S-MAX

格安スマホ

IIJmioの中の人が格安スマホの選び方を伝授!人気の携帯電話系ユーザーイベント「IIJmio meeting 14」における初心者向けセッションを紹介【レポート】


"いまどき"の格安スマホの選び方をIIJの中の人が伝授!

いわゆる格安SIMとなる仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「IIJmio」など展開するインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)がユーザー向けイベント「IIJmio meeting」の第14回を大阪と東京の2箇所で開催しました。

筆者も定期的に参加しており、今回も2017年1月28日に飯田橋に所在するIIJ社内にて実施された東京会場にお邪魔してきました。そんなIIJmio meeting 14の模様を3回に分けてレポートしていますが、今回は前回の展示に続いて初心者向けのセッションの様子をご紹介します。

続きを読む

ヤング割であなたもスマホデビュー!ピコ太郎さんのコラボダンスも披露されたワイモバイルの新商品・新サービス発表会「Y!mobile 2017 Spring」を写真で紹介【レポート】

ymobile-2017-spring-001
桐谷美玲さんやピコ太郎さんの登場で盛り上がった発表会の模様を紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、Android Oneスマートフォン(スマホ)「Android One S1」(シャープ製)および「Android One S2」(京セラ製)などの新製品とともに学生向け割引施策「ヤング割」や「Pocket WiFi学割」、さらにY!mobile契約者を対象としてYahoo!プレミアムの利用料を無料とする「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」などを発表しました(対象となるプランなどは後述)。

また発表会には2016年末に「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」で一大旋風を巻き起こしたピコ太郎さんや女優の桐谷美玲さんがゲスト登壇し、往年の名曲「ヤングマン」をテクノアレンジしたTVCMソングとともにコラボダンスを披露するなど大変な盛り上がりを見せました。

仮想移動体通信事業者(MVNO)を含めた格安スマホ市場の中でも一際勢いを感じさせるY!mobileが2017年春に向けて打ち出す施策とは一体どのようなものなのでしょうか。発表会の模様とともにまとめてご紹介します。

続きを読む

親世代のスマホデビューも格安スマホで!携帯電話系の人気ユーザーイベント「IIJmio meeting 13」における初心者向けプレゼンテーションを紹介【レポート】


格安SIMなどの仕組みを紹介するイベント「IIJmio meeting 13」を紹介!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は22日、NTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」についてのサービス内容やMVNOの仕組みなどを幅広く紹介するユーザー向けイベント「IIJmio meeting 13」を開催しました。

前回、このイベントの展示部分について紹介しました。一方、プレゼンテーションは大きく分けて3つの内容から構成されており、それぞれ「初心者向け」「中級者向け」「上級者向け」と続いていきます。今回はその中でも初心者向けとなるプレゼンテーションの内容をお伝えします。

続きを読む

ドコモオリジナルスマホは一括648円!マナーモードスイッチやストラップホールもある「MONO MO-01J」を写真と動画で紹介【レポート】

一括648円のドコモオリジナルスマホ「MONO」

既報通り、NTTドコモは19日、今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表し、約4.7インチHD(720×1280ドット)ディスプレイや2GB内蔵メモリ(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「 MONO MO-01J 」(ZTE製)を2016年12月上旬に発売すると発表した。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約を実施。価格は発売直後から12ヶ月間同一製品利用が条件の「端末購入サポート」が適用されて新規契約および機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)で一括648円(税込)だ。

主なスペックとして、オクタコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 617 MSM8952」)や約1330万画素リアカメラ・約490万画素フロントカメラ、防水(IPX5・IPX7)、防塵(IP5X)、高音質通話サービス「VoLTE」、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、GPS、スグ電、WORLD WING、エリアメールなど。通信速度は、下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsだ。

そんなNTTドコモ初のオリジナルブランドで格安スマホであるMONO MO-01Jを発表会終了後のタッチ&トライコーナーで触ることができたので写真と動画で紹介していく。


続きを読む

プラスワン・マーケティング、SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を7100円値下げして2万2800円に!アウトレットでは1万9800円で販売中――新色レッドもまもなく


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」が値下げ!

