S-MAX

富士通クライアントコンピューティング

小学生向けじぶんパソコン「LIFEBOOK LH55/C2」を写真と動画で紹介!富士通クライアントコンピューティングが発売【レポート】

富士通が小学生向けのじぶんパソコンを発売

富士通クライアントコンピューティングは6月12日、都内にて「2018年夏富士通店頭パソコン新商品発表会」を開催し、小学生向けじぶんパソコン「LIFEBOOK LHシリーズ」を7月26日発売することを発表した。

2in1のコンバーチブルモデル「LH55/C2」はオープンプライスながら富士通の直販サイト「富士通WEB MART」において113,184円、クラムシェルタイプの「LH35/C2」は91,584円(※金額は税込)である。

また、狭額縁・オンキヨー製のハイレゾスピーカー、打ちやすさを改善したキーボードを搭載した最新「AH」シリーズ、美しいデザインのAIOモデルの「FH」シリーズなど3シリーズ、9機種を展開する。

代表取締役社長の齋藤邦彰氏は、LHシリーズは「小学生のお子様のことを考え抜いて開発したモデル」として紹介。小学校でも、2020年からプログラミング教育が必修化されることを受け、「いままではコンピューターに興味がある子だけが身につけていればいい知識でしたが、これからは誰もが持っていなければならない知識になります」と話し、新しい需要に対して富士通らしいものづくりでこたえていくとしている。

今回は、2in1コンバーチブルタイプのLH55/C2を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

エッジコンピューティングの先行プロジェクトを公開!レノボと提携した新生「富士通クライアントコンピューティング」が事業開始説明会を開催【レポート】


富士通ブランドのパソコン事業の今後は!?FCCLが事業戦略説明会を実施

富士通クライアントコンピューティング(以下、FCCL)が都内にて「『富士通クライアントコンピューティング』事業開始についての説明会」を5月16日に開催し、5月2日よりレノボとの合弁会社なった同社の今後の事業戦略を発表した。

登壇した同社 代表取締役社長の齋藤邦彰氏は、1981年発売の「FM8」、「FM TOWNS
」など懐かしい製品群を振り返る。そして1993年発売の「FM-V」は、今日に至るまで続いており「すべてのお客様に対して満足いただけるものを企画・開発・製造して販売することは今後も変わりません」と語った。

今回のFCCLのキーワードは「人に寄り添っていく」ことだと説明。本記事ではそんな今後のFCCLについての事業戦略について齋藤氏によるプレゼンテーションを中心に写真と動画で紹介していく。

続きを読む

富士通、携帯電話とパソコンを2016年2月にそれぞれ分社化!社名は富士通コネクテッドテクノロジーズと富士通クライアントコンピューティングに


富士通がPCと携帯電話を分社化!

富士通は24日、取締役会を開催し、2016年2月1日を効力発生日としてノートパソコンやデスクトップパソコンといったパソコン(PC)事業および携帯端末事業を会社分割によって新たに新設する完全子会社に承継することを決議したと発表しています。

分割される新会社はPC事業が富士通クライアントコンピューティング(資本金4億円)、携帯端末事業が富士通コネクテッドテクノロジーズ(資本金4億円)となり、代表取締役社長はそれぞれ齋藤邦彰氏および高田克美氏が就任します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。