S-MAX

半額サポート

SoftBank向け「半額サポート+」が9月13日より提供!製品返却で代金が半額免除。通信契約に伴わず、他社の携帯電話サービス利用者でも単体購入で加入可能に


SoftBankが「半額サポート+」を発表!他社ユーザーでも単体購入で加入可能

ソフトバンクは9日、都内にて「新サービス記者発表会」を開催し、携帯電話サービス「SoftBank」向けの新たな施策としてスマートフォン(スマホ)などの製品代金の支払いが最大で半額不要になる「半額サポート+(プラス)」の提供を2019年9月13日(金)に提供開始すると発表しています。

半額サポート+は対象機種を48回払いで購入し、同時に加入することで25カ月目以降に同社が指定する方法で指定機種を購入した場合、査定完了日が属する請求月の翌請求月以降の旧機種の分割支払金の支払いが不要になります。料金は月額390円(不課税)×24カ月(総額9,360円)。

対象機種はスマホだけでなく、タブレットやケータイもあるとのこと。現在提供している「半額サポート」との違いは利用料がかかるようになったことに加え、半額サポート+ではSoftBankの携帯電話回線の契約有無に関わらず加入できるため、他社の携帯電話サービスを利用している人がSoftBankから製品を単体購入して特典を利用することが可能となっています。

また2年未満でも3ヵ月目以降なら差額を支払うことで次の製品に買い替えができる「1年買い替えオプション」も9月13日より提供されます。なお、半額サポート+の提供開始に伴って半額サポートおよび「機種変更先取りプログラム」は9月12日(木)に申込受付を終了します。

続きを読む

ソフトバンクがSoftBank向け「2017-2018冬春モデル」の4機種を発表!Xperia XZ1とAQUOS R compact、MediaPad M3 Lite s、DIGNOケータイ2で、Android向け「半額サポート」も提供開始


SoftBankが2017-2018冬春モデルを発表!

ソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに今冬および来春以降に発売する新製品「2017 Winter -2018 Spring SoftBank NEW Collection」を発表し、新たにスマートフォン(スマホ)では「Xperia XZ1(型番:701SO)」および「AQUOS R compact(型番:701SH)」の2機種、タブレットでは「MediaPad M3 Lite s(型番:701HW)」、ケータイでは「DIGNOケータイ2(型番:701KC)」の合計4機種を2017年11月上旬以降順次発売します。

また今年7月に発売したシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R」についても新色「オパールブルー」「オーロラピンク」「カッパーブラック」の3色を11月中旬以降に発売し、12月以降に最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供予定であることを案内しています。

さらに「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」の発売に合わせて提供が開始された施策「半額サポート」が新たに2017-2018冬春モデルのXperia XZ1の発売に合わせて11月上旬以降にAndroid向け「半額サポート for Android」も提供開始すると発表しています。

続きを読む

ソフトバンクが最新iPhoneの機種代を最大半額にする施策開始!まずはiPhone 8とiPhone 8 Plusが対象で、48ヶ月分割払いで購入して25ヶ月目以降に機種変更すると残債がチャラ


SoftBankにて最新iPhoneが半額になる「半額サポート」がスタート!

ソフトバンクは12日、携帯電話サービス「SoftBank」において最新の「iPhone」シリーズの機種代金が最大半額になる「半額サポート for iPhone」を2017年9月22日(金)より提供開始すると発表しています。

最新のiPhoneを48回分割払いで購入し、25ヶ月目以降にさらにその時の最新iPhoneに機種変更すると、その時点で残っている分割支払金が不要になるプログラムです。

加入条件は対象機種を新スーパーボーナス用販売価格(48回分割)で購入し、データ通信オプション「データ定額サービス」または「パケット定額サービス」に加入すること。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。