S-MAX

安全

MCPCや携帯電話各社、スマホなどの充電時の事故防止を啓発するロゴとキャッチフレーズ「キケン!水ぬれ充電」を新設


ゼロから始めるスマートフォン

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(以下、MCPC)およびNTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイルの5社は27日、モバイル機器における充電時の事故防止の啓発を図るため、安全充電啓発ロゴ・キャッチフレーズを新設したと発表しています。

スマートフォン(スマホ)などの発熱などに関するトラブルはスマホなどの普及とともに急増しており、充電中に充電端子が焼損した事例も複数件発生しています。

今回、こうしたトラブルからユーザーの安全・安心を守るための活動の一環として、今回、安全充電啓発ロゴおよびキャッチフレーズが新設されました。

キャッチフレーズは「キケン!水ぬれ充電」。ロゴは水に浸されたスマホなどを充電しようとする様が表現されています。このロゴとキャッチフレーズは、携帯各社のカタログやポスター、取扱説明書などに順次掲載されます。

続きを読む

ソフトバンク、Android向け歩きスマホ防止アプリ「STOP歩きスマホ」を提供開始!無料で利用可能


ソフトバンクが「STOP歩きスマホ」アプリを提供開始!

ソフトバンクモバイルは23日、スマートフォンの画面を見つめながらの歩行する「歩きスマホ」による事故防止とマナー向上の取り組みとして、Android向け歩きスマホ防止アプリ「STOP歩きスマホ」を提供開始したとお知らせしています。

利用料無料で、すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてダウンロード・インストールできるようになっています。

歩きスマホに対する取り組みはNTTドコモが最も積極的で、すでに「あんしんモード」に「歩きスマホ防止機能」としてAndroid向けアプリを提供していますが、今回、ソフトバンクからもほぼ同じようなアプリが提供開始されました。

続きを読む

スマートフォンでのネット依存症を予防するモニタリングアプリ「スマモリ」が登場!iPhoneとAndroidに対応


ゼロから始めるスマートフォン

ワイエスシーインターナショナルは12日、スマートフォン(スマホ)向けモニタリングサービス「スマモリ」を発表し、iOSおよびAndroid版アプリの配信を開始しています。利用料金はライセンス制で、1台につき1ライセンスが必要です。料金は1ライセンスにつき月額390円。

アプリは「保護者用」と「子ども用」の2種類があり、それぞれのスマートフォンにインストールして使います。保護者と子どものスマートフォンがiPhoneとAndroidで異なっていても使用できます。ただし、Android版子ども用アプリとiOS版子ども用アプリは一部機能が異なるため、利用前に機能を確認してほしいとしています。

続きを読む

NTTドコモ、ケータイ安全教室の受講人数が500万を突破と発表!内容もスマホ普及などに合わせ拡充中

a29e8041.jpg

ケータイ安全教室が500万人を突破!

NTTドコモは9日、携帯電話の利用時に起こる可能性のある危険やトラブルから子どもたちを守るために実施している「ケータイ安全教室」の受講人数が2013年3月末に500万人を突破したと発表しています。

ケータイ安全教室は、2004年から実施を開始し、約9年間で約3万4500回の教室開催をしてきたとのこと。直近では、スマートフォンの普及に合わせて2012年度から使用教材をスマートフォン向けの内容も拡充していおり、今後も、携帯電話の安心・安全に利用してもらうために率先して開催していくということです。

続きを読む

放射線量や風向き等のデータが一目で分かる「SafeAreaChecker」【Androidアプリ】

d74f131f.jpg

放射線量や風の情報を地図上でまとめて視覚化

東京電力福島第一原発の事故は依然深刻な状態が続いており、予断を許さない状況です。

そんな中福島県や、周辺地域の方々は放射線量や風向きなどの情報を日々注視されていることと思います。今回紹介する「SafeAreaChecker」は、現在地から福島第一原発までの距離や、各地の放射線量、風向き・風速等のデータを地図上でまとめて視覚化できるアプリです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。