S-MAX

初期費用

ビックカメラがMVNOによる携帯電話サービス「BIC SIM」で高速通信量が6ヶ月間2倍になるキャンペーンを開始!初期費用も1円スタートに


格安SIMのBIC SIMにて「「通信容量2倍キャンペーン」と「1円スタートキャンペーン」

ビックカメラは15日、仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「BIC SIM(ビックシム)」において月額料金そのままの「通信容量2倍キャンペーン」を2017年2月16日(木)から5月8日(月)までの期間限定で実施するとお知らせしています。

これにより、期間中に申し込んだ場合に利用開始日の翌月から6ヶ月間は、ミニマムスタートプランが3GBから6GB、ライトスタートプランが6GBから12GB、ファミリーシェアプランが10GBから20GBと2倍に増量されます。

またBIC SIMでは通常3,000円(すべて税抜)かかる初期費用が1円になる「1円スタートキャンペーン」も2017年2月16日(木)から4月2日(日)まで実施するとのこと。タイプAも対象。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「LINEモバイル」にて2月1日から初期手数料が432円値上げに!SIMカード発行手数料が追加――エントリーパックで申し込む場合はお早めに


LINE MOBILEの初期費用が2月1日から432円値上げに!

LINE Corp.の子会社であるLINEモバイルは10日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において2017年2月1日(水)より初期費用としてNTTドコモが規定するUSIMカードの貸与に係る費用相当分として「SIMカード発行手数料」を請求するとお知らせいたします。

これにより、初期費用がこれまでの登録事務手数料3,000円(税別)に加えて、SIMカード発行手数料400円(税別)を加えた3,400円(税別)となります。税込なら3,672円。

なお、登録事務手数料についてはAmazon.co.jpで販売されているエントリーパックを利用すれば税込990円に抑えることが可能。この場合には税込990+432=1,422円となります。

続きを読む

新生活・引越しを検討中の人は必見!複雑な初期費用をサッと計算してくれる「賃貸初期費用計算機」【iPhoneアプリ】【Androidアプリ】

ab5e326b.jpg

ちょっと待った!同じ家賃でも初期費用が違うのを知ってますか?

これから新生活を迎える人やそろそろ引越しを……と考えている人はいろいろな物件を探していると思います。

毎月の家賃などの維持費を目安に探している方も多いと思いますが、同じ毎月の維持費でも初回にかかる初期費用って前家賃や敷金、礼金その他もろもろかかってなんだか計算がややこしいですよね(>_<)

この物件いいな!と思っても実際、初期費用がかかりすぎて断念・・・。なんてこともありますよね。
面倒な初期費用の計算をパッと計算してくれたら便利ですよね!

毎月の維持費も初期費用もちゃんと把握しておくと実際に不動産屋さんに行ったときに安心ですよね。

ということで、今回は、Android向けアプリiPhone向けアプリの両方に対応した「賃貸初期費用計算機」を紹介したいと思います。

このアプリはiPhone向けにリリースされていたのですが、Android向けにもリリースされました。さらに、貯金額から契約できる家賃を算出したり、引越し用語、引越しチェックシートなどさらに便利な機能が収録されたのもになります。

では、さっそく紹介していきましょう。

続きを読む

この家いいな♪ 気になる賃貸物件の面倒な初期費用計算はおまかせ!「賃貸初期費用計算機」【iPhoneアプリ】

6f56ffca.jpg

ラクラク初期費用計算アプリ!

春はもうそこまできてますね♪ 新生活をスタートする方も多いと思います。これから新しい新居を探す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

引越しをしたいけど、初期費用がいくらくらいかかるかは気になるところですよね。

敷金、礼金、保証金、仲介手数料や不動産屋によっては別途金額が発生する場合もあって初期費用の計算が面倒だったり、複雑で分かりにくかったりなんてことありませんか?

今回紹介する「賃貸初期費用計算機」は家賃などの費用を入力することで初期費用の目安料金を計算してくれるアプリになっています。

良い物件を見つけたときにサクッと計算できるの便利です。

では、早速、紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。