S-MAX

指紋センサー

MWC Shanghai 2017:ディスプレイに指紋センサーを搭載して画面を触ってロック解除できるデモ機をvivoが展示!Qualcommが技術開発【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、中国・上海で2017年6月28日(水)から7月1日(土)まで開催されていた無線通信関連の展示会「2017 GSMA Mobile World Congress Shanghai(MWC Shanghai 2017)」にてスマートフォン(スマホ)のディスプレイ部分に指紋認証センサーを内蔵し、ディスプレイに触れることでスマホのロック解除を行うことができるデモがvivoブースにて展示されていた。

この技術はQualcommが開発し、ディスプレイ部分に搭載する「Qualcomm Fingerprint Sensors for Display」は2017年第4四半期(10〜12月)にメーカーなどに提供を開始する予定だという。そのため、2018年以降に実際に搭載した製品が出てきそうだ。

続きを読む

Qualcomm、ガラスや金属だけでなく、ディスプレイの下にも内蔵できる次世代超音波指紋センサー「Qualcomm Fingerprint Sensors」を発表!画面表示ホームボタンで指紋認証が可能へ


次世代超音波指紋センサー「Qualcomm Fingerprint Sensors」を発表!

Qualcommの子会社であるQualcomm Technologiesは29日(現地時間)、中国・上海で2017年6月28日(水)から7月1日(土)まで開催されていた無線通信関連の展示会「2017 GSMA Mobile World Congress Shanghai(MWC Shanghai 2017)」に合わせてディスプレイや金属ボディーの下に設置できる次世代超音波指紋認証センサー「Qualcomm Fingerprint Sensors」を発表しています。

カラスおよびメタル用「Qualcomm Fingerprint Sensors for Glass and Metal」は2017年6月中にメーカーなどに提供を開始して2018年前半には搭載製品が登場する見込み、ディスプレイ用「Qualcomm Fingerprint Sensors for Display」は2017年第4四半期(10〜12月)にメーカーなどに提供を開始するとしています。

これにより、例えば、for Displayを用いれば画面上に表示させたホームボタンのところで指紋認証ができるようになったりし、MWC Shanghai 2017では「Vivo XPlay 6」にfor Displayを内蔵した試作機を展示していました。なお、Appleの次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」(仮称)が同様の仕組みを採用すると噂されています。

続きを読む

メモアプリ「Evernote for Android」が指紋認証をサポートへ!すでにベータバージョン7.12で利用可能に、正式版は次のアップデートか


Evernote for Androidのベータバージョンで指紋認証をサポートへ!

指紋センサーがスマートフォン(スマホ)に搭載されてからしばらく経ちました。指紋認証などの生体認証は、従来のパスワード認証と違ってより手軽にセキュアな環境を導入できます。

昨今、スマホを狙ったサイバー攻撃が増える中、生体認証への関心は非常に大きくなってきており、指紋認証だけでなく、虹彩認証や顔認証などと対応する認証方式も広がってきています。

そんな中、Evernoteが提供するAndroidなど向けメモアプリ「Evernote for Android」を指紋認証機能に対応するベータ版(Version 7.12)を公開しています。iOhoneなどのiOS向けアプリではすでにTouch IDに対応していただけにようやくといったことろ。

現在、アプリ配信マーケット「Google Playストア」では「Evernote for Android」の最新バージョンはまだ7.11ですが、ベータプログラム「Evernote for Android App Beta Test」に参加すればベータ版の最新バージョンで指紋認証に対応した7.12を利用できます。

続きを読む

ZTEジャパン、新しいSIMフリースマホ「BLADE V7 MAX」を9月22日に発売!5.5インチフルHDや3GB RAM、指紋センサーやDSDS、USB Type-Cなどで3万4800円に


SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」が9月25日に発売!

ZTEジャパンは9日、都内で発表会を開催して新しいSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)を2016年9月22日(木)に発売すると発表しています。

特長は日本でもデュアルSIMが同時待受できる4G(LTE)と3G(W-CDMA)の「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応しているほか、側面に搭載した指紋センサーによって0.3秒で素早く画面ロック解除できるとのこと。

また、約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)などのミドルレンジからミドルハイレンジクラスのスペックをドイツ・ミュンヘンにある開発拠点でデザインされた美しい外観に詰め込んでいます。

価格はオープンながらメーカー希望小売価格が34,800円。すでに本日9月9日12時よりヨドバシカメラおよびビックカメラ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ZOA、ひかりTVショッピング、ムラウチドットコム、イートレンド、NTT-X Store、CaravanYUの取扱店にて先行予約受付を開始したということです。

続きを読む

モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の指紋認証や基本機能を紹介!ロック解除速度をiPhone 6sとも比較【レビュー】


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の指紋認証や基本機能をレビュー!

日本初のデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)対応のスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)がモトローラ・モビリティ・ジャパンから7月22日に発売されました。

内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージ(eMMC)の違いによって2GB RAM・16GB eMMCモデルと3GB RAM・32GB eMMCモデルがあり、それぞれ価格が32,800円および35,800円(ともに税別)。Amazon.co.jpでは3GB RAM・eMMCモデルのみが販売されています。

筆者も予約して購入し、これまでに開封して外観や同梱物を紹介したほか、注目のDSDSについて伝えてきました。レビュー3回目の今回は、指紋センサーによる生体認証や基本機能について画面画像と動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

心機一転したソニーのフラッグシップスマホ「Xperia X Performance」の指紋認証を試してみた!iPhone 6sに迫る速さを動画で紹介【レビュー】


ソニーの新しいフラッグシップスマホ「Xperia X Performance」の指紋センサーをチェック!

