている表裏のないmicroUSBケーブル「Mcable」を購入したので紹介します。

続きを読む

MCPCや携帯電話各社、スマホなどの充電時の事故防止を啓発するロゴとキャッチフレーズ「キケン!水ぬれ充電」を新設


ゼロから始めるスマートフォン

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(以下、MCPC)およびNTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイルの5社は27日、モバイル機器における充電時の事故防止の啓発を図るため、安全充電啓発ロゴ・キャッチフレーズを新設したと発表しています。

スマートフォン(スマホ)などの発熱などに関するトラブルはスマホなどの普及とともに急増しており、充電中に充電端子が焼損した事例も複数件発生しています。

今回、こうしたトラブルからユーザーの安全・安心を守るための活動の一環として、今回、安全充電啓発ロゴおよびキャッチフレーズが新設されました。

キャッチフレーズは「キケン!水ぬれ充電」。ロゴは水に浸されたスマホなどを充電しようとする様が表現されています。このロゴとキャッチフレーズは、携帯各社のカタログやポスター、取扱説明書などに順次掲載されます。

続きを読む

Nokia、音でスマホを充電する技術を開発!ナノテクノロジーによる酸化亜鉛被膜で微細振動から発電


スマホを音で充電できるようになるかも!

Microsoft(マイクロソフト)は10日(現地時間)、Nokiaの技術者チームがロンドン大学クイーン・メアリー校のJoe Briscoe博士およびSteve Dunn博士とともにナノテクノロジーによって騒音による振動から発電することで、スマートフォン(スマホ)を充電する技術のプロトタイプを開発したとお知らせしています。

ナノサイズまで微細に分散させた酸化亜鉛を支持材表面に塗布することでできる被膜が押しつぶされたり、曲げられたりすると電圧を生じることを応用し、スマホなどの外装表面に酸化亜鉛被膜を形成することで、騒音などの音の振動程度の運動エネルギーから電気エネルギーに効率良く変換し、充電できるようになるということです。

続きを読む

価格差10倍以上!100円ショップのmicroUSBケーブルと充電専用高品質ケーブルの充電性能はどれだけ違う?いろいろ買って比べてみた【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

108円(写真=左)と1,100円(写真=右)のmicroUSBケーブルをガチンコ比較

スマートフォンやタブレットに限らず、最近では音楽プレーヤーやデジタルカメラでも幅広く活用されるようになった「microUSBケーブル」。安いものから高いものまでさまざまな製品が販売されており、最近では100円ショップなどでも見かけるようになりました。一方で電気店には、急速充電対応などさまざまな差別化をうたったケーブルが販売されています。こうなってくると100円ショップの安いケーブルと、電気店で販売されているケーブルがどの程度違うのかが俄然気になってきますね。

そこで、今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、さまざまな価格帯のmicroUSBケーブルを自腹で買い集め、機器へ給電中の電圧・電流を測定することで違いを探っていきます。意外な結果に驚くかも!?

続きを読む

電源の性能の違いは電力供給能力の決定的な差か?ACアダプターやモバイルバッテリーの実力を実測テストで検証【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

USB電流&電圧チェッカーを使って徹底チェック

電気店に立ち並ぶスマートフォンやタブレットなど用のACアダプターやモバイルバッテリー。価格や性能はさまざまですが、性能の差を判断しようとすると仕様の「電圧」とか「電流」、「容量」以外に手がかりがないのが現状ではないでしょうか。

そこで、今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、ACアダプターやモバイルバッテリーの「電源として機器に電力を供給する能力(どれだけ早く充電できるか)」を明らかにするべく、スマートフォンやタブレットに電力を供給したときの電圧や電流を実際に測定してみて考察しました。仕様として電圧や電流の値が大きなハイスペックな電源は、その期待に応えてくれるのでしょうか。

続きを読む

一家に一台!?スマホやタブレット、ゲーム機など、複数のモバイル機器を充電するのがとってもはかどる上海問屋製USB5ポート電源タップ「DNSB-84173」を試してみた【レビュー】

840cb630.jpg

まとめて充電ならおまかせ!?5ポート同時出力のUSB充電タップを試す!!

