S-MAX

剛力彩芽

iPhoneやAndroid、固定電話の留守電が文字で読める!ソースネクストがスマホなど向け新サービス「スマート留守電」を提供開始ーー剛力彩芽さんも登場した発表会を紹介【レポート】

ソースネクストの新イメージキャラクター剛力彩芽さんも登場!留守電が文字で読める

ソースネクストは23日、都内にて「ソースネクスト 新製品発表会」を開催し、留守電が文字で"読める"スマートフォン(スマホ)など向けアプリ「スマート留守電」を発表した。

スマート留守電は、これまで固定電話機の時代から使われてきた留守番電話を進化させ、スマホやパソコンなどを利用して、文字と音声で留守番電話の内容を確認できる次世代のサービスだ。発表会が行われた2016年5月23日より提供開始しており、2017年末までにユーザー数100万人をめざすという。

対応プラットフォームはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBaen)およびiOS 9.0以降で、価格(税込)はアプリ自体は無料なものの利用料としてAndroid向けが月額290円、iOS向けが月額360円。今回は、この新しい留守番電話サービス スマート留守電の内容を紹介していく。

続きを読む

LINEスタンプに無料ダウンロードできるニッセン「しろたさんとれさ丸」およびJTB「LINEオリジナルキャラクター」、J&J「動く!剛力彩芽・髙橋大輔」の3種類を追加


3種類の無料LINEスタンプが登場!

LINE Corp.は28日、無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」のトークで利用できるスタンプに新しくニッセン「しろたさんとれさ丸」およびJTB「JTB LINEオリジナルキャラクター」、ジョンソン・エンド・ジョンソン「動く!剛力彩芽・髙橋大輔」の3種類を追加したとお知らせしています。

これまでにもさまざまな種類のスタンプが配信されている「LINEスタンプ」ですが、今回新たに配信された3種類のスタンプはダウンロード日より180日間利用できる無料スタンプとなっています。

気軽にダウンロードできる無料スタンプを期間中にダウンロードしてLINEトークを盛り上げてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

auスマートパスのサービスが拡充!それはともかく、発表会に登場したauのワントップ「剛力彩芽」をスマホレビュー風に徹底チェック【レポート】

8a4559f2.jpg
剛力さん!大好きです!!

KDDIおよび沖縄セルラーは24日、同社のコンテンツサービス「auスマートパス」における内容拡充やiPhone向けアプリの提供を発表した。同日、KDDIは都内で同サービスについての発表会を開催した。

発表会では、KDDI代表取締役執行役員専務の高橋氏および今回新たにサービス拡充の取り組みに参加するエイチ・アイ・エス執行役員の高野氏、一休取締役宿泊事業本部長の榊氏らが登壇した。また、ゲストにお笑いタレントのしずるの2人と、南海キャンディーズの山里さんに加え、同社のイメージキャラクター剛力彩芽さんも登場した。

そこで今回は、この発表会において、紅一点の出演者となった剛力さんをフィーチャーし、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」においていつもお届けしている新機種のファーストインプレッション風に剛力さんを写真を中心に紹介する。

続きを読む

au2012年秋モデルの発表間近か?それとも単なる模様替え?auのFacebookページに異変

744021c7.jpg

auのFacebookページに2012 autumnの文字が

9月1日に日付が変わって間もなく、auのFacebookページのカバー写真が変更された。同社のイメージキャラクター剛力彩芽のカバー写真だが、そこには「2012 autumn」と記載されている。剛力彩芽が手にする端末は「ARROWS Z ISW13F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)のようだが、実はこっそり新機種なんじゃないかと妄想して夜中だというのにワクワク感が止まらない。

ちなみに前回のFacebookページのカバー写真は同じく剛力彩芽が「HTC J ISW13HT」を持つ画像が使用されており、公開されたのは夏モデルを発表した5月15日だった。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。