S-MAX

加藤薫

NTTドコモがスマホなどの商品サイクルを1年に変更!ラインナップ数の減少や製品寿命の長期化へーー変態端末の投入にも期待


NTTドコモが商品サイクルを1年ごとに変更!AQUOS ZETAやarrows NXなどの国内メーカーも1年ごとに発売へ

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏モデル新商品発表会」を都内で11時から開催し、スマートフォン(スマホ)などの商品サイクルを1年ごとにすることを明らかにしました。

これは質疑応答の中で同社プロダクト部長の丸山誠治氏がラインナップされた機種数が少ない理由として「今年の夏モデルから各メーカーと相談して年間サイクル化、1年間で機種を出すというスタイルにしていきたいと思っている。」と述べたもの。

これまでは例えば、シャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS ZETA」シリーズは大きな発表会が行われる各商戦期ごとに夏と冬に半年ごとに出してきましたが、今後は1年ごとになるということです。

続きを読む

NTTドコモ、2016年夏モデルを発表!スマホ5機種およびタブレット1機種、ルーター1機種など合計7機種を投入――通信速度は下り最大375Mbpsに、日本初のHD+対応VoLTEも


NTTドコモが2016年夏モデル総勢7機種を発表!

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏モデル新商品発表会」を都内で11時から開催し、5機種のスマートフォン(スマホ)、1機種のタブレット、1機種のモバイルWi-Fiルーターという合計7機種が発表されました。

発表されたのはスマホが「Xperia X Performance SO-04H」および「Galaxy S7 edge SC-02H」、「AQUOS ZETA SH-04H」、「arrows SV F-03H」、「Disney Mobile on docomo DM-02H」、タブレットが「arrows Tab F-04H」、モバイルWi-FIルーターが「Wi-Fi STATION HW-01H」。

なお、これらの新しく発表された7機種は本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が開始されます。

発表会の模様は特設サイト「2016年夏モデル 新サービス・新商品発表会」にてライブ配信を実施しており、他にもライブ配信は「ニコニコ生放送」や「YouTube」でも閲覧できます。さらに、Twitterアカウント「@docomo」やFacebookページ「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しているようですので、ご確認ください。

今夏モデルの特長としては新たな対応周波数帯である3.5GHz帯(Band 42)の導入や3つの周波数帯をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねて下り最大375Mbpsを実現する高速通信サービス「PREMIUM 4G」に対応するほか、日本初のHD+に対応したより綺麗で聞こえやすくなった高音質通話サービス「VoLTE」に対応。また、タッチしないで電話ができる「すぐ電」やおすすめの使い方のヒントを自動表示する機能などの使いやすさが向上しています。

なお、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していき、Twitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」などにて発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、2016年夏モデル 新商品・新サービス発表会を5月11日に開催!決算説明会で明らかに――下り最大375Mbpsや3.5GHz帯TD-LTEなどの通信サービスを6月から提供


NTTドコモが「2016年夏モデル」の発表会を5月11日に開催!

NTTドコモは28日、2016年3月期決算発表を行い、都内にて説明会を開催し、登壇した同社代表取締役社長の加藤薫氏が新商品・新サービスを披露する「2016年夏モデル」の発表会を2016年5月11日(水)に開催すると予告しました。

また、この2016年夏モデルにおいて3.5GHz帯(Band 42)のTD-LTE方式による下り最大370Mbpsや3つの周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション(3CC CA)による下り最大375Mbpsに対応した製品を投入し、今年6月から提供することを明らかにしています。

続きを読む

NTTドコモ、2015年夏モデルを発表!PREMIUM 4G対応を含めAndroidスマホ8機種およびタブレット2機種、ケータイ2機種など合計12機種を投入


NTTドコモが2015年夏モデル総勢12機種を発表!

