S-MAX

充電

ワイヤレス充電だけじゃない!新スマホのiPhone X・8・8 Plusは急速充電にも対応ーーUSB PD対応ACアダプターなら30分で50%まで充電可能【レポート】


iPhone 8・8 Plus・XはUSB PD対応の急速充電に対応!

Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」の新機能として注目されている「ワイヤレス充電」がありますが、もう1つ新たに「急速充電」に対応したことも挙げられます。これは11月に発売予定の「iPhone X」も同様で、それぞれ“30分で最大50%”の充電が可能となっています。

ただし、ワイヤレス充電が「Qi(チー)」規格に対応した充電器を別途用意する必要があるのと同様で、急速充電もiPhone 8・8 Plusに付属するACアダプターでは利用できません。急速充電するには「USB PD(Power Delivery)」対応ACアダプターが必要となります。

2015年以降のMacBookなどに付属するUSB Type-C端子のACアダプターがUSB PDに対応しており、これらを持っている人は使いまわすことができまるが、持っていない場合にはUSB PD対応ACアダプターを購入しないと急速充電は利用できません。

iPhone 8シリーズの発売以降に各所で実際に急速充電で30分間で50%の充電ができるのか試されていますので、筆者もいくつかのUSB PD対応を含むACアダプターでiPhone 8を充電してみましたのでその模様と合わせて紹介したいと思います。

続きを読む

出すのも片付けるのも簡単!カバンに入れるのにもピッタリな上海問屋の小技が効いた周辺機器「ケース収納式microUSBケーブル」を使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
収納ケース一体型!ちょっと技アリなmicroUSBケーブルを紹介

iPhoneなどのiOS搭載機(Lightning端子)や最近のNexusなど(USB Type-C端子)などを除くと、スマートフォン(スマホ)やタブレットを充電・データ転送などを行なうのに使われているmicroUSBケーブルですが、最近ではいろいろな製品が販売されています。

普通は使わないときにまとめたり、丸めたりなどして片付けるとは思いますが、意外とかさばりますし、片付けにくかったりします。また、端子がむき出しでカバンのポケットなどに入れるのはホコリなどを不安に感じるユーザーもいるかもしれません。

そこで今回は、前回のリバーシブルタイプのケーブルとは違う方向で便利だけど、ちょっと変わったmicroUSBケーブル「上海問屋製 ケース収納式microUSBケーブル」を紹介します。

続きを読む

裏表のなしでノンストレスで充電も通信もOK!pocketgamesのリバーシブルmicroUSBケーブル「Mcable」を使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
充電を快適にするバーシブルなmicroUSBケーブルを使ってみた!

最近ではUSB Type-Cが一部出始めてきているとはいえ、iPhoneやiPadなど以外のスマートフォン(スマホ)やタブレットではまだまだmicroUSB端子が中心です。

iPhoneなどのLightningケーブルやUSB Type-Cではもともと端子の表裏の向きの概念がなく、どちら側からケーブルを差し込んでも特に問題ないようになっています。

一方、microUSB端子の場合は基本的に上下(表裏)があり、その上、メーカーや製品によって向きが異なるため、逆向きに挿そうとしてしまって挿さらないといった経験はmicroUSB端子のある製品を持っている人なら誰にでもあるかと思います。ありますよね?

今回はそんな小さなストレスをなくしてくれるpocketgamesで販売されている表裏のないmicroUSBケーブル「Mcable」を購入したので紹介します。

続きを読む

MCPCや携帯電話各社、スマホなどの充電時の事故防止を啓発するロゴとキャッチフレーズ「キケン!水ぬれ充電」を新設


ゼロから始めるスマートフォン

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(以下、MCPC)およびNTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイルの5社は27日、モバイル機器における充電時の事故防止の啓発を図るため、安全充電啓発ロゴ・キャッチフレーズを新設したと発表しています。

スマートフォン(スマホ)などの発熱などに関するトラブルはスマホなどの普及とともに急増しており、充電中に充電端子が焼損した事例も複数件発生しています。

今回、こうしたトラブルからユーザーの安全・安心を守るための活動の一環として、今回、安全充電啓発ロゴおよびキャッチフレーズが新設されました。

キャッチフレーズは「キケン!水ぬれ充電」。ロゴは水に浸されたスマホなどを充電しようとする様が表現されています。このロゴとキャッチフレーズは、携帯各社のカタログやポスター、取扱説明書などに順次掲載されます。

続きを読む

Nokia、音でスマホを充電する技術を開発!ナノテクノロジーによる酸化亜鉛被膜で微細振動から発電


スマホを音で充電できるようになるかも!

Microsoft(マイクロソフト)は10日(現地時間)、Nokiaの技術者チームがロンドン大学クイーン・メアリー校のJoe Briscoe博士およびSteve Dunn博士とともにナノテクノロジーによって騒音による振動から発電することで、スマートフォン(スマホ)を充電する技術のプロトタイプを開発したとお知らせしています。

ナノサイズまで微細に分散させた酸化亜鉛を支持材表面に塗布することでできる被膜が押しつぶされたり、曲げられたりすると電圧を生じることを応用し、スマホなどの外装表面に酸化亜鉛被膜を形成することで、騒音などの音の振動程度の運動エネルギーから電気エネルギーに効率良く変換し、充電できるようになるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。