S-MAX

本人確認

スマホ向け決済サービス「LINE Pay」が送金すると抽選で最大10万円分までを友だちと山分けできる「送金MaX20倍キャンペーン」を6月10〜22日に実施


LINE Payで送金額の最大20倍を山分けできるキャンペーンが開催!

LINE Payは7日、スマートフォン(スマホ)など向け送金・決済サービス「LINE Pay」( https://line.me/pay )において期間中に送金機能を利用して「LINE」友だちに残高もしくは「LINE Payボーナス」を送ると送金額の最大20倍(最大10万円分まで)を送った人と受け取った人で山分けできる「送金MaX20倍キャンペーン」を2019年6月10日(月)8:30から6月22日(土)23:59まで実施すると発表しています。

キャンペーンでは1回の送った額によって1~4等の抽選に自動的にエントリーされ、当たった場合に当選額が送った人と受け取った人にLINE Payボーナスで半分ずつ即時チャージされます。期間内に同じ人に複数回送った場合、最初の1回目だけくじがもらえ、抽選対象となり、送った相手ごとにエントリーされます。

送金額と当選額は1等が5,000円分以上を送ると抽選対象で100,000円相当、2等が1,000円分以上を送ると抽選対象で20,000円相当、3等が500円分以上を送ると抽選対象で10,000円相当、4等が100円分以上を送ると抽選対象で2,000円相当となっています。なお、現時点では当選確率や当選人数、当選総額などは指定されていません。

続きを読む

もうもらった?1000円相当のLINE Payボーナスを無料でプレゼントできるキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を写真と動画で紹介【レポート】


1,000円相当のLINE Payボーナスがもらえる!

既報通り、LINE Payは20日、LINEアカウントで送金や決済を始められるスマートフォン(スマホ)向けサービス「LINE Pay」の新キャンペーンを発表する『「LINE・LINE Pay」記者発表会』を開催し、LINE史上最大の還元祭「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を5月29日(水)まで開催することを発表した。

日本でもスマホやタレットなどの二次元コードを読み撮って決済するコード払いに対応した「○○Pay」サービスが急激に増えており、各サービスでキャッシュバックキャンペーンなどを実施し、ニュースで取り上げられることもあり、利用者数も増加しているがまだまだ一般層に普及しているとは言えない状況だ。

またサービスの増加自体も数年前の仮想移動体通信事業者(MVNO)によるいわゆる“格安SIM”サービスのような状況にも似ており、どのPayサービスを選べば良いのかもまだ利用したことがない人には難しく感じ、使い方も含めまだまだ敷居が高いように思われる。

そうした中でもLINE Payはコンビニエンスストアなどの店舗で利用可能なコード払いのほか、Android向けのタッチ払い(QUICPay+/Google Pay)やオンライン払い、クレジットカードのように使えるプリペイド式のJCBカードとしての機能も追加することができ、対応する公共料金の支払いにも使えるなど、充実した決済サービスを提供している。

今回のキャンペーンではLINE Payのもう1つの特徴であるLINEの友だちに簡単に送金できる機能を訴求するための施策であり、LINE Payでは単に送金するだけでなく簡単に割り勘して自分の分の金額を幹事役の人にLINE Payで渡すといったことも行え、こうした機能も決済サービスと合わせて使って欲しいということだ。

すでに祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭は5月23日時点で300億円のうちの半分に相当する150億円相当の送金が行われているとのことなので、まだもらってない人はLINEの友だちに送ってもらうと良いだろう。今回はこの祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭についてサービスのポイントなどを紹介していく。

続きを読む

スマホ向け決済サービス「LINE Pay」にて友だちにタダで千円分をプレゼントできるキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を5月20〜29日に実施


LINE Payにて「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」が開催!

LINEおよびLINE Payは16日、スマートフォン(スマホ)など向け送金・決済サービス「LINE Pay」( https://line.me/pay )において2019年5月20日(月)11:00~5月29日(水)23:59にキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」( https://linepay.line.me/campaign/30bill.html )を実施すると発表しています。

祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭は上記キャンペーンページから自分のLINEの友だちにLINE Payの送金機能を利用するような感覚で「LINE Payボーナス」を送ることができ、期間中に友だちからLINE Payボーナスが送付されると、特典としてLINE Payボーナス1,000円相当がプレゼントされます。

この送られた特典の総額が300億円相当分すべて付与されるまで実施され、特典額としてはLINEグループ史上最大の還元祭となるとのこと。期間中であれば、LINEの友だちやグループに送ることができるので、普段から親しくしている人から久しぶりに連絡してみたい人までたくさんの友だちと新時代を迎えたコミュニケーションを楽しくとれるということです。

またキャンペーンに参加して友だちに1,000円相当のLINE Payボーナスを送信完了すると、キャンペーンキービジュアルや元号発表をモチーフにしたLINEキャラクター起用の「LINEスタンプ」(全8種類)もプレゼントされます。自分で無料でダウンロードする必要がありますが、キャンペーンを通してLINEの友だちとやりとりする際に楽しく使えます。

続きを読む

スマホ決済サービス「メルペイ」 の代金後払いサービス「メルペイあと払い」が提供開始!手数料無料キャンペーンを5月31日まで実施。オンライン完了の本人確認も導入


メルペイあと払いが提供開始!キャンペーンで5月末までは手数料無料に

メルペイは23日、スマートフォン(スマホ)など向けフリーマーケットサービス「メルカリ」において利用できる決済サービス「メルペイ」( https://jp.merpay.com )にて過去の利用実績などを元に商品購入代金を後払いで決済できる「メルカリ月イチ払い」の利用可能範囲を全国の加盟店に広げた「メルペイあと払い」を2019年4月23日(火)より提供開始すると発表しています。

メルペイあと払いは2017年6月よりメルカリアプリ内で試験提供している商品購入代金の後払いサービス「メルカリ月イチ払い」を利用可能範囲を拡大して名称を変更したもの。併せてオンラインで本人確認が完了する「アプリでかんたん本人確認」の提供を開始ています。

またオープニングキャンペーンとして2019年4月23日(火)10:00〜5月31日(金)23:59までの期間中にメルペイあと払いの支払時手数料が無料になるとのこと。手数料は通常支払時に300円。対象は「お店でのあと払い設定」を完了して2019年4月もしくは5月にメルペイあと払いを利用した場合となります。

続きを読む

楽天モバイルがau回線のMVNOも提供開始!ご自宅かんたん本人確認やメッセージング、プラス割特典内容変更も


楽天モバイルもNTTドコモ回線とau回線のマルチキャリアMVNOに!

楽天は1日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において新たにau回線を利用した料金プランの提供を2018年10月1日(月)に開始したと発表しています。

楽天モバイルではこれまでNTTドコモ回線のみでしたが、au回線が追加されてマルチキャリアとなりました。また、合わせてオンライン申込時の本人確認作業を簡略化する「ご自宅かんたん本人確認」やカスタマーサポートをより便利に簡単に利用できる「メッセージング」サービスを開始しています。

さらに10月1日から通話SIMを契約中の人が家族用や自分用に2回線目を契約すると、2回線目の月額基本料が3カ月0円になる「プラス割」の特典が新しくなり、2回線目が通話SIMの場合にスマートフォン(スマホ)とセット契約であれば現在の販売価格から5,000円割引、SIMのみ契約であれば5,000円キャッシュバックを受けることができます。

3回線目を契約する場合、2回線目の通話SIMを元にプラス割の特典を受けることが可能で、4回線目以降も同様です。なお、プラス割は組み合わせプランの20GBおよび30GBが特典対象外で、通話SIM1回線に対して1回のみ適用されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。