NTTドコモは13日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015夏モデル新商品発表会」を都内で15時から開催し、高音質通話サービス「VoLTE」に対応した6機種のスマートフォン(スマホ)、2機種のタブレット、2機種のケータイ(フィーチャーフォン)という合計10機種が発表されました。すでに先行して発表されていた「Galaxy S6 edge SC-04G」および「Galaxy S6 SC-05G」を加えた総勢12機種が2015年夏モデルとして投入されます。

なお、新しく発表された10機種は本日5月13日(水)14:15からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が開始されています。

発表会の模様は特設サイト「2015年夏モデル 新サービス・新商品発表会」から各動画配信サイトにてライブ配信を実施。ライブ配信サイトは「Ustream」や「ニコニコ生放送」、「YouTube」、「NOTTV」でも閲覧できます。さらに、Twitterアカウント「@docomo」やFacebookページ「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しているようですので、ご確認ください。

発表されたのは、Androidスマホが「Xperia Z4 SO-03G」および「Xperia A4 SO-04G」、「AQUOS ZETA SH-03G」、「AQUOS EVER SH-04G」、「ARROWS NX F-04G」、「Disney Mobile on docomo DM-01G」の6機種、Androidタブレットが「AQUOS PAD SH-05G」および「Xperia Z4 Tablet SO-05G」の2機種、そして新たにiモードケータイからAndroidベースになってspモードケータイになったケータイ(フィーチャーフォン)として「ARROWS ケータイ F-05G」および「AQUOS ケータイ SH-06G」の2機種。その他、昨年夏モデルとして発売されたシニア向けスマホ「らくらくスマートフォン3 F-06F」に新色エアーブルーが追加され、新機能として高音質通話サービス「VoLTE」に対応します。

今夏モデルの特長としては次世代通信規格「LTE-Advanced」の要素技術であるキャリアアグリゲーション(CA)に対応することで、下り最大225Mbpsを実現する高速通信サービス「PREMIUM 4G」に対応するほか、世界初の虹彩認証をはじめ指紋認証を含めた生体認証搭載機種が増え、おすすめアプリ通知対応やAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)搭載などといった点となります。また、広角インカメラやWQHDなどの高精細ディスプレイ、北米(700MHz帯)や中国(TD-LTE)へのローミングなどへの対応機種が増加しています。

一方、新サービスではABC Cooking Studioやクックパッド、食べログなどのフルサービスが月額400円(初回初月無料)で使える「dグルメ」を5月28日から提供し、話題の500円ランチクーポンやディナーも20%以上お得になるクーポンなどが用意されます。

この他にも「フォトコレクションプラス」(月額280円)や「家のあんしんパートナー」(月額450円)なども提供予定で、事前に報道があったドコモポイント(dポイント)のPontaとの連携も行われます。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

今後のSIMロック解除やガラケーはどうなる?NTTドコモ加藤社長が見解示すーー決算説明会で気になった話題を簡潔に紹介【レポート】


NTTドコモのSIMロック解除やフィーチャーフォンの今後は?

既報通り、NTTドコモは28日、都内にて「2014年度(2015年3月期)決算説明会」を開催し、2014年度決算と中期目標に向けた新たな計画を発表した。

この説明会では先日発表された5月以降の総務省によるSIMロック解除義務化に対する同社の対応や、一部報道で取り上げられた2017年以降にフィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」とも呼ばれる従来型携帯電話)が生産終了するといった話題についても取り上げられた。

今回は説明会においてこれらの気になった話題をまとめて紹介する。

続きを読む

NTTドコモ、2014年度決算説明会を開催!成長の軸を顧客獲得から他社コラボの「協創」に移行ーー各種サービスを「d」ブランドに統一【レポート】


NTTドコモが2014年度決算説明会を開催!写真は加藤社長

NTTドコモは28日、都内にて「2014年度(2015年3月期)決算説明会」を開催し、2014年度決算と中期目標に向けた新たな計画を発表した。

同社代表取締役社長の加藤薫氏は今後のNTTドコモの取り組みとして顧客獲得競争から付加価値の「協創」を重視すると明らかにし、コーポレートスローガンを「いつかあたりまえになること」へと変更すると語った。

また、現在提供している各サービスもドコモポイントを「dポイント」、DCMXを「dカード」などのように今後は「d」ブランドへの統一を進めていく。

今回はまずこれらの中期目標に向けた新計画や各サービスのdブランドへの統一について説明会の模様をまとめて紹介する。

続きを読む

NTTドコモが2014年度第3四半期決算説明会を開催!新料金プランによる収支影響は底打ちで改善傾向ーー同時発表した「ドコモ光」はまず通過点として100万契約をめざす【レポート】

