S-MAX

札幌市営地下鉄

UQコミュニケーションズ、札幌市営地下鉄で「WiMAX 2+」のエリア整備を5月21日に開始!まずは東豊線の栄町駅や新道東駅、元町駅の3駅で利用可能に


UQコミュニケーションズがWiMAX 2+を札幌市営地下鉄で提供開始!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は21日、北海道札幌市が運営する鉄道「札幌市営地下鉄」の駅や列車内において超高速モバイル通信サービス「WiMAX 2+」が利用できるようにエリア整備を行っていくこととなったと発表しています。

これまで、札幌市営地下鉄については既存の高速通信サービス「WiMAX」のエリア整備が完了しており、すでに全線で利用可能となっています。

今回、WiMAX 2+のサービス導入を2015年5月21日(木)より東豊線「栄町駅」および「新道東駅」、「元町駅」の3駅を皮切りに提供し、順次、拡大していくということです。

続きを読む

NTTドコモ、札幌市営地下鉄において南北線に続いて東西線・東豊線を含む全線で「docomo LTE Xiサービス」の通信速度を2倍に


NTTドコモが札幌市営地下鉄全線でXi下り最大75Mbpsに!

NTTドコモは4日、札幌市が運営する地下鉄「札幌市営地下鉄」において南北線に続いて、東西線および東豊線を含む全線でdocomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」の通信速度が2013年12月4日(水)始発より2倍になったことをお知らせしています。

具体的な最大通信速度が記載されていませんが、下り最大150Mbpsエリアではないことから、恐らく下り37.5Mbps(5MHz幅×2)だったものが、下り最大75Mbps(10MHz幅×2)になったものと見られます。

続きを読む

NTTドコモ、札幌市営地下鉄3路線(南北線・東西線・東豊線)の全駅・駅間で携帯電話エリア化!auやソフトバンクももう少し

b0a01825.png

札幌市営地下鉄の携帯電話エリア化情報!

NTTドコモは3月28日、札幌市が運営する地下鉄「札幌市営地下鉄」の3路線(南北線・東西線・東豊線)の全駅・駅間で携帯電話が利用できるようになったことをお知らせしています。

また、KDDIでは、auの3G/LTEのエリアにおいて同28日までに追加された地下鉄駅・区間として札幌市営地下鉄南北線の麻生~南平岸駅間がエリア化されたことをお知らせしており、これによってすでにエリア化されていた東西線および東豊線の全駅・全区間に加えて携帯電話が利用できるようになっています。

一方で、ソフトバンクモバイルでも東西線および東豊線の全駅・全区間がエリア化されており、南北線も麻生~平岸駅で利用できることが案内されています。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、札幌市営地下鉄の東西線全駅をエリア化!大阪市営地下鉄の各線でも利用エリアを拡大中


札幌市営地下鉄、大阪市営地下鉄のWiMAXエリアが拡大

UQコミュニケーションズは5日(金)、札幌市営地下鉄および大阪市営地下鉄のWiMAX利用エリアが拡大したことを発表している。

札幌市営地下鉄については、同社は2月28日に札幌市交通局との合意にに基づき、順次エリア整備を進め2013年度中に東西線および東豊線、南北線の全駅をエリア化することを発表しており、今回、東西線の全駅においてエリア整備が完了したという。

また、大阪についても、3月18日に発表した地下街のエリア整備に加え、大阪市営地下鉄各線の駅で順次エリア整備が行われている。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、札幌市営地下鉄でWiMAXが提供開始!2013年度中に東西線および東豊線、南北線の全駅に順次開始予定


札幌市営地下鉄のWiMAXサービス対応を発表

UQコミュニケーションズは28日、札幌市交通局との合意に基づき、札幌市営地下鉄の駅や列車内(一部を除く)にて、WiMAXサービスが利用できるように順次エリア整備を進めていく事を発表している。

札幌市営地下鉄は、札幌市における主要な交通機関として1日平均約56万人が利用しており、WiMAXのエリア整備によりWiMAX対応のパソコン、タブレット、スマートフォン、モバイルWi-Fiルータなどによる快適なインターネット通信が利用可能となり、通勤などの移動の際のインターネットが便利になる。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。