S-MAX

Amazon.co.jpにてMac OS X搭載パソコンで「Kindleストア」の電子書籍が読めるアプリ「Kindle for Mac」を提供開始!コミックおよび和書は320万冊以上が対象


Mac版Kindleアプリがリリース!

アマゾン ジャパンは13日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて販売している和書やコミックを含む電子書籍「Kindle本」をMac OS X搭載パソコン上で快適に読むことができる無料アプリケーション「Kindle for Mac」( http://www.amazon.co.jp/kindleformac )の提供を2015年2月13日(金)より開始したと発表しています。

利用料は無料。対応OSはMac OS X 10.9.5以上。閲覧可能なコミックおよび和書は320万冊以上としています。

同社ではPCでもKindle本のうちのコミックや雑誌などが閲覧んできるWebブラウザー専用アプリケーション「Kindle Cloud Reader」を昨年9月に提供開始し、その後、今年1月にWindows搭載パソコン向けアプリ「Kindle for PC」を提供していましたが、今回、ようやくコミックおよび雑誌以外の和書がMacでも読めるサービスが提供されました。

続きを読む

エムオン・エンタテインメント、IIJ プリペイドパックのSIMカードが付属した雑誌デジモノステーション増刊本「SIM PERFECT BOOK」を12月12日に発売!1500円で本も読めて、そのまま通信できる


SIMカードが付録の書籍が登場!

エムオン・エンタテインメントは26日、雑誌「デジモノステーション」の増刊として付録として「SIMカード」が付属したムック本「SIM PERFECT BOOK」を2014年12月12日(金)に発売すると発表しています。価格は1,500円(税込)。

付属するSIMカードはインターネットイニシアティブがNTTドコモ回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供するデータ通信サービス「IIJmio プリペイドパック for BIC SIM」のSIMスターターパックとなっており、利用期間は開通後3ヶ月間でデータ通信量500MBが含まれています。なお、SIMカードサイズはmicroSIMカード(3FF)。

続きを読む

ダイヤモンド・ビッグ、定番旅行ガイド「地球の歩き方」の電子書籍版を発売!まずはフランスからで、地方による分冊での購入も可能


定番旅行ガイド「地球の歩き方」が電子書籍に!

ダイヤモンド・ビッグは26日、定番の旅行ガイド「地球の歩き方」を電子書籍として発売すると発表しています。まずは第1弾としてフランス(地球の歩き方 A06 フランス 2014-2015)が発売されており、価格は1,700円(税込)。

また、パリやブルターニュ、ローヌ・アルプなどといった地域別の分冊も用意されており、行く場所だけを購入することも可能となっています。

販売はAmazon Kindleストアをはじめ、Rakuten kobo、honto、紀伊國屋書店 BookWeb、Google Play ブックス、BookLive!、GALAPAGOS STORE、ReaderStore、eBookJapan、Digital e-hon、boocross、dブック、7net shoppingといった電子書籍マーケットとなっています。

続きを読む

【スマホ連載 第6回】ディレクターにオススメのスマートフォン本5選

ライブドアの開発・運営ノウハウを公開する「livedoorディレクターブログ」で「スマホ集中特集」。第6回は、第1回に続いてライブドアのスマートフォングループでマネージャーをしている坪田さんの記事となります。


こんにちは、坪田です。スマートフォン特集も第6回となりました。

今回は、スマートフォンウェブ、アプリのサービスに関わる人にオススメ本を紹介します。新しい分野にチャレンジする時は、学ぶ事がたくさんありますが、形から入るタイプの僕は、参考書や関連本をたくさん読みあさります。

その中で特に、参考になった本や刺激を受けた5冊の本を厳選して紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。