不健全なキャッシュバックはせず、ドコモ光シェアパックを訴求する

NTTドコモは29日、都内にて「2014年度第3四半期決算説明会」を行った。さらに同説明会では、既報のフレッツ光回線による固定ブロードバンドサービス「ドコモ光」、そして、それとスマートフォン(スマホ)の料金をパックにして割引する「ドコモ光パック」などの新サービスを発表した。

まずはじめに簡単に説明されたNTTドコモの決算(累計)概況では対前年度同期減益減収となり、その内訳は営業収益33,268億円(前年同期比-1.1%)、営業利益5,871億円(前年同期比-14.7%)となった。

オペレーション関連では新料金プラン契約数1,354万件、純増数217万契約(前年同期比3.4倍)、スマホ利用数2,733万契約(前年同期比1.2倍)と発表し、純増数は改善、新料金プランの収支影響は底打ちし改善トレンドを維持する見込みを立てた。

質疑応答では主に新サービスのドコモ光について同社代表取締役社長加藤薫氏が説明を行った。今回はドコモ光の発表会を含む内容を写真を交えてレポートする。

続きを読む

NTTドコモ、株主総会で「NTTの光回線」とのセット割引提供を明言!auと同程度の1410円前後の割引へ


NTTドコモがNTT東西の光回線とのセット割引を導入へ!

NTTドコモは19日、東京にあるホテルニューオータニにて「第23回 定時株主総会」を開催し、その中で同社取締役社長の加藤薫氏がグループ会社のNTTが提供する「光コラボレーションモデル」を受けて、同社の携帯電話サービスと組み合わせることで利用料金を割り引くセット割引を提供する意向を明らかにしました。

株主総会で加藤氏は、今後の業績予想および2014年度の取り組みを紹介する中で「できるだけ早期に光とモバイルを組み合わせた魅力的なサービスを提供したい。」と語りました。

また、27日にはNTT持株会社の日本電信電話社長の鵜浦博夫氏がNTTの規制緩和などを議論する総務省の審議会でにおいてauの固定とモバイルのセット割引である「auスマートバリュー」と同程度の1,410円程度になる可能性があるという見通しを示しました。

続きを読む

NTTドコモ、2013-2014冬春モデル新商品・新サービス発表会を10月10日12時から開催!ライブ中継も実施予定


NTTドコモの2013-2014冬春モデルは10月10日に実施!

NTTドコモは2日、2013年10月以降に発売予定の新商品や新しく提供する新サービスを披露する「2013-2014冬春モデル 新商品・新サービス発表会 | 製品 | NTTドコモ」を2013年10月10日(木)12:00から開催するとお知らせしています。

また、発表会の様子はインターネットでのライブ配信で中継される予定で、リアルタイム動画配信サービス「ニコニコ生放送」や「Ustream」、「YouTube」といった動画配信サイトでのストリーミング生放送に加えて「NOTTV」での完全生中継する予定であることが告知されています。

さらに、新機種は発表される10月10日から全国のショールーム「ドコモスマートフォンラウンジ」にて展示されるということです。


続きを読む

NTTドコモ、docomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」の設備投資を強化!2014年末には5万基地局設置および高速化対応加速へ


Xi基地局数を1年前倒し倍増へ

NTTドコモは26日、2012年度の決算内容および2013年度の見通しを説明する「2013年3月期決算説明会」を開催し、その中で、2013年度に高速データ通信規格LTEによるサービス「Xi(クロッシィ)」の設備投資を強化するという計画であることを示した。

それによって、Xi対応基地局数を1年前倒しで倍増し、2014年3月に5万局を設置し、Xiの下り最大75Mbpsに対応した高速化対応基地局設置数や国内最速下り最大112.5Mbpsに対応したエリア数も昨年12月時点の計画よりもさらに上回る計画となっているとのこと。

さらに、いち早く受信時最大150Mbpsのサービスも開始予定で、LTEによるサービスにおいて国内でエリア・速度ともにNo.1で満足度の高いサービスを提供できるよう努めていくとした。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。