S-MAX

年末企画

【年末企画】映像が変わるよ!?縦長ディスプレイが与えるデザインとコンテンツと操作性――進むAI化でスマホもさらに進化(編集長・memn0ck編)


2017年も今日で終わり!年末企画・memn0ck編書いたよー。

今年も1時間のみと本当に残りわずかになりました。ここ数年は特に師走どころか年末年始もあまり感じず、季節感なく新年を迎えそうです。さて、そんな時期にサクッと紹介するこの「年末企画」。

例年に続いて今年も他のライターさんたちに続いて今年の振り返りをしたいと思います。筆者のスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイルガジェットの購入数は昨年とほぼ同じ13台で、ここ数年は「1ヶ月に1台」というおおよそのペース通りとなっていますが、他の方と同様に1台当たりの単価は上がってトータルの出費は上がっていそう。

特にSnapdragon 835の出来が良かったのかAndroidのハイエンドは完成度が高い機種が多く4台も購入し、さらにiPhoneもiPhone 8シリーズとiPhone Xが同時発表されたので両方買うといったことでハイエンドスマホの購入が多くなってしまいました。年末に「HUAWEI Mate 10 Pro」も欲しかったものの、これ以上は……。

昨年と比べると、デュアルカメラや各種オートフォーカス、センシング技術、2.5Dラウンドディスプレイなどに加え、新たに縦長ディスプレイによる“ほぼ全画面デザイン”やAI(人工知能)系が追加されスマホ自体の次世代要素がさらに増えたように思えました。というわけで、その辺りも含めいろいろと書いていきたいと思います。

続きを読む

【年末企画】2017年は「HUAWEI P10」とコルグ「Gadget」、トゥルーワイヤレスイヤホンERATOの「VERSE」にハマった!よく使ったものを振り返る(フリーライター・mi2_303編)


今年も数々の取材に行きました!2017年の気に入った3点を紹介

今年1年を振り返る「年末企画」。2017年も多くの取材に行き、この企画も年末ギリギリに……昨年は書いていないようなので良しとたい。さて、今年はスマートフォン(スマホ)ではサムスン電子の「Galaxy S8・S8+」や「Galaxy Note8」、アップルの「iPhone 8・8 Plus」や「iPhone X」など、ハイエンドモデルの印象が強かったように思う。

特にiPhone Xに関しては賛否両論があり、良くも悪くも注目を集めているのは確かだ。懸念されたホームボタンの廃止も、実際使ってみると新しい体験ができるようになっており、まとめ方がうまいと感じた。一方で、デザインや機能などは魅力的なのだが価格だけは……というわけで、筆者は無難にiPhone 8と、発表会でひと目惚れしたGalaxy S8を購入している。

そして今、メインに使っているスマホはPhone 8でもなくGalaxy S8でもない。夏に購入いたファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P10」(以下、P10)である。今回はP10を含めて、今年よく使ったものを3つ紹介していく。

続きを読む

【年末企画】新スタンダードスマホ「AQUOS sense」がヒット!シャープ復活の1年~日本メーカーがスマホ時代のニーズにようやく応えた(スポーツライター・小林健志編)


ハイエンドからスタンダードまで魅力ある商品揃えたシャープが大躍進!

この1年は購入したスマートフォン(スマホ)はなく、今夏発売された1万3千円で買えるHuawei Technologies(ファーウェイ)製の激安Wi-Fiタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を購入しただけとなりました。MediaPad T3 7は主にメディアビューアとして利用しています。今年から高速Wi-Fiが整備されたユアテックスタジアム仙台にてDAZNで放送されているJリーグ中継映像を記者席でMediaPad T3 7を使って確認しながら、パソコンで原稿執筆ができるようになりました。安価ですが、DAZNをはじめ動画配信アプリは問題なく動きますので、重宝しています。

以前と比べると、総務省の指導もあって、ハイスペックなスマホやタブレットを安価に購入することは難しくなりました。そんな事情もあり、昨年から続く流れを加速させ、今年は必要十分の機能を備えたローエンド、ミドルエンドのスマホがさらに元気な1年になったと思います。

特にただ安いだけではなく、安定して使える商品が増え、月額1,500円(税別)の割引が永続的に受けられるNTTドコモの「docomo with」や、価格と通信料を完全分離し、利用するデータ料が少なければコストを安く抑えられるauのピタットプラン・フラットプランなど、キャリア側のMVNO対抗策が進んだことも相まって、高コスパを求める消費者のニーズに応えた商品がたくさん出ました。

中でも今年前半はNTTドコモのdocomo withに対応したサムスン電子製の「Galaxy Feel SC-04J」がバランスの取れた高コスパスマホとして人気を博し、ワイモバイルの「Android One」シリーズも一定の支持を得ましたが、今年後半大きな流れがありました。スマホ時代に入ってからこれまで試行錯誤を続けてきた国内メーカーシャープの逆襲・復活が始まったと強く感じました。

続きを読む

【年末企画】年明け早々に割った2017年!?例年より高額製品をたくさん購入した中で満足した&面白かったガジェットを紹介(文系学生ライター・hiroaki編)


ライターをはじめた今年も残すところあとわずか!hiroakiの2017年ガジェットライフを総括

今年も残すところ1週間、2017年は筆者が成人になり、いろいろな経験ができた1年でした。当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でライターをはじめたのもその1つでした。

また今年は15台のスマートフォン(スマホ)を購入しましたが、例年よりも価格の高い機種が多くなってしまいました。

その他にもスマホ以外にさまざまなガジェットを購入しましたので、年末企画に合わせて初めて経験したことや面白いと感じた製品について紹介していきたいと思います。

続きを読む

【年末企画】今年のベストバイに推すガジェットはカメラ!圧倒的な撮影性能を宿したソニーの「サイバーショット DSC-RX10M4」を徹底解説(フリーランスライター・秋吉編)


筆者が選ぶマイベスト・オブ・ザ・ガジェット2017はこれだ!

みなさんこんにちは。今年物凄く中途半端なタイミングで唐突に執筆者名をこれまでのハンドルネーム「あるかでぃあ」から本名に切り替えた秋吉です。本名にした最大の理由は「なんとなく」なんですが。

そんな「なんとなく」毎日を生きている筆者ですが、振り返れば今年はあまりモバイル機器を購入することもなく、そんなんでモバイル系ライター名乗れんの?とダメ出しされそうな1年でした。

正直購入したものといえばスマートフォン(スマホ)では「iPhone 8」くらいしか思い出せません。あ、スマートスピーカー「Google Home Mini」も買いましたが、まだ箱も開けてません。やる気なしライターで本当にすみません。

そんな筆者ですが、今年は最後の最後に10年分くらい感動するモバイル機器を1つ購入しておりました(昨年もAirPodsの記事で10年来の衝撃だったとか書いたような気もしますが気にしないでください)。それがソニーのデジタルスチルカメラ「サイバーショット DSC-RX10M4」(以下、RX10M4)です。

本媒体でもいつレビューを書こうかとネタだけ温めていたのですが、今年のマイベスト・オブ・ザ・ガジェットとして紹介するのが適しているだろうと考えた次第です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。