S-MAX

富士山

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社が富士山山頂などを山開き期間中にLTEエリア化に!今年は各社ともに下り最大100Mbps以上に高速化


富士山頂のLTEエリア化を実施!画像はGoogle Earthで見た富士山

今年も富士山の山開きが2014年7月1日(火)に開始された。これにより、昨年に引き続き、携帯電話大手3社が御来光写真の送信やSNSの利用など、スマートフォンや携帯電話の利用が多く見込まれる富士山の開山時期に合わせ、富士山頂における通信エリアの拡充を行う。

まず、NTTドコモは富士山頂および山小屋において7月10日(木)から9月上旬まで下り最大75MbpsのLTE(Xi)エリア化を行う。ただし、登山口や登山道は順次下り最大150Mbpsに高速化する予定だとのことだ。

また、KDDIは富士山頂のLTE(au 4G LTE)エリア化を行い、対策期間は7月4日(金)から9月上旬までで、7月中旬からは受信最大150Mbpsの高速通信を山頂で利用できる予定。

今年は、山小屋や休憩所などの建物内についても、オーナーの協力のもと、中継装置を設置して、エリア品質の拡充を行うとのこと。なお、登山口・登山道については、1年を通じて4G LTE通信の利用が可能。

さらに、ソフトバンクモバイルも富士山頂および山小屋において7月10日(木)から8月下旬まで下り最大112.5MbpsのLTE(SoftBank 4G LTE)エリア化を行う。ただし、利用開始日および終了日は前後する場合があると案内している。

続きを読む

山梨県とNTT東日本、公衆無線LANサービスで富士山ガイドブックなど外国人向け観光情報を配信


富士山ガイドブックなど外国人向け観光情報を配信中!

山梨県とNTT東日本は、外国人観光客のさらなる利便性向上を目的に「やまなしFree Wi-Fiプロジェクト」の一環として、公衆無線LANサービス「光ステーション」のコンテンツ配信機能などを活用し、外国人観光客にニーズの高い情報を一元的に配信する「Tourist Information」の運営を2013年7月29日(月)から開始しています。

富士山北麗の山梨県内約250カ所の光ステーションから配信を開始し、今後コンテンツの充実などに併せて配信エリアを拡大する予定とのことです。

続きを読む

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社が富士山山頂をLTEエリア化に!山開き期間中の8月下旬までの期間限定


ドコモとau、SBMのLTEが富士山頂付近で利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話3社は11日、富士山山頂付近における高速データ通信規格LTEによるデータ通信サービスを提供開始したことをお知らせしています。

富士山の山開きの期間中となる7月から8月下旬まで3Gに加え、4G(LTE)によるデータ通信も提供しているということです。

続きを読む

NTTドコモ、docomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」の繋がりやすさ・高速化を徹底強化!富士山も今夏にXiエリア化&150Mbps対応機種はサービス開始段階で複数投入へ


NTTドコモ夏モデル発表会でXiネットワークについても説明!

NTTドコモは15日、都内にて「2013年夏モデル新商品・新サービス発表会」を行い、新商品および新サービスと並んで、LTE規格による高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」のネットワークについてもあらためて説明した。

その中で、これまで説明してきた通り、基地局設置を1年前倒しする計画であることや年度内に国内最速となる下り最大150Mbpsに対応するほか、下り最大112.5Mbpsや下り最大150Mbpsに対応した機種の今後の大まかなスケジュール、そして、今夏に世界遺産となった富士山についてもXiのエリア化することを明らかにした。

続きを読む

いつでもどこでも四季折々の富士山を観よう!「富士山ライブカメラ」【Androidアプリ】


今の富士山はどんな様子?

誰もが知ってる静岡県と山梨県に跨り、標高3776mを誇る日本最高峰の「富士山」ですが、四季や天候でさまざまな姿をみせてくれます。

なかなか富士山を観ることができない方も多いと思いますが、今回紹介するアプリ「富士山ライブカメラ」を使えば毎日富士山を観ることができます!

早起きをして日の出を観たり、夕日の中で高く聳える富士山を観ることもできます。いつでもどこでも手軽に日本最高峰の富士山を観てみませんか?

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。