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」にて以前に、BUFFALO製のUSB4ポート同時充電可能なACアダプターを紹介したときにも冒頭で書きましたが、スマートフォンやケータイ、タブレット、さらに最近ではモバイルWi-Fiルーター、モバイルバッテリーなど、機器をいくつも持ち歩いている人も多いと思います。

むしろ、スマートフォンやタブレットなどの複数台持ちはまったくもって普通のことだと思います!

そこで、今回の記事では、そんなスマートフォンをはじめとするモバイル機器をたくさん所持している人も、また、そうでない人にもオススメな5ポート同時充電OKなUSB電源タップ「DNSB-84173」(上海問屋製)を紹介します。

続きを読む

まるでおにぎりのようなかわいいqiロゴ取得のおくだけ充電用充電パッド「ワイヤレスチャージャー03」を写真でチェック【レポート】


とってもかわいいワイヤレス充電対応充電パッドはおにぎり風味!

既報通り、NTTドコモは15日、2013年夏に発売する予定の新モデルや新サービスを発表する「2013年夏モデル新商品・新サービス発表会」を開催し、新しいワイヤレス充電「おくだけ充電」に対応した充電パッド(充電台)「ワイヤレスチャージャー03」を2013年6月下旬に発売予定であると発表しています。

今度のワイヤレスチャージャーは、お手頃価格とおにぎりのようなデザインが特長となっており、ワイヤレス充電規格WPCに対応し、ロゴ「qi(チー)」を取得しています。製造元は、前モデル「ワイヤレスチャージャー01」および「ワイヤレスチャージャー02」と同じ三洋電機です。

今回は、このワイヤレスチャージャー03が発表会にて展示されていましたので、写真で紹介したいと思います。


続きを読む

Panasonicの衣をまとっても「eneloop」の志は生きているか? 4月26日発売の新eneloopを新EVOLTAと一緒にフライングゲット【レビュー】

eneloopでスマホを充電...いままでと何かが違う!?

ニッケル水素充電池として押しも押されぬブランドとなった「eneloop(エネループ)」。元々は三洋電機の製品でしたが、三洋電機がパナソニックに買収されて以降はパナソニックがeneloopを提供しています。パナソニックはeneloopとは別にニッケル水素充電池「充電式EVOLTA」(以下、EVOLTA)も提供しており、1社が2ブランドのニッケル水素充電池を提供する事態になっています。

三洋電機からパナソニックに親が変わっても今まで大きなデザイン変更がなかったeneloopですが、この4月26日(金)に発売される新型では、各所で議論が巻き起こるほどの大変身(?)を遂げました。発売日に先がけて市場に出回り始めた新eneloopを、同時発売の新EVOLTAと併せて入手しましたので、写真で紹介していきたいと思います。

続きを読む

ニッケル水素電池の充電器でスマホにも充電OK! モバイルバッテリー機能つき充電器を試す【レビュー】

73f0c46c.jpg
自己放電の少ない単3ニッケル水素電池でスマホの電池切れに備えよう

最近のスマートフォンは大容量バッテリーを搭載するようになってきていますが、それでもバッテリーの消費についてはスマートフォン最大の問題点といえるのではないでしょうか。この問題点を補うために、スマートフォンに充電できるモバイルバッテリーが多数市販されています。

モバイルバッテリーの多くは「リチウムイオン電池」を用いたタイプですが、今回紹介するのは「単3型ニッケル水素電池」を使用するタイプ。ニッケル水素電池だけではなく「アルカリ乾電池」も使用可能で、さらにニッケル水素電池自体の充電器にもなる“1台3役”の製品です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。