S-MAX

子会社

富士通、携帯電話とパソコンを2016年2月にそれぞれ分社化!社名は富士通コネクテッドテクノロジーズと富士通クライアントコンピューティングに


富士通がPCと携帯電話を分社化!

富士通は24日、取締役会を開催し、2016年2月1日を効力発生日としてノートパソコンやデスクトップパソコンといったパソコン(PC)事業および携帯端末事業を会社分割によって新たに新設する完全子会社に承継することを決議したと発表しています。

分割される新会社はPC事業が富士通クライアントコンピューティング(資本金4億円)、携帯端末事業が富士通コネクテッドテクノロジーズ(資本金4億円)となり、代表取締役社長はそれぞれ齋藤邦彰氏および高田克美氏が就任します。

続きを読む

富士通、パソコンと携帯電話の事業を分社化!それぞれ100%子会社として経営判断の迅速化と徹底した効率化の追求――arrowsスマホは生き残れるか!?


富士通がPCと携帯電話を分社化!

富士通は29日、パソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)などの事業について競争に勝ち抜く製品開発やビジネス展開を目的に事業体質の強化を図るとし、パソコンならびに携帯電話の各事業について経営判断の迅速化と徹底した効率化の追求による事業体質の強化に向け、それぞれ100%子会社の新会社を設立すると発表しています。

これにより、これまで以上に競争力のある新商品をタイムリーに市場に提供していくほか、グループ内に分散しているIoT(Internet of Things)に関連する技術や企画・開発・製造・営業体制についても全社IoT部門に集約することで中核事業として強化していくとしています

続きを読む

ソニーモバイルコミュニケーションズ、本社機能を東京に移管!国内向け事業を担う「ソニーモバイルコミュニケーションズジャパン」を新設

fb637523.png

ソニーモバイルコミュニケーションズジャパンを新設

ソニーモバイルコミュニケーションズは7日、グローバル本社機能をルンド(スウェーデン)から東京へ移管したことを発表した。あわせて、国内キャリア(通信事業者)向けの事業を担う法人として「ソニーモバイルコミュニケーションズジャパン株式会社」を新設したことも発表している。

ソニーモバイルコミュニケーションズが100%出資して新設されたソニーモバイルコミュニケーションズジャパンは、日本国内のキャリアとの関係をさらに強化し、日本市場におけるビジネスの成長をめざしていくという。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。