S-MAX

台湾

台湾製品を気軽に試せるイベントが東京KITTEで開催中!近日発売予定のAR・VR両対応スマホ「ZenFone AR」やGTX 1080を2基搭載した本気仕様のゲーミングノートPCの展示も【レポート】


台湾製品を気軽に試せるイベントを東京駅チカで開催!

台湾貿易センター(TAITRA)が2017年6月16日(金)から18日(日)までの3日間の日程で、台湾を代表するブランド製品をアピールするイベント「2017 TAIWAN EXCELLENCE in Tokyo」を東京駅丸の内口から徒歩1分の場所に所在する商業施設「KITTE」にて開催しています。

具体的な開催概要は以下の通りです。イベントでは、パソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)などといった情報通信機器のみではなく、交通分野やヘルスケアなど、台湾が強みを持った数多くの分野の製品を展示しており、筆者も同イベントに足を運んだみたので、特に気になった製品を中心にご紹介します。

時期:2017年6月16日から2017年6月18日まで
場所:東京 KITTE 1F アトリウム
主催:経済部国際貿易局
実行:台湾貿易センター


続きを読む

KDDIが「台湾フェスタ2016」に特別協賛!au WALLETで得られる特典を活用しておトクに食べよう【レポート】


今年の台湾フェスタはau WALLETを持っていこう!2大特典が嬉しいぞ

東京・渋谷の代々木公園内イベント広場にて2016年7月30日(土)と31日(日)の2日間、台湾の観光や産業、芸能、食文化といった台湾の多くの魅力を日本に感じてもらい、国際親善を推進を図るイベント「台湾フェスタ」(主催:台湾フェスタ実行委員会、共催:日本華商総会)が開催されています。

イベントでは台湾の食文化を感じ、楽しんでもらえるようにと、多くの屋台出展があり台湾の料理やスイーツなどを楽しむことができます。今年はKDDIが「au WALLET」名義にて「au WALLET × 台湾フェスタ 2016」のコラボレーションを実施しており、イベント内の屋台で使える食券をau WALLETで購入するとおトクな特典が得られるようになっています。

今回、筆者もこの台湾フェスタに実際に行ってきてau WALLETで食券を購入してきたので特典の内容などを紹介したいと思います。


続きを読む

ASUSの最新スマホ「ZenFone 3」の気になる仕様を台湾版でサクっと紹介!デュアルスタンバイやシャッター音、4G LTE対応周波数、技適マークなど【レビュー】


shimajiro@mobiler

すでに紹介したようにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が2016年7月12日(火)に台湾にて同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」を販売開始した。

発売されたのは上記写真にあるZenFone 3の5.2インチモデル(型番:ZE520KL)と5.5インチモデル(型番:ZE552KL)の2機種。なお、同じZenFone 3シリーズの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe」は8月以降、大型モデル「ZenFone 3 Ultra」は7月27日(水)にそれぞれ台湾では発売予定。

また、日本向けの販売予定などはアナウンスされておらず現時点での不明だ。とはいえ、台湾版でも対応する携帯電話ネットワークの周波数帯としては「TW/JP/HK version」となっており、JP(日本)向けがあることを示唆しており、期待が持たれる。

今回は台湾における発売日である7月12日に5.2インチ版のZenFone 3 ZE520KLを購入してきたので、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)やシャッター音、技適マークなどといった気になる点を紹介したいと思う。なお、以下、特に注記がない場合は「ZenFone 3」=「ZenFone 3 ZE520KL(台湾版)」を指す。

続きを読む

ASUSTeK Computer、台湾で最新フラッグシップスマホ「ZenFone 3」シリーズの発売日や価格を発表!ZenFone 3が2.5万円、ZenFone 3 Deluxeが5.1万円、ZenFone 3 Ultraが5.7万円から


shimajiro@mobiler

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は12日(現地時間)、地元の台湾・台北にて同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」シリーズの発表会「Zenvolution」を開催した。

発表会ではZenFone 3シリーズの「ZenFone 3」および「ZenFone 3 Deluxe」、「ZenFone 3 Ultra」の3機種について台湾での発売日や価格、詳細な製品仕様などが明らかにされた。

続きを読む

台湾版も技適マークありでワンセグも視聴可能!ASUSの2万円以下で買えるSIMフリースマホ「ZenFone Go TV」を写真でチェック【レポート】


幅広い国・地域のデジタルテレビチューナーを内蔵するスマホ「ZenFone Go TV」を写真で紹介!

