S-MAX

東レ

NTTドコモ、トレーニング支援サービス「Runtastic for docomo」の発表!機能素材「hitoe」を活用したトレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse」シリーズも発売


NTTドコモが着るだけで活動量が測定できる服を発売!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、ランニングやサイクリングなどのトレーニング時に計測したデータを記録・管理し、ユーザーのトレーニングについての各種サポートを行なうサービス「Runtastic for docomo」を2014年12月から提供すると発表しています。

Runtastic for docomoはフィットネスアプリのベンダーである「Runtastic」とNTTドコモが共同開発したサービスで、ランニングやサイクリングをはじめとしたトレーニング支援アプリ6種類が月額350円(税抜)で利用できます。

スマートフォン(スマホ)などの対応デバイスを身に付けてトレーニングすると、GPS位置情報などをもとに、運動時間や距離、ペース、消費カロリー、移動経路などのトレーニングデータを計測し、計測したトレーニングデータはクラウド上に蓄積され、専用のアプリケーションやWebページから手軽に確認できるほか、詳しい分析やコーチングを受けたり、友人と活動記録を共有することが可能です。さらに、楽しみながらトレーニングを継続してできるようにRuntastic for docomoオリジナルの機能として、トレーニング量に応じたドコモポイントをプレゼントします。

他にも、Runtastic for docomoはゴールドウインが販売するウェア型のトレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズに対応。C3fit IN-pulseシリーズは着用するだけで心拍数などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe」を活用したウェア型の計測用デバイスで、取得した心拍数データはhitoe専用のトランスミッター「hitoeトランスミッター 01」(パナソニックシステムネットワークス製)とスマホなどを連携させることでアプリに表示できます。

C3fit IN-pulseシリーズは着るだけのウェア型のため、長時間のトレーニング時の着用でも違和感やセンサーの位置のズレが少なく、正確に心拍数が計測できるので、目的に合わせた効果的なトレーニングが可能となります。

今後、C3fit IN-pulseシリーズ以外にも連携できるデバイスを追加するとともに、計測できるトレーニングデータの種類を拡大するなど、サービスの拡充を図っていくとしています。

続きを読む

東レとNTTが着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe」を開発!NTTドコモが2014年中をめどにスマホ連携サービスを提供へ


心拍数や心電波形などを取得できる機能素材「hitoe」を使ったサービスが今年中に登場!

東レと日本電信電話(以下、NTT)は30日、着衣するだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe(ヒトエ)」を開発し、実用化したと発表しています。

また、NTTドコモが2014年中をめどにhitoeを利用した生体情報計測用ウェアとスマートフォン(スマホ)などを活用したサービスの提供を開始する予定だということです。

今回、東レとNTTは、最先端繊維素材であるナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングすることで、耐久性に優れ、生体信号を高感度に検出できる機能素材のhitoeの実用化に成功。

hitoeは肌へのフィット性や通気性などを兼ね備えており、この素材を使用した生体情報計測用ウェアを着用することによって、日常生活のさまざまなシーンにおいて心拍数や心電波形などの生体情報を快適かつ簡単に計測できるようになるということです。

今後、hitoeを活用した生体情報計測用ウェアの商品化への取り組みを開始し、NTTドコモは、hitoeのようなウェアラブル製品を活用し、ドコモ・ヘルスケアの健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」と連携するほか、スポーツ分野や健康増進分野などを中心とした新しいサービスの提供をめざすとしています。

続きを読む

“薄さ”だけではなく“振動”も拘ってます――NECが軽量Androidタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」説明会を開催【レポート】

72f440cd.jpg

あまりの軽さにビックリです

NTTドコモから9月20日に発売予定の日本電気(NEC)製Android 4.0タブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」。“UL”は“Ultra Light”(超軽量)を意味しており、重さ約249グラムと、その名に恥じぬ世界最軽量を誇ります。

発売に先立って、製造・開発元であるNECが、報道関係者に向けた同端末の商品説明会とタッチアンドトライイベントを開催しました。その様子をかんたんながらレポートします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。