S-MAX

東京都

都営地下鉄の車内で無料Wi-Fiを2月5日から順次提供開始!2020年までに全車両で利用可能に――NTTBPとWi2の各サービスが対応


都営地下鉄で無料Wi-Fiが順次スタート!

東京都交通局とNTTブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は26日、東京都交通局が運行する「都営地下鉄」の4路線(浅草線・南北線・大江戸線・新宿線)の列車内で無料の公衆無線LANサービス(いわゆる「無料Wi-Fi」)の整備を開始すると発表しています。

まずは2016年2月5日(金)に都営浅草線の1編成でサービス提供が開始され、2020年の3月までに順次全編成に導入するとしています。

続きを読む

Google、事前に役立つ情報を地図上にまとめた「Google 防災マップ」を公開!東京都防災情報や公衆電話などの場所に加え、au復旧エリアマップも提供


「Google 防災マップ」が公開!スマホ版もあるよ

Google(グーグル)は29日、防災週間(2014年8月29日~9月5日)に先立ち、パソコン(PC)やタブレットなどで閲覧できる「Google 防災マップ」( http://google.co.jp/saigai )の提供を開始するとお知らせしています。スマートフォン(スマホ)などの画面の小さな機種向けのページ( http://g.co/saigai )も用意されています。

今回、提供を開始するGoogle 防災マップでは新たに「東京都防災情報」と「公衆電話・特設公衆電話(東日本)」を公開されているとのことです。

また、防災週間期間中にKDDIの協力により、Google 災害情報マップにて「au 携帯電話サービス復旧エリアマップ」を提供するということです。

なお、Google クライシスレスポンスサイトではパーソンファインダー体験版も常時提供しており、この機会に家族や職場でなどで活用するように案内しています。

続きを読む

都営バス(都バス)の車内で無料で使える公衆無線LANサービス「Toei_Bus_Free_Wi-Fi」が12月20日に開始!2014年3月末までに全系統に導入予定


都バス車内で無料公衆無線LANサービスが開始!

東京都交通局とエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)は25日、都営バス(都バス)の車内において無料で使える「公衆無線LANサービス」を2013年12月20日(金)から提供すると発表しています。12月20日の終夜バスの運行開始に合わせて、車内での無線LAN(Wi-Fi)を利用した高速・大容量のインターネット通信を開始するということです。

誰でも無料で利用できるWi-Fiサービスの路線バスへの導入は、都内のバス会社で初めてとなるということです。

なお、年度内(2013年3月末まで)に都営バスの全車両1452両で利用できるように順次整備を進めていく予定としています。

続きを読む

NTTドコモ、都営バスと中国JRバスで公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」を12月20日から提供!都バスでは2014年3月末までに全系統に導入予定


docomo Wi-Fiが都バスや中国JRバスで12月20日から提供!

NTTドコモはおよびエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)は22日、公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」を都営バス運行系統で2013年12月20日(金)より順次提供開始すると発表しています。2014年3月末までに都営バス全系統で利用できるように拡大していくとのことです。

また、同じく12月20日から中国ジェイアールバス(以下、中国JRバス)とともに高速バスの車内においてdocomo Wi-Fiを提供開始するとのこと。長距離高速バス車内向けのサービス提供としては、NTTドコモ初となるということです。

続きを読む

西武鉄道の各駅で公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」「Wi2 300」が利用可能に



KDDIは、西部鉄道の各路線の駅ホームやコンコースといった各駅の構内において、auスマートフォンでインターネット通信を楽しめる公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」および「Wi2 300」を2013年6月28日から提供開始することを発表しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。