日本国内では"性能怪獣"を称したハイスペック、そして、高画素のフロントカメラ搭載による自撮り強化、光学ズーム対応のメインカメラ、大容量のバッテリー搭載など、さまざまなコンセプトが光る商品を販売しているASUSTeK Computer(以下、ASUS)。

そのASUSが先月、グローバル向けに新たな機種「ZenFone Go TV(型番:ZB551KL)」を発表し、現時点ではASUSが本社を置く台湾でのみ発売されています。またこの台湾で販売されているモデルは「TW/JP version(台湾・日本版)」となっており、日本での発売の可能性も高く、日本で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)も表示できることがわかっています。

ちょうど筆者は先日に「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせて台湾に行く機会があったため、ZenFone Go TVの実機を店頭にてチェックしてきました。そこで今回はこのZenFone Go TVの外観デザインや触ってみた印象などを写真を用いて紹介していきます。

続きを読む

香港・マカオ・台湾でデータ通信の使い放題が年額1,500円で使える!広告表示型SIMカード「i-Sim Card HK-TW-MO」の有料サービスを試す【レポート】


shimajiro@mobiler - 「i-Sim」の有料サービスの告知チラシ

既報通り、以前に紹介した香港の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるGreen-i Sim Motionが香港限定で提供している無料で使えるSIMカード「i-Sim」に香港・マカオ・台湾の3地域での3Gデータ通信および音声通話が使い放題になる有料会員向けサービス「i-Sim Card HK-TW-MO」が開始した。

年会費は98香港ドル(約1,500円)で、SIMカード1枚につき有効期間は10日間、SIMカードは年間6枚まで受取することができる。今回は実際にi-Sim Card HK-TW-MOのSIMカードを受け取って限定で試してきたのでその模様を紹介する。

続きを読む

Green-i Sim Motion、香港・台湾・マカオの3地域で年会費約1500円で1年間に6枚まで3Gデータ通信と音声通話が使い放題なSIMカード「i-Sim Card HK-TW-MO」を提供開始


shimajiro@mobiler

香港内での3Gデータ通信&音声通話が無料で使い放題になる携帯電話サービス「i-Sim」を提供している香港の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるGreen-i Sim Motionが香港に加えて台湾とマカオの3地域で利用可能になる「i-Sim Card HK-TW-MO」を提供開始している。

台湾&マカオで使えるSIMカードは従来の無料のi-Simとは異なり、年会費98香港ドル(約1,500円)の「i-Sim Membership」への登録が必要で、1年間で合計6枚のSIMカードを受け取りできる。SIMカードは香港空港での受取のほか、日本を含む海外へも有償で発送に対応している。

続きを読む

台湾で販売中の新スマホ「Galaxy Note5 SM-N9208」は予約なしで当日購入可能!Webストアでは1ShopMobile.comにてGalaxy Note5 SM-N920Iが販売開始


shimajiro@mobiler

世界に先駆けて台湾にて8月15日より販売が開始されたSamsung Electronic(以下、サムスン電子)製スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note5」は"台北の秋葉原"とも呼ばれる三創数位生活園区(以下、三創生活)にあるSamsungショップにて現在も予約なしで当日購入が可能だ。

そのため、台北を訪問する旅行者でも本体の購入だけなら特に面倒な手続なしに購入することができる。販売価格はGalaxy Note5の32GBモデルでは23,880台湾ドル(約92,000円)。

ただし、特典である無線充電器に関しては発売時点と変わらずに在庫がないとのことで、無線充電器の当日受取は不可となっている。

続きを読む

世界最速発売されたサムスン電子製新スマホ「Galaxy Note5」を台湾で購入!先着20名限定イベントにも参加――外観なども紹介【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は14日、米国のニューヨークにてプレス向けイベントを開催して新しい約5.7インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED/有機ELディスプレイ搭載スマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge+」および「Galaxy Note5」の2機種を発表した。

このうち、Galaxy Note5を8月15日(土)に台湾・台北の三創数位生活園区(以下、三創生活)にあるSamsungストアにて先行体験会を開催して、合わせて、限定200台を先行販売することを案内していた。Galaxy Note5が一般向けに発売されるのは台湾で世界初となるとのこと。

そこでさっそくこのイベントに参加し、発表されたばかりのGalaxy Note5を購入することができたのでその模様を写真を交えて紹介する。

続きを読む

ASUS、フラッグシップスマホ「ZenFone 2 ZE551ML」の台湾版では最新のソフトウェア更新で技適マークが非表示に


shimajiro@mobiler

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が販売する最新スマートフォン(スマホ)「ZenFone 2(型番:ZE551ML)」のグローバル版にて最新のソフトウェア更新を行うと、従来は表示されていた日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が非表示になった。

確認を行ったのは台湾にて販売されているZenFone 2 ZE551MLで、ソフトウェアのバージョンは「V.2.17.40」。

これにより、再度、日本でのローミング以外での利用は不適切となった。なお、日本で販売されているZenFone 2 ZE551MLは関係ない。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。