富士通がPCと携帯電話を分社化!

富士通は24日、取締役会を開催し、2016年2月1日を効力発生日としてノートパソコンやデスクトップパソコンといったパソコン(PC)事業および携帯端末事業を会社分割によって新たに新設する完全子会社に承継することを決議したと発表しています。

分割される新会社はPC事業が富士通クライアントコンピューティング(資本金4億円)、携帯端末事業が富士通コネクテッドテクノロジーズ(資本金4億円)となり、代表取締役社長はそれぞれ齋藤邦彰氏および高田克美氏が就任します。

続きを読む