S-MAX

年頭所感

スマホやタブレット、SIMフリーなど……携帯電話市場の2017年はどうなる?NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、UQ、ファーウェイの年頭所感をチェック


2017年はどうなる!?大手携帯電話会社などの年頭所感を紹介

昨年「2016年」は「年末企画」にて各ライターが書いていたように総務省によるタスクフォースによって大手携帯電話会社(以下、キャリア)の販売奨励金がより少なくなり、低価格帯モデル以外の一括0円や実質0円がほぼ姿を消し、SIMフリー市場がさらに拡大しました。

一方で、SIMフリーも格安SIMなどを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)の"キャリア化"も見られたり、デュアルカメラなどを搭載したより高い性能を備えた価格がより高い製品も人気となり、格安SIMや格安スマホ以外の様相も見られるようになってきました。

また3大キャリアは「Galaxy Note 7」の爆発問題も影響し、従来よりもラインナップが減少してきている印象も否めず、それに対して「iPhone 7」シリーズが念願の防水やFeliCaに対応したことでより比重が増し、シェア・人気ともに高くなってきています。

そういった流れを払拭して欲しいところではありますが、まずはauが1月11日に「2017年春モデル」の発表会を予定しているため、ここで注目度の高い製品があればいいなと思われます。

そんな「2017年」に各携帯電話事会社がどのような心づもりでサービスを提供していくのか、まずは各社の新年の挨拶、年頭所感をチェックしてみたいと思い、今回は、NTTドコモおよびKDDI(au)、ソフトバンクグループ(SoftBank・Y!mobile)、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)の年頭所感を以下にまとめて紹介します。

※一部整形し直したりしていますが、基本的に原文そのままを掲載しています。これらから各社がどのように事業を進めていくのか……それぞれ妄想しながら2017年のスマホやタブレットに思いを馳せてみてください。

続きを読む

スマホやタブレット、低料金プランなど……携帯電話市場の2016年はどうなる?NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、UQコミュニケーションズの年頭所感をチェック


2016年はどうなる!?大手携帯電話会社の年頭所感を紹介

昨年「2015年」は「年末企画」にて各人が書いていたようにSIMロック解除のガイドラインが変更になったことに合わせてより格安スマホや格安SIMといったジャンルが拡大しました。

また、秋には安倍首相の一声からはじまった総務省でのタスクフォースを経て、大手携帯電話会社に低料金プランの提供や実質0円の段階的な是正などが要請され、同時に格安SIMなどを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)のさらなる拡大を推進するようにガイドラインが公開される予定です。

これらを受けて新年早々にも各社から低料金プランが発表される見込みで、auでは1月12日に「2016年春モデル」の発表会を予定しているため、ここでなんらかの料金プランも発表されるかもしれません。

そんな「2016年」に各携帯電話事会社がどのような心づもりでサービスを提供していくのか、まずは各社の新年の挨拶、年頭所感をチェックしてみたいと思い、今回は、NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクグループ、UQコミュニケーションズの年頭所感を以下にまとめて紹介します。

続きを読む

スマホやタブレット、スマートデバイスなど……携帯電話市場の2015年はどうなる?NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、UQコミュニケーションズの年頭所感をチェック


2015年はどうなる!?大手携帯電話会社の年頭所感を紹介

昨年「2014年」は一昨年にdocomo(NTTドコモ)がApple製「iPhone」を導入し、その後はじめての最大の商戦期である春に本体価格の割引に留まらないキャッシュバック合戦の末、"適切なキャッシュバック"という言葉まで出た後、一気に毎月のTCAによる加入者数公開がなくなるまで冷え込み、その流れでdocomoが先行して新料金プランを導入し、それに各社が追随、その影響で仮想移動体通信事業者(MVNO)による格安SIM格安スマホが伸びるというように価格・料金面で大きく動いた年でした。

また、新料金プランの肝でもあった通話定額サービスを支える技術として「VoLTE」も各社が導入し、端末面では水平展開がより強まり、ついにソフトバンクモバイル(SoftBank)からも「Xperia」シリーズが発売されたほか、ソフトバンクグループでは日米共同調達が「AQUOS CRYSTAL」から開始されました。

その他、年末にはようやくモバイル向け第3のプラットフォームとして注目されている「Firefox OS」を搭載した「Fx0(型番:LGL25)」がau(KDDIおよび沖縄セルラー)から発売されたり、第5世代携帯電話(5G)に向けて3.5GHz帯がdocomoおよびau、SoftBankに割り当てられ、一方、ソフトバンクグループとなっていたイー・アクセスとウィルコムが合併してワイモバイルとなり、ヤフーと協業する「Y!mobile」をスタートさせました。

今年はauに続いて各社がLTE-Advancedの要素技術の「キャリアアグリゲーション(CA)」を導入し、NTTドコモでは春に下り最大225Mbpsサービスを開始するほか、UQコミュニケーションズも春にWiMAX 2+を下り220Mbpsに高速化予定です。

そんな「2015年」に各携帯電話事会社がどのような心づもりでサービスを提供していくのか、まずは各社の新年の挨拶、年頭所感をチェックしてみたいと思い、今回は、NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクグループ、UQコミュニケーションズの年頭所感を以下にまとめて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。