S-MAX

台湾

日帰りで台湾版の技適マークあり&シャッター音なしの「iPhone 11 Pro」を購入してきた!SIMカードはnanoSIM+eSIMでハードウェアは同じ【レポート】


shimajiro@mobiler

日本でも9月20日に発売されたAppleの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズ。これまで日本向けの専用モデルが用意されてきた「iPhone」シリーズだが、発表当初からこのiPhone 11シリーズでは日本専用モデルがなくなり、日本で販売される製品も一部の台湾などで販売される海外モデルと共通となったことが話題となった。

例えば、Appleの公式WebサイトにおけるiPhone 11シリーズや昨年発売の「iPhone XR」の仕様を日本向けページと台湾向けページを見比べてみると、iPhone XRは日本向けがA2106だが、台湾向けはA2105と異なっているのだが、iPhone 11はA2221、iPhone 11 ProはA2215、iPhone 11 Pro MaxはA2218と同じとなっている。

実際にこれまでに台湾で販売されているiPhone 11シリーズには日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が表示できることが確認されている。そこで今回は日帰りで台湾に行ってiPhone 11 Proを購入してきたのでその模様を紹介する。

なお、購入したのは「iPhone 11 Pro」のミッドナイトグリーンで、台湾のApple Storeでの販売価格は41,400台湾ドル(約147,000円)だったが、日本では約135,000円(税込)のため、日本で購入したほうが約12,000円割安なので最初に断っておくと“積極的に購入する意味は薄い”と思われる。

続きを読む

台湾に行くならぜひ訪れたいスポット「三創生活園區」と「光華商場」を紹介!GalaxyやASUSなどの多くのスマホを含むデジタル製品が集う【レポート】


デジタル製品が一挙に集まる注目スポット「三創生活園區」と「光華商場」を紹介!

LCC(格安航空会社)の普及によって最近では地方からでも短期での訪問が容易になりつつある台湾。筆者もちょうど2017円6月初旬まで開催されていたイベント「COMPUTEX TAIPEI 2017」取材のため、台湾を訪問したばかり。

しかし気がつけば最近では、こういった大きな目的がなくとも2~3ヶ月に1度のペースで台湾を訪れるようになりました。

その理由、すなわち“惹きつけられる魅力”はいくつかありますが、中でも毎回欠かさないのが「日本では未発売のスマートフォン(スマホ)やデジタル製品がチェックできる」ということ。

そしてこの目的を果たすため、旅程に関わらず必ず足を運ぶスポットがデジタル製品が集結している「三創生活園區(Syntrend)」および「光華商場」です。

今回は当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」の読者であれば間違いなく興味を持つであろう三創生活園區と光華商場について、写真を絡めながら紹介していきます。

続きを読む

台湾製品を気軽に試せるイベントが東京KITTEで開催中!近日発売予定のAR・VR両対応スマホ「ZenFone AR」やGTX 1080を2基搭載した本気仕様のゲーミングノートPCの展示も【レポート】


台湾製品を気軽に試せるイベントを東京駅チカで開催!

台湾貿易センター(TAITRA)が2017年6月16日(金)から18日(日)までの3日間の日程で、台湾を代表するブランド製品をアピールするイベント「2017 TAIWAN EXCELLENCE in Tokyo」を東京駅丸の内口から徒歩1分の場所に所在する商業施設「KITTE」にて開催しています。

具体的な開催概要は以下の通りです。イベントでは、パソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)などといった情報通信機器のみではなく、交通分野やヘルスケアなど、台湾が強みを持った数多くの分野の製品を展示しており、筆者も同イベントに足を運んだみたので、特に気になった製品を中心にご紹介します。

時期:2017年6月16日から2017年6月18日まで
場所:東京 KITTE 1F アトリウム
主催:経済部国際貿易局
実行:台湾貿易センター


続きを読む

KDDIが「台湾フェスタ2016」に特別協賛!au WALLETで得られる特典を活用しておトクに食べよう【レポート】


今年の台湾フェスタはau WALLETを持っていこう!2大特典が嬉しいぞ

東京・渋谷の代々木公園内イベント広場にて2016年7月30日(土)と31日(日)の2日間、台湾の観光や産業、芸能、食文化といった台湾の多くの魅力を日本に感じてもらい、国際親善を推進を図るイベント「台湾フェスタ」(主催:台湾フェスタ実行委員会、共催:日本華商総会)が開催されています。

イベントでは台湾の食文化を感じ、楽しんでもらえるようにと、多くの屋台出展があり台湾の料理やスイーツなどを楽しむことができます。今年はKDDIが「au WALLET」名義にて「au WALLET × 台湾フェスタ 2016」のコラボレーションを実施しており、イベント内の屋台で使える食券をau WALLETで購入するとおトクな特典が得られるようになっています。

今回、筆者もこの台湾フェスタに実際に行ってきてau WALLETで食券を購入してきたので特典の内容などを紹介したいと思います。


続きを読む

ASUSの最新スマホ「ZenFone 3」の気になる仕様を台湾版でサクっと紹介!デュアルスタンバイやシャッター音、4G LTE対応周波数、技適マークなど【レビュー】


shimajiro@mobiler

すでに紹介したようにASUSTeK Computer(以下、ASUS)が2016年7月12日(火)に台湾にて同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」を販売開始した。

発売されたのは上記写真にあるZenFone 3の5.2インチモデル(型番:ZE520KL)と5.5インチモデル(型番:ZE552KL)の2機種。なお、同じZenFone 3シリーズの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe」は8月以降、大型モデル「ZenFone 3 Ultra」は7月27日(水)にそれぞれ台湾では発売予定。

また、日本向けの販売予定などはアナウンスされておらず現時点での不明だ。とはいえ、台湾版でも対応する携帯電話ネットワークの周波数帯としては「TW/JP/HK version」となっており、JP(日本)向けがあることを示唆しており、期待が持たれる。

今回は台湾における発売日である7月12日に5.2インチ版のZenFone 3 ZE520KLを購入してきたので、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)やシャッター音、技適マークなどといった気になる点を紹介したいと思う。なお、以下、特に注記がない場合は「ZenFone 3」=「ZenFone 3 ZE520KL(台湾版)」を指す。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。