S-MAX

契約者数

NTTドコモ、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の契約数が1000万件を突破!iPhone 6や冬春モデルなどでさらに加速へ


NTTドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」が1000万契約突破!

NTTドコモは15日、今年6月から提供している新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プラン(「カケホーダイプラン」および「データプラン」、「デバイスプラス」)の契約数が2014年10月14日(火)に1000万件を突破したと発表しています。

今年9月に900万件を突破し、9月30日に行われた「2014-2015年冬春モデル新商品・新サービス発表会」では直前に923万件に達していたことが明らかにされていましたが、その後およそ2週間で1000万を突破しています。

続きを読む

NTTドコモ、スマホ向けサービス「おすすめパック」と「あんしんパック」の合計契約数が1000万を突破と発表


NTTドコモの「おすすめパック」と「あんしんパック」が1000万突破!

NTTドコモは24日、スマートフォン(スマホ)を安心・安全に利用するためのサービスをパッケージした「おすすめパック」と「あんしんパック」の合計契約数が2014年9月20日(土)に1000万件を突破したと発表しています。

おすすめパックとあんしんパックは昨夏モデルとともに2013年5月16日(木)に提供開始し、約1年4か月での1000万件突破となりました。

続きを読む

TCA、携帯電話各社の契約数公表を四半期ごとに!NTTドコモおよびau、ソフトバンクが決算発表に合わせて情報公開へ


携帯電話各社の契約数公表が四半期ごとに!

電気通信事業者協会(TCA)は7日、これまで月ごとに公表してきた携帯電話事業者別契約数について、今後は四半期単位に変更することにしたと発表しています。

携帯電話サービス市場の急速な成長を受け、1996年より携帯電話等の月次の事業者別契約数を公表することで市場規模の現状を速やかに伝えるという役割を担ってきたということですが、携帯電話など国民のひとり1人が持つようになり、市場が成長期から成熟期に移行したことで、一定の役割を終えたと考えたとしています。

しかしながら、携帯電話サービス市場におけるひとつの指標として、引き続き契約数を公表することは意義があると判断し、2014年4月以降については、四半期ごとに各社が公表する契約数をとりまとめ、公表を行っていくということです。

続きを読む

適切なキャッシュバックによる過度な競争が原因!?携帯電話大手3社が毎月の契約数発表中止を検討――総務省は「四半期ごとの情報開示は各社に要請」


ケータイ各社が毎月の契約者数発表中止を検討!?画像は毎月公開されているTCAの各社契約数ページ

産経新聞は1日、NTTドコモおよびau(KDDIおよび沖縄セルラー)、ソフトバンクモバイルの携帯電話大手3社が毎月発表している契約者数について取りやめ、四半期ごとの発表に変更する方向で検討していることがわかったと報道しています。

記事では「週内にも3社で協議し、4月分から四半期ごとに改める見通しだ。」としており、総務省総合通信基盤局では「四半期ごとの情報開示は各社に要請しているが、毎月の開示は自主的な判断」としており、容認する姿勢だということです。

続きを読む

KDDI、au携帯電話の契約者数が2月24日に4000万を突破と発表


auの契約者数が4000万を突破!

KDDIおよび沖縄セルラーは6日、同社がauとして展開する携帯電話事業の契約者数が、2014年2月24日に累計で4000万を超えたと発表した。

電気通信事業者協会(TCA)が2月に発表した「2014年01月末現在 事業者別契約数」では、KDDIおよび沖縄セルラーの累計契約者数が3961万6900だった。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。