S-MAX

有機EL

秋吉 健のArcaic Singularity:スマホの次のトレンドは有機EL?モバイルデバイスにおけるディスプレイ表現力の新たな次元を開くOLED技術について考える【コラム】


ポスト・液晶ディスプレイの筆頭技術「OLED」について考えてみた!

既報通り、ソニーは8月30日(現地時間)にドイツ・ベルリンにて開催されてた家電見本市「IFA 2018」にて新しいスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(ソニー・モバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。本機ではディスプレイ素材として「Xperia」シリーズ初となる有機EL(OLED)が採用され、ようやく分かりやすい形でモダンなスペックになってきたと感じている方もいらっしゃるかと思います。

ディスプレイ素材にOLEDを採用するスマホは既に他社から多数発売されており、有名なところではサムスン電子の「Galaxy」シリーズがあります。同シリーズにおける日本向けの製品としては2010年にNTTドコモより発売された「Galaxy S」以来脈々とOLEDを採用した製品を販売し続けており、スマホにおけるOLED採用の先駆者的位置付けとも言えます。

またアップルが「iPhone X」でOLEDを採用したことも大きな話題となりました。ホームボタンも排した「全画面」デザインとともにその発色の美しさが話題を呼び、同端末の高級感を一層引き立てたことは間違いありません。

このようにスマホベンダー各社が高級モデルへOLEDを採用する理由は一体どこにあるのでしょうか。またOLEDとはどのような特性を持ったディスプレイ素材なのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はOLED技術やその歴史について解説します。

続きを読む

シャープがスマホ向け有機ELパネルを量産に!2018年夏以降の「AQUOS」シリーズのフラッグシップモデルに搭載予定――欧州での発売も検討中で完全復活へ


シャープがスマホ向け有機ELパネルを今春から量産!写真は現行フラッグシップスマホ「AQUOS R」

シャープが2018年春にもスマートフォン(スマホ)向け有機ELパネルの量産を開始し、夏にも自社製の「AQUOS」シリーズにおける高級機種の一部に採用すると報道されています。

同社の堺工場や三重工場に数百億円を投じて有機ELの小規模生産ラインを立ち上げており、すでに昨年末にサンプル出荷をはじめ、このほど量産技術にめどを付けたとのこと。

本格稼働を2018年4〜6月に始め、商品化に必要な明るさや画質を調整し、順調に行けば「2018年夏モデル」以降に発売する予定だとのこと。日本向けであればフラッグシップスマホ「AQUOS R」の後継機種「AQUOS R2」(仮称)に搭載されそうです。

続きを読む

焼き付きが怖い有機ELユーザー大歓喜!?Android 5.0 Lollipopが導入したステータスバーやナビゲーションバーの背景色設定機能を解説【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

従来黒一色だったステータスバーがAndroid 5.0ではカラフルに

Googleの新機種「Nexus 9」「Nexus 6」にプリインストールされ、既存の「Nexus」シリーズにも順次配信開始されているAndroid OSの最新バージョン「Andorid 5.0(開発コード名:Lollipop)」では、画面上部のステータスバーがアプリによって違う色になることにすぐ気づきます。これは、Googleが提唱する新しいデザイン手法「Material Design」の一環です。

ステータスバーの背景は従来固定(多くの場合は「黒」)で、発光時間の差により焼き付き現象が発生する有機ELではステータスバー部分が焼き付きやすいことが悩みの種でしたが、Android 5.0のステータスバーはこの問題を軽減するかもしれません。

今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、Android 5.0で導入された新しいステータスバー設定について紹介します。

続きを読む

LGディスプレイ、プラスチック有機ELの優位性と今後のロードマップを公開!数年後には折りたたんだり、丸めたりできるように


LGディスプレイがロードマップを公開!

LG Electoronics(以下、LG)のディスプレイ関連メーカーであるLG Display(LGディスプレイ)は3日(現地時間)、Android Wearを採用したスマートウォッチ「LG G Watch R」で採用されたプラスチック有機EL(Plastic OLED)ディスプレイの優位性と今後のロードマップを公開しています。

ロードマップでは来年にも曲げられるディスプレイを投入するほか、2017年以降には折りたたんだり、丸めたりするディスプレイを登場させる計画であることが示されました。

続きを読む

鮮やかな画面の代償?有機ELの宿命“焼き付き問題”に対して「GALAXY S5」に施されたSamsungの細かすぎる対策の数々【レビュー】

有機ELディスプレイは画面上部ステータスバー部分が焼き付きが発生しやすい

サムスン電子のフラッグシップスマートフォン「GALAXY Sシリーズ」では、その多くでディスプレイに有機ELが使用されています。有機ELは長期間使用すると、画面上部ステータスバーのような部分が画面に焼き付いてしまうデメリットが知られています。

NTTドコモとauの「2014年夏モデル」として発売されたGALAXY Sシリーズの最新モデル「GALAXY S5」も有機ELを採用していますが、画面表示の工夫により焼きつきを緩和しようとしている様子が見られます。本記事ではそんな細かすぎる焼き付き対策の数々を見ていきましょう(なお本記事で使用しているGALAXY S5はau版の「GALAXY S5 SCL23」です)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。