S-MAX

動画

個性的なデュアルカメラ搭載の最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」のカメラ機能を試してみた!異なる用途を持つ2つのカメラを使いこなそう【レビュー】


ユニークなアプローチのデュアルカメラスマホ「AQUOS R2」のカメラ機能を使ってみた!

NTTドコモおよびau、SoftBankの大手携帯電話会社から6月8日に発売されたシャープの最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2」。筆者もすでに紹介したようにNTTドコモ版「AQUOS R2 SH-03K」を購入しました。

本機はフラッグシップに恥じない流行りの画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある縦長な約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 845などとハイスペックな本体性能を持っていますが、その中でも特徴となっているのはやはり背面に2つ搭載されたデュアルカメラでしょう。

最近はデュアルカメラこそそれほど珍しいものではありませんが、それらの多くは2つのカメラを使って背景のぼかしや片方をモノクロセンサーのカメラとすることでよりクッキリとした写真が撮れるようになっていたり、または片方が超広角レンズでよりワイドな写真が撮れるといったものが一般的です。

ところがAQUOS R2ではそれらとは異なり、背面に搭載された2つのカメラがそれぞれ「写真撮影に特化した標準カメラ」と「動画の撮影に特化した動画専用ワイドアングルカメラ」となっており、シャープでは写真と動画の撮影にはそれぞれ適したセンサーやレンズ、チューニングがあるため、それらを個別に搭載したとしてこれを「ツインカメラ」と呼んでいます。

また例えば、動画撮影用カメラで動画を撮影しながら標準カメラで高精細な写真撮影を行うといった機能も搭載されており、昨今の動画利用の広がりを素早く取り入れた製品と言えると思われます。そこで今回は、AQUOS R2のカメラアプリを紹介しつつ、独自のアプローチで搭載されているカメラ機能を紹介していきます。

続きを読む

TBSやテレビ東京、WOWOWなどの番組が月額999円で見放題の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」が2018年4月にスタート!オリジナルコンテンツも用意


TBSやテレビ東京、WOWOWなど6社が提供する動画配信サービス「Paravi」が来年4月に開始!

プレミアム・プラットフォーム・ジャパン(以下、PPJ)は25日、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」( https://www.paravi.jp )を2018年4月より提供すると発表しています。

サービスの中心となるサブスクリプション型定額制動画配信サービス(SVOD)の料金は月額税別925円(税込999円)となるということです。

同社は東京放送ホールディングスおよび日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社の共同出資により今年7月に発足。

Paraviではこれらの各社のTBSや日本経済新聞、テレビ東京、WOWOWで提供しているテレビ番組などのコンテンツや各社が制作したオリジナルコンテンツが視聴できるとしています。

続きを読む

シャープが世界初の撮影・収録一体型の業務用8Kカムコーダー「8C-B60A」を12月1日発売!8Kが作る新しい世界とは?【レポート】


シャープが8Kをさまざまな分野に応用する8Kエコシステムを推進!

シャープは7日、都内にて「業務用8Kカムコーダー新製品発表会」を開催し、カメラ・記録部一体型の業務用8Kカムコーダー「8C-B60A」(本体税別価格8,800,000円)を2017年12月に発売すると発表した。8C-B60Aは、映像機器メーカーのアストロデザインが技術協力を行って開発し、製造をシャープが行うという。

今やスマートフォン(スマホ)の動画撮影機能は、地上波テレビ放送の解像度を超える4K(3840×2160ドット)撮影が可能となっており、誰もが手軽に動画撮影を楽しめる時代となった。そういった中で今回、シャープが発表した業務用カムコーダーは、この4Kのさらに4倍の記録面積を持つ8K(7680×4320ドット)となる。

またシャープは12月1日に民生用の8Kテレビ「AQUOS LC-70X500」発売するが、このテレビを含めて「8Kエコシステム」を築いていくのだとしている。今回はこのシャープの8Kエコシステムと8C-B60Aの戦略を紹介していく。

続きを読む

新スマホ「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」は滑らかで高精細な4K60P撮影に対応!実際に8で高圧縮ファイル形式のHEVCと合わせて動画撮影機能をチェック【レビュー】


iPhone 8およびiPhone 8 Plus、iPhone Xは4K60P動画撮影に対応!

NTTドコモやau、SoftBank、Appleから9月22日に発売となった新スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」は背面がガラス素材へと変更となったことが主なトピックとなるほど、大きな変革はないように感じられる。

しかしながら、内部的にも新たにニューラルエンジンを搭載したほか、GPUとISPをAppleが独自開発するなどした新しいチップセット「A11 Bionic」やIoT機器との連携が予想される「Bluetooth 5.0」など、Appleによる次の世界感を作るための下準備がなされたモデルという見方もできる。

そして個人的なトピックとしては昨年発売された前機種「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」にはなかった「4K60P(60fpsによる4K解像度の動画撮影)」に「iPhone X」とともに対応し、オーバースペックとも言える滑らかな高精細動画撮影機能が追加されたことが大きい。

今回はこの4K60Pの動画撮影機能について、チェックしていきたいと思う。

続きを読む

ソニー渾身の独自開発なメモリー積層型センサー搭載!最新スマホ「Xperia XZs」と「Xperia XZ Premium」で対応したスーパースローモーションを試してみた【レビュー】


ソニーの新スマホ「Xperia XZs」と「Xperia XZ Premium」で対応したスーパースローモーションを紹介!

ソニーブランドの最新ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs」および「Xperia XZ Premium」が新たに対応したのが新開発のメモリー積層型センサー「Motion Eyeカメラ」システムによって実現したスーパースローモーション動画撮影や静止画の先読み撮影です。

今回はすでに5月26日より販売されているXperia XZs(NTTドコモ向け「Xperia XZs SO-03J」およびau向け「Xperia XZs SOV35」、SoftBank向け「Xperia XZs 602SO」)を使ってスーパースローモーション撮影を試してみたので作例も含めて紹介したいと思います。

なお、Xperia XZ Premiumについては日本ではNTTドコモ向け「Xperia XZ Premium SO-04J」のみが販売予定で、発売時期は2017年6月中旬を予定しています。すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で事前予約受付も実施されているので気になる人は是非チェックしてみてください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。