ソニーのこれまでのスマートフォン(スマホ)やタブレットのフラッグシップだった「Xperia Z」シリーズから心機一転した「Xperia X」シリーズ。日本ではそんなXperia Xシリーズの最上位スマホ「Xperia X Performance」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)がNTTドコモやau、SoftBankから6月中旬以降に発売されます。

すでに各携帯電話会社向け製品について写真と動画によるレポートをNTTドコモ向けXperia X Performance SO-04Hau向けXperia X Performance SOV33SoftBank向けXperia X Performance 502SOと公開してきましたが、これらの記事では扱っていない点を順次紹介していきたいと思います。

まずはじめは速くなったと言われる指紋認証による画面ロック解除について「iPhone 6s」などと比較した動画と合わせて紹介したいと思います。

続きを読む

2万9900円で質感高いメタルボディーになったSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」の指紋認証を試してみた!iPhone 6sとの速度の違いも動画で紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」の指紋認証をチェック!

プラスワン・マーケティングが販売するSIMフリーブランド「FREETEL」の新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)。すでに5月27日から「メタルシルバー」、6月3日に「スカイブルー」が発売され、今後も6月17日に「シャンパンゴールド」、6月24日に「ピンクゴールド」、6月下旬に「メタルブラック」と続々と発売される予定。

FREETEL初のメタルボディーで外観の質感も高くなっており、さらに「FREETEL 2.0」として新たに独自ユーザーインターフェース(UI)も導入するなど、日本のベンチャーメーカーながら世界シェア上位を占めるHuawei TechnologiesやZTEなどとも見劣りしない製品仕様にまとめられています。

そして価格も格安スマホを代表するFREETELならではの29,900円と税抜価格では3万円を切るバリュー感のあるものとなっています。筆者は発売日の関係から最も早かったメタルシルバーを購入しましたが、人気のスカイブルーが発売されたということで今回はSAMURAI REIの指紋認証について紹介していきたいと思います。

続きを読む

本命はやはり来年!?iPhoneの2017年モデルは全面ディスプレイに?Touch ID搭載ホームボタンなどが画面に埋め込まれると噂ーーLGが指紋センサー内蔵ディスプレイを開発


2017年のiPhoneは全面ディスプレイデザインに!?LGが画面の下に配置するセンサーを開発

LG Innotekは2日(現地時間)、ディスプレイの下に配置できる0.3mmの薄型指紋センサーモジュールを開発したと発表しています。これにより、画面にタッチするだけで、指紋認証が行えるとのこと。

一方、Appleが昨年に画面にタッチして指紋認証する特許「電子デバイスにおける指紋認証センサー(Fingerprint Sensor in an Electronic Device)」を取得しており、LG InnotekがAppleの部品供給元でもあるため、この特許を元に開発されて次世代のiPhoneに採用されるのではないかと噂されています。

これらとともにApple内部からの情報として2017年に登場する次世代「iPhone」について指紋認証機能「Touch ID」を搭載したホームボタンだけでなく、フロントカメラやスピーカーも画面内に埋め込まれて"全面ディスプレイ"デザインになると一部メディアが伝えています。

続きを読む

NTTドコモがiPhoneやiPadで「dアカウント」などのオンライン認証に指紋認証「Touch ID」を利用できるように!実際に「dアカウント設定」アプリを使ってみた【レポート】


iPhoneなどのTouch IDで「dアカウント」などのログインが可能に!

既報通り、NTTドコモは9日、同社の公式Webサイト「ドコモウェブサイト」( https://www.nttdocomo.co.jp )をリニューアルし、新たにiOS 9.0以降の指紋認証機能「Touch ID」対応のiPhoneやiPadにおけるTouch IDを用いたオンライン認証を導入しています。

そこで今回は、NTTドコモの料金確認や各種サービスにてTouch IDによるオンライン認証ができるようになる「dアカウント設定」アプリを使ってみましたので紹介したいと思います。

なお、リニューアルに際し、同社では2016年3月9日(水)5時頃から一部の利用者にてログインできない事象が発生していたとお知らせしています。対象者は同社の契約回線でアクセスした際にWebブラウザーの設定でサードパーティーのCookie(クッキー)を許可されていない場合。

対処方法としては、AndroidのChromeなら「サードパーティCookieを許可」、iPhoneのSafari(ブラウザ)なら「訪問したWebサイトを許可」または「常に許可」」にチェックするとのこと(バージョンにより文言は異なるとのこと)。

続きを読む

ついにXperiaも指紋認証に対応!小型ハイスペックスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」で指紋センサーを使ってみた【レビュー】


Xperia Z5シリーズの指紋認証の使用感をチェック!

生体認証に対応したスマートフォン(スマホ)やタブレットが増えてきていますが、人気の「Xperia」シリーズもついに今秋冬の「Xperia Z5」シリーズから指紋センサーを搭載しました。

Xperia Z5シリーズの指紋認証の特長はセンサーが電源キーに内蔵されている点。他の機種ではiPhoneやGalaxyなどではホームキー、Nexusやarrows、AQUOSなどでは背面に搭載されていますが、大手メーカーで電源キーに搭載されたのはXperiaがはじめてだと思います。

そこで、今回はNTTドコモ向けに発売された小型モデル「Xperia Z5 Compact SO-02H」を使ってXperia Z5シリーズの指紋認証を試してみたので、設定の仕方や使用感などを紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。