S-MAX

地震

秋吉 健のArcaic Singularity:災害発生!その時通信会社は……。大阪北部地震に学ぶ通信会社の災害対策やユーザーが行うべき行動について考える【コラム】


大阪北部地震における通信会社各社の対応状況などを検証してみた!

日曜日の余韻を引きずりつつ人々が重い足取りで職場や学校へ向かっていた6月18日月曜日の午前7時58分頃、それは起こりました。大阪府北部を震源とした地震(以下、大阪北部地震)は最大震度6弱を記録し、4日経ったこの記事を執筆している22日現在もまだ混乱は続いています。

数人の犠牲者も出たため、大きな被害もなく……とは言い切れないのがとてもつらいところではありますが、都市部での災害としてはライフラインの寸断も復旧が早く(未だガスなどは一部で復旧していませんが)比較的被害が軽度であったことは不幸中の幸いと言えます。万全ではなかったとは言え、阪神淡路大震災や東日本大震災に学んだ経験が生きた結果かもしれません。

このような都市型自然災害で最も恐ろしいのは交通網の麻痺と前述のようなライフラインの寸断です。ビルや家屋の倒壊を免れたとしても交通機関が麻痺し通信手段さえも途絶してしまった場合、人ができる行動は著しく制限されます。「情報がない」というだけで人々がどれだけの混乱や不安に陥るのかは東日本大震災を経験した人々であれば痛感していることでしょう。

今回の大阪北部地震あたり、通信各社はどのように動き通信インフラの維持と混乱の抑制に努めたのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は大阪北部地震への対応を中心に巨大自然災害への通信各社の対策やこれからの災害対策についてご紹介します。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、MVNOによる携帯電話サービス「UQ mobile」にて熊本地震の支援措置で月2GB(合計4GB)を追加!auでも10GB追加に加えて通信速度制限を撤廃


UQ mobileが熊本地震で月2GB(合計4GB)を追加!auも通信速度制限に

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は22日、同社がauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災した地域の契約者を対象に2016年4月末までと2016年5月末までにそれぞれ2GB(合計4GB)の追加データ容量を無償で提供するとお知らせしています。

MVNOでは、IIJmioやBIG SIM、イオンモバイル、DMM mobile、mineo、OCN モバイル ONEなどに続いての支援措置となります。

また、KDDIでは22日、すでにau向けに10GBの追加データ容量を無償提供していますが、NTTドコモやSoftBank、Y!mobileと同様に2016年4月30日までは契約プランのデータ容量を超過した場合でも通常速度でデータ通信を利用できるように通信速度制限の解除を順次実施すると発表しています。

続きを読む

NTTコミュニケーションズ、MVNOによる携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」にて熊本地震の支援措置で5GBを追加!各MNOにおける携帯電話サービスの障害情報もまとめ


OCNモバイルONEでも熊本地震で5GB追加!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は21日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」において熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災した地域の契約者を対象に2016年5月31日(火)まで利用できる5GBの追加データ容量を無償で提供するとお知らせしています。

対象はプリペイドを除く全コースで、申込は不要で対象利用者には自動適用され、2016年4月21日(木)より順次追加作業が実施されます。

熊本地震では、NTTドコモやSoftBank、Y!mobileがデータ容量を無制限(通信速度制限廃止)したほか、auでは10GB追加、IIJmioやBIG SIM、DMM mobile、イオンモバイル、mineoなどのMVNOでは2GB追加が実施されています。

続きを読む

熊本地震でSoftBankに続いてNTTドコモやY!mobileでも被災地の通信速度制限を4月30日まで撤廃!auでは月間データ通信量10GBプレゼント――各社の障害・復旧状況もまとめ


SoftBankに続いてdocomoやY!mobileでも熊本地震の被災地で通信速度制限が撤廃!auは10GBプレゼント

NTTドコモは18日、熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災した同社の携帯電話を利用している人を対象に2016年4月30日(土)まで月間で所定のデータ量を超えた場合でも追加データ量を購入せずに通常速度でデータ通信を利用できるようにしたとお知らせしています。

なお、現在、通信速度が低速化している場合についても準備ができ次第、速度制限を解除するとしています。対象はプリペイド式携帯電話を除くすべての機種および料金プランで、災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する場合。

また、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、同じく4月17日に同様の施策をSoftBank向けに実施することを発表していましたが、Y!mobile向けにも提供すると発表しています。なお、Y!mobileで快適モードを提供していない機種については、追加データ量を都度申込(無償)する必要があるとのこと。

さらに、KDDIは18日、NTTドコモやソフトバンクとは異なり、au向けに高速通信を利用できる月間データ量を10GB追加すると発表しています。また、災害救助法が適用された地域において4月14日以降にデータチャージを利用している場合にはその利用料金は発生しないということです。

続きを読む

ソフトバンク、熊本地震で被災地のSoftBank携帯電話における通信速度制限を4月30日まで撤廃!基地局復旧に加え、気球による無線中継システムを災害に初導入


ソフトバンクの熊本地震での災害支援措置をまとめ!

ソフトバンクは17日、熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災したSoftBankの携帯電話を利用している人を対象に2016年4月30日(土)まで月間で所定のデータ量を超えた場合でも追加データ量を購入せずに通常速度でデータ通信を利用できるようにしたとお知らせしています。

なお、現在、通信速度が低速化している場合についても準備ができ次第、速度制限を解除するとしています。対象はプリペイド式携帯電話を除くすべての機種および料金プランで、災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する場合。

また、同社では地震に伴う停電および伝送路支障による基地局などのネットワーク設備への影響で熊本・大分の一部地域で携帯電話サービスが利用しづらい状況となってることを鑑み、被災地において初めて「係留気球無線中継システム」による臨時基地局を設置するなどの対策を行っています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。