S-MAX

東京都交通局

都営地下鉄の車内で無料Wi-Fiを2月5日から順次提供開始!2020年までに全車両で利用可能に――NTTBPとWi2の各サービスが対応


都営地下鉄で無料Wi-Fiが順次スタート!

東京都交通局とNTTブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は26日、東京都交通局が運行する「都営地下鉄」の4路線(浅草線・南北線・大江戸線・新宿線)の列車内で無料の公衆無線LANサービス(いわゆる「無料Wi-Fi」)の整備を開始すると発表しています。

まずは2016年2月5日(金)に都営浅草線の1編成でサービス提供が開始され、2020年の3月までに順次全編成に導入するとしています。

続きを読む

東京メトロと都営地下鉄の143駅で無料公衆無線LANサービスが12月1日に開始!訪日向けながら日本人でも利用可能――1回3時間までで回数制限なし


都営地下鉄と東京メトロで無料Wi-Fiサービスが開始!

東京都交通局および東京メトロは25日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、東京の地下鉄駅のうちで多くの訪日外国人の利用が見込まれる143駅で無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを2014年年12月1日(月)から開始すると発表しています。

あわせて、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(以下、NTT-BP)が提供する認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に参画するとのこと。

これにより、一度アプリの利用登録を行えば、都営地下鉄と東京メトロに加え、すでにサービス提供中の都営バスを乗り継いでも手軽な操作で無料Wi-Fiを利用可能となります。なお、訪日向けとしていますが、特に制限もないようで日本人でも利用できるとのこと。

続きを読む

都営バス(都バス)の車内で無料で使える公衆無線LANサービス「Toei_Bus_Free_Wi-Fi」が12月20日に開始!2014年3月末までに全系統に導入予定


都バス車内で無料公衆無線LANサービスが開始!

東京都交通局とエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)は25日、都営バス(都バス)の車内において無料で使える「公衆無線LANサービス」を2013年12月20日(金)から提供すると発表しています。12月20日の終夜バスの運行開始に合わせて、車内での無線LAN(Wi-Fi)を利用した高速・大容量のインターネット通信を開始するということです。

誰でも無料で利用できるWi-Fiサービスの路線バスへの導入は、都内のバス会社で初めてとなるということです。

なお、年度内(2013年3月末まで)に都営バスの全車両1452両で利用できるように順次整備を進めていく予定としています。

続きを読む

走行中も通信可能!都営地下鉄のエリア化を完了したUQ WiMAX、地下鉄で使えるWiMAXで何ができるのか【コラム】

fabc44b4.jpg

都営地下鉄大江戸線「大門駅」

26日、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は、同社が提供するモバイルWiMAX方式によるデータ通信サービス「UQ WiMAX」おいて、都営地下鉄大江戸線の「練馬春日町駅」「光が丘駅」「飯田橋駅」「春日駅」「本郷三丁目駅」「上野御徒町駅」「新御徒町駅」「蔵前駅」「都庁前駅」のエリア整備を完了し、既にエリア整備が完了している三田線、浅草線、新宿線とあわせ、一部の駅やエリアを除く、都営地下鉄全線でのWiMAXのエリア整備が完了したことを発表した。

また、同日、東京都交通局も都営地下鉄におけるWiMAXエリアの整備が完了したことを知らせている。昨年の2012年5月に、両者がエリア化にあたっての基本合意を公表してから1年7ヶ月余りでエリア整備が完了したことになる。

昨年の2011年11月下旬に工事を着工、12月にサービスインした「大手町駅」を皮切りに次々にエリア整備が行われていった。当初UQが「2012年内に都営線全区間をエリア化」することを説明していたが、公約通り今年中にエリア整備が完了したこととなる。



続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。