S-MAX

出荷台数

MM総研、日本国内の2017年度携帯電話出荷状況を発表!Appleが過去最高台数で6年連続1位に。Androidではシャープが1位に返り咲き、SIMフリーではファーウェイが初のトップに


日本のスマホなどの携帯電話出荷台数をMM総研が調査!

MM総研は10日、2017年度(2017年4月〜2018年3月)における日本国内の携帯電話端末出荷概況を公表し、総出荷台数は前年度比2.7%増の3746万台で6年振りのプラスになったと発表しています。同社では2018年度は総出荷台数3820万台とさらに増加すると予想しています。

またスマートフォン(以下、スマホ)の出荷台数は8.1%増の3258万台で2年連続過去最高となり、このうちのSIMフリー製品の出荷台数は11.9%増の315万台とスマホ全体の9.7%まで増加。一方でフィーチャーフォン/従来型携帯電話(以下、ケータイ)の出荷台数は23.1%減の488万台で過去最低を更新しています。

メーカー別では総出荷台数でもスマホ全体でもAppleが2012年度以降6年連続1位を獲得し、総出荷台数に占めるシェアは43.4%、スマホに占めるシェアは49.9%となり、いずれも前年度比では微減となったものの、圧倒的なシェアは継続しています。

またAppleのiPhone以外ではシャープが総出荷台数およびスマホともに2位となり、Androidスマホではシェア1位となりました。その他、SIMフリー製品でははじめてHuawei Technogies(以下、ファーウェイ)がシェア31.5%で1位となり、このところの移動通信体事業者(MNO)への採用なども含めて日本市場でのシェア拡大が数字にも現れてきています。

続きを読む

ファーウェイ、NTTドコモ向け「キッズケータイ HW-01D」の累計出荷台数が100万台突破!記念に「ありがとう! 夢へのトビラ キャンペーン」を実施


NTTドコモ向け「キッズケータイ HW-01D」の累計出荷台数が100万台突破!

ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本)は21日、NTTドコモから2012年9月より販売されている子ども向けケータイ「キッズケータイ HW-01D」(ファーウェイ製)が2014年4月中旬で累計出荷台数100万台を突破したことを発表しています。

また、累計出荷台数100万台突破を記念して、2014年5月12日(月)から6月1日(日)まで「キッズケータイ100万台突破 ありがとう! 夢へのトビラ キャンペーン」を実施するということです。

続きを読む

MM総研、2013年の国内携帯電話出荷台数を公表!シェア1位は連続してAppleで差を広げる――スマホ出荷台数も3.7%減で移行が停滞へ


MM総研が2013年の国内携帯電話出荷台数を公表!

MM総研は30日、2013年暦年(2013年1月~2013年12月)の国内携帯電話端末の出荷状況を調査して結果を発表しています。

調査結果によると、ケータイ(フィーチャーフォン)およびスマートフォン(スマホ)の合計総出荷台数は前年比10.2%減の3929万台となり、4000万台を下回る結果となったとのこと。

スマホだけでも2928万台と前年比3.7%減となり、スマホ人気が停滞が見えるとしています。ただし、総出荷台数に占めるスマホ出荷台数比率は74.5%(前年比5.0ポイント増)に上昇しています。

メーカー別シェアでは、NTTドコモが取り扱いを開始した「iPhone」を提供するAppleが総出荷台数(32.5%)およびスマホ出荷台数(43.6%)でともにシェア1位になっています。

続きを読む

IDC Japan、2013年第2四半期の国内における携帯電話・スマートフォン販売台数を発表!Xperia Aでソニーが好調ながらトップはやはりiPhoneのApple


国内2013年Q2携帯電話およびスマホの出荷台数!

IDC Japanは9日、国内における携帯電話およびスマートフォンの2013年第2四半期(4~6月)の出荷台数実績を発表しています。携帯電話は、前年同期比7.1%増の844万台となり、2四半期ぶりにプラス成長。この主要因として、Apple製スマートフォン「iPhoneシリーズ」の出荷台数が増加したこと、加えて、昨年同期は、Qualcommのチップセット供給不足から各社Androidスマートフォン出荷台数が低水準にとどまっていたことによるリバウンド効果が挙げられるとしています。

また、スマートフォンは、前年同期比で26.8%増の653万台へと拡大し、携帯電話総出荷台数におけるスマートフォン出荷比率は77.4%にまで上昇したとのことです。

続きを読む

IDC Japan、2012年携帯電話およびスマートフォンの国内出荷台数調査結果を発表!iPhone 5が好調でAppleが通年ではじめてシェア1位に

0de43490.jpg

ベンダー(メーカー)別でAppleが圧倒した2012年!

IDC Japanは21日、日本国内における携帯電話(スマートフォン含む)の2012年第4四半期(10~12月)および2012年通年の出荷台数の調査結果を発表した。

これによると、2012年第4四半期の国内携帯電話出荷台数は、前年同期比6.3%増の1,133万台、国内スマートフォン出荷台数は、前年同期比29.2%増の883万台で、ともにAppleがシェア1位になったとのこと。

また、2012年通期の携帯電話出荷台数は、前年比6.4%増の4,040万台で、国内スマートフォン出荷台数は、前年比29.2%増の2,848万台で、こちらもともにAppleがシェア1位となり、通年でのAppleのシェア1位ははじめてだという。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。