S-MAX

実質0円

iPhone、本体代13万円越え最新モデルを買うか?実質0円のiPhone 8を買うか?価格に加え、ホームボタンやTouch ID、サイズ難民はどれを選ぶのか


shimajiro@mobiler

今年の“iPhone祭り”は盛り上がりに欠ける……そう感じている人もいるようで、その原因はやはり新機種「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の最安モデルでも本体価格が約13万円(iPhone XS Maxは約14万円)と従来のiPhoneと比べても割高な価格設定な上に、長らくiPhone・iPadに採用されていたホームボタンが廃止され、操作方法もこれまでのホームボタンを軸にしたモデルとは異なっているため、最新モデルの購入に戸惑っている方も少なくないことがあるように思う。

もちろん、この2つの話は「iPhone X」でもそうだったわけだが、昨年は従来の流れを受けた「iPhone 8」シリーズが発売されていたのは大きいように思う。そんな中、NTTドコモは2017年モデルのiPhone 8を9月に入ってから月々サポートによる割引額を増額するなどして値下げしている。

これにより、NTTドコモでは契約変更および他社から乗り換え(MNP)では本体価格が64GBモデルで一括約10,000円に、256GBモデルは一括約28,000円、新規契約および機種変更では64GBモデルが実質約19,000円、256GBモデルも実質約38,000円とお手頃な価格になっている。

さらに、ヨドバシカメラなどの家電量販店では、iPhone 8の64GBモデルを対象に店舗独自の割引を適用することで機種変更でも実質0円で購入できるキャンペーンを開催している。なお、トップの写真は写真はヨドバシカメラ マルチメディアAkibaにおけるiPhone 8の64GBを2台購入で実質0円のポップで、1台購入なら実質約5,000円となっていた。

続きを読む

NTTドコモの最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9 SC-02K」が一部量販店で実質0円!8月末まで店舗特別割引で5万6375円OFFに。特別な条件はなし


shimajiro@mobiler

NTTドコモの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9 SC-02K」(サムスン電子)が一部量販店にて機種変更で本体価格を特別割引56,500円OFFとして実質0円で販売している。期間は当初は8月17日までだったが、確認した東京都内のヨドバシカメラでは8月末までに延長されていた。

Galaxy S9 SC-02Kは今年5月18日に発売されたハイエンドモデル「Galaxy S9」のNTTドコモ版で、好評だった昨年の「Galaxy S8」を踏襲しつつ、各種スペックアップに加えてリアカメラがF1.5とF2.4の絞り切り替えに対応するなど、よりカメラ機能が強化されている。

そんなGalaxy S9 SC-02Kだが、昨年のGalaxy S8 SC-02Jも比較的早くから安売りされており、同様にハイエンドモデルながら夏が終わらない段階で実質0円まで割り引かれており、このタイミングで機種変更をする人にはオススメできる機種となっている。

続きを読む

総務省がiPhoneなどのスマホの「実質0円」による販売禁止の取締強化と報道!週末限定なども禁止の方針へ


shimajiro@mobiler

日本放送協会(以下、NHK)は7日、総務省が2016年4月に定めた「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下、ガイドライン)によって禁止されているスマートフォン(スマホ)の実質0円販売について"抜け穴"となっている「週末限定」などでの実質0円販売を禁止する方針であると報道している。

また、SIMロック解除を非対応とする期間についても基本的に「購入から6カ月以内は解除不可」となっている各社のSIMロック解除非対応期間を短縮する方針だという。

なお、SIMロック解除非対応期間についてはすでにソフトバンクがSIMロック解除非対応期間を現在の6カ月から4カ月に短縮する方針であることが明らかにされている。

続きを読む

総務省、NTTドコモとau、SoftBankにスマホの「実質0円」での販売に行政指導!iPhone 7などで使える郵送やメールで送付したクーポンが指針に反する事例に


総務省がドコモやau、SoftBankにiPhone 7の実質0円で厳重注意!

総務省は7日、NTTドコモおよびKDDIソフトバンクの大手携帯電話会社3社に対して今年3月に策定した「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下、ガイドライン)に沿って端末購入補助の適正化を図るよう総務大臣名で厳重注意を行ったとお知らせしています。

また、これら3社に対しては電気通信事業法の規定に基づき、再発防止策などについて報告することを求め、沖縄セルラー電話に対しても総合通信基盤局長名で注意を行い、再発防止策等について報告することを求めています。

続きを読む

NTTドコモが新スマホ「iPhone 7」の32GBモデルを下取りや複数台購入なら「実質0円」で販売!ただし新色ジェットブラックなどは在庫なしが続く


shimajiro@mobiler

NTTドコモが発売されたばかりのAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」を「下取りプログラム」などのキャンペーン適用によって下位の32GBモデルをいわゆる「実質0円」で販売している。

iPhone 7の32GBモデルは本体価格が82,296円、月々サポートが55,728円となっているため、通常は実質価格が26,568円となる(すべて税込)。これに加えて、下取りプログラムや家族まとめて割など、追加のキャンペーンなどの割引を適用することで「実質0円」が実現されてされているわけだ。

つまり、iPhone 7へ機種変更や他社から乗り換え(MNP)をしただけではいわゆる「実質0円」での購入はできないが、上記の写真のようにNTTドコモの携帯電話取扱店ではiPhone 7の32GBモデルが実質0円より購入できることをアピールされていた。

昨年に総務省が取りまとめたガイドラインでは特に新機種について「実質0円」を廃止するように求めているため、これが下取りも含めてなのかなどなど、どこまで適用されるのか難しいところとなっている。なお、新色となるジェットブラックおよびブラックは基本的に各店ともに在庫が少ない状況だ。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。