S-MAX

周辺機器

2018 Japan IT week 春:紙と鉛筆のような書き味が売りのソニー製デジタルペーパーに小型なA5サイズモデル「DPT-CP1」が登場!主戦場はビジネス用途にあり?【レポート】


ソニーのデジタルペーパーシリーズにコンパクトなA5サイズが新登場!

東京ビッグサイトにて5月9日から11日まで開催されていた13のIT関連展示会が合同で開催される国内最大のIT総合イベント「2018 Japan IT week 春」(主催:リードエグジビジョンジャパン)にソニーが出展し、同社のデジタルペーパー(電子ペーパー)シリーズの最新モデルとなるA5サイズの「DPT-CP1」を公開しました。

本製品はすでに販売中のA4サイズの「DPT-RP1」を小型化したもので、DPT-RP1での使いやすさや基本性能はそのままに可搬性を重視したモデルとして併売されるものです。

そこで今回はこの小型化したDPT-CP1について実際にタッチ&トライした模様を写真を交えて紹介します。なお、発売は6月上旬を予定し、価格はオープンながら公式Webショップ「ソニーストア」における販売予定価格は69,800円(税別)となっています。

続きを読む

複数台持ち歩きユーザー注目!山根博士考案のスマホ&タブレット用ガジェットバッグ最新作「スマポーチ2018」と「タブスマポーチ9」を紹介【レビュー】


スマホがちょー入る!2ケタ台数持ち歩きユーザー必見なスマポーチの新作が登場

今ではスマートフォン(スマホ)の複数台持ちユーザーなんてのもそれほど珍しいものではなくなりましたが、みなさまは何台くらいのスマホを普段持ち歩いているでしょうか?

人によってはケータイ(いわゆる「ガラケー」や「ガラホ」など)とスマホというように用途に分けて複数台を使い分けるといった方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな「いろいろと使い分けているからスマホやケータイをたくさん持ち歩きたい!」という超ヘビーユーザー必見のスマホがなんと11台収納可能なガジェットバッグ「スマポーチ2018」と「タブスマポーチ9」を紹介します。

続きを読む

アンカー・ジャパンがオーディオ製品を「Soundcore」ブランドに統一!ちょうど良いニーズにあった魅力的なイヤホンやスピーカーなどの新製品と新事業戦略を発表【レポート】


アンカーが新ブランドで高音質な防水スピーカーや汗に強いイヤホンなどを展開!

アンカー・ジャパンは4月27日、都内にて「新事業戦略&商品発表会 2018」を開催し、オーディオ製品のブランドを「Soundcore」に統一し、新たに2018年に発売するオーディオ製品を発表した。

これまで同社はモバイルライフ・パートナーブランド「Anker」およびスマートオーディオブランド「Zolo」の2つのブランドで展開してきたが、オーディオ製品はSoundcoreブランドに集約し、“ちょうど良く”を満たしながら「感情に寄りそう本物の音」を追求していくとした。

なお、オーディオ製品以外は従来通りにAnkerおよびZoloの各ブランドで販売を行うという。今回はそんな大手Webストア「Amazon.co.jp」などでも売上げ上位となるアンカー・ジャパンの人気オーディオ製品について写真と動画で紹介していく。

続きを読む

レノボ・ジャパンが動き回れるVRヘッドセット「Mirage Solo」とお手軽3D VRカメラ「Mirage Camera」を発表!5月11日発売、価格は約5.5万円と約3.9万円【レポート】


面倒なセッティングいらずですぐにVRが楽しめるMirage Soloが便利!

レノボ・ジャパンは24日、都内にて「VR ヘッドセットおよびVRカメラ新製品発表会」を開催し、Googleが開発するVRプラットフォーム「Daydream」に対応したススタンドアロン型VRヘッドセット「Mirage Solo with Daydream」(以下、Mirage Solo)およびVR180や4Kに対応した2眼カメラ「Mirage Camera with Daydream」(以下、Mirage Camera)を2018年5月11日(金)に発売すると発表した。

販売価格はMirage Soloが税別51,200円(税込55,296円)、Mirage Cameraが税別35,800円(税込38,664円)。レノボ・ジャパンの公式Webストア「レノボ・ショッピング」および家電量販店などで予約販売を受付中だ。

Mirage Soloはスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)を必要としないスタンドアローン型で、装着するだけですぐにVR体験が楽しめると言うもの。内蔵センサーカメラで周囲を認識するGoogleのインサイドアウト式モーショントラッキング技術「World Sense」を採用し、前後左右移動やしゃがむ、ジャンプするなどの利用者の動きとなる6DoF(6Degrees of Freedom)を認識する。

一方のMirage CameraはGoogleのVR動画向けフォーマット「VR180」に対応し、2つのカメラで3Dの静止画および動画撮影を可能としている。最大解像度4K動画の撮影に対応し、YouTubeやMirage Soloなどで180度の3D VR映像を楽しむことができる。今回はこのレノボ・ジャパンのVR製品の取り組みや製品の使用感などを紹介していく。

続きを読む

アップル初のスマートスピーカー「HomePod(型番:A1639)」が日本で発売へ!総務省のWebサイトで技適取得が判明


アップルのスマートスピーカー「HomePod」が技適を取得!日本でも発売か

Apple初のスマートスピーカー「HomePod」が日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)を取得していることが総務省が公開した「技術基準適合証明等の公示」によって明らかになりました。

技適の取得を請け負っているディーエスピーリサーチの2018年2月前半の資料にて「A1639」という製品の電波法に基づく技術基準適合証明における工事設計認証をAppleが2018年2月6日に取得していることが示されています(認証番号「003-170114」)。

これにより、技適を取得した製品が必ずしも日本で正式に発売されるというわけではありませんが、大抵の場合にはわざわざ技適取得の費用をかけていることもあり、日本で発売される可能性が高くなったと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。