決済サービス「PayPay」が10月5日に1周年記念で1日限定20%還元キャンペーンを実施!

ソフトバンクグループおよびソフトバンク、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)の共同出資会社であるPayPayは2日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「PayPay」において登録ユーザー数が2019年10月1日(火)に1500万人を突破したと発表しています。同社では登録ユーザー数が急激に伸びている理由として10月1日にスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」や同社が実施している「まちかどペイペイ」などを利用してキャッシュレスでよりお得に買い物をしたいという人がに登録した結果だと分析しているとのこと。

また、PayPayが利用できる加盟店は直近では牛丼チェーン「吉野家」の国内1182店舗(サービス開始時点)にて9月10日より、本屋・レンタルショップチェーン「TSUTAYA」および「蔦屋書店」の国内店舗(一部店舗を除く)にて10月1日より提供開始するなどと150万ヶ所を超え、サービス開始からの累計決済回数は1.7億回を上回ったとしています。なお、吉野家およびTSUTAYA、蔦屋書店ではスキャン方式はユーザーが掲示したコードを店舗のレジなどで読み取る「利用者提示型(店舗スキャン方式)」となります。

さらに同社ではサービス開始1周年を記念して2019年10月5日(土)0:00〜23:59に1日限定キャンペーン「PayPay感謝デー」を実施し、すべてのユーザーがPayPayの加盟店(実店舗)にて買い物をすると支払額の20%をPayPayボーナスで還元(上限:1,000円相当/回、5,000円相当/日)し、合わせて10万円相当を上限として50回に1回の確率でPayPay決済での支払額の全額がPayPayボーナスで付与される「感謝デー限定PayPayチャンス」を実施します。

続きを読む