プラスワン・マーケティングは13日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」において販売されているAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)の価格を7,100円値下げして従来の29,900円から22,800円にしたとお知らせしています。

また、SAMURAI REIは、公式Webストア「FREETEL e-Shop」ではアウトレットで19,800円で販売しています。なお、価格はすべて税別。

さらに今月6日に実施された新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」では以前に予告していた新色レッドについても同社代表取締役の増田薫氏が「近々の内に発表するから、もうちょっとだけ待って欲しい」と説明していました。

続きを読む

SIMフリースマホ「alcatel IDOL 4」を一足早く開封して外観などをじっくりチェック!注目の箱がそのままVRゴーグルになる仕組みも紹介【レビュー】


世界初のVR標準搭載スマホ「Alcatel IDOL4」を紹介!

TCLコミュニケーションから日本でも発売されることが発表されたフランス発の「Alcatel」ブランドのSIMフリースマートフォン(スマホ)「IDOL4」。発売は11月下旬の予定で、価格はオープンながらメーカー希望小売価格が34,800円(税別)。

購入したときに入っている箱がVR(仮想現実)用のゴーグルになるというユニークなアイデアでによって世界初のVR標準搭載とも言えるこのIDOL 4を一足早くTCLコミュニケーションよりお借りすることができました。

そこで、今回から数回に分けてレビューしていきたいと思います。まずは注目のVRゴーグルになる箱を含めて開封して付属品や外観などをじっくし紹介します。すでに発表会時に公開したIDOL 4の写真および動画によるレポート記事も合わせてご参照ください。

なお、貸出機はまだ発売準備中のもので、確認できた点として付属品に欠品がある状態です。そのため、実際に日本で販売される製品版とは多少の異なる場合もあるとのことですのでご了承ください。

続きを読む

楽天モバイル、SIMフリースマホ「HUAWEI P8max」と「HUAWEI Y6」を最大半額セールで販売中!データSIM契約OKで最低利用期間なくすぐに解約も可能


楽天モバイルが期間限定でSIMフリースマホ「HUAWEI P8max」などをセール中!

楽天は20日、同社がNTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」(http://mobile.rakuten.co.jp )において「掘り出し物スマホ 最大半額セール!」を実施するとお知らせしています。

期間は2016年7月20日(木)10時から8月1日(月)9時59分まで。対象機種は「HUAWEI P8max」と「HUAWEI Y6」の2機種。HUAWEI P8maxが通常の半額29,900円、HUAWEI Y6が8,900円(ともに税抜)となっており、各機種ともに楽天モバイルのSIMカードとセット購入となるものの、最低利用期間が設定されていないデータSIMも対象のため欲しい機種がある場合にはお買い得になっています。

なお、楽天モバイルではすでに紹介したように8月1日(月)9時59分までの期間に「arrows M02」や「Liquid Z330」、「Desire 626」、「HUAWEI Mate S」、「honor6 Plus」、「ZenFone Go」、「ZenFone 2 Laser」、「ZenFone 2」、「ZenFone Selfie」の9機種が対象の「期間限定 最大70%割引セール!」も実施しています。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の音声対応SIMカードとSIMフリースマホのセットが郵便局で取扱開始!まずは東海地方2050店舗で順次全国展開に


IIJと日本郵便がタッグ!郵便局で格安SIMとSIMフリースマホのセット販売を開始

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は5日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」( http://www.iijmio.jp )の販路を拡大し、郵便局に設置するカタログによる販売を2016年8月1日(月)に提供開始すると発表しています。

まずは低価格のSIMカード(IIJmio高速モバイル/Dサービス「ミニマムスタートプラン」の音声機能付き「みおふぉん」)とSIMフリースマートフォン(スマホ)「arrows M03」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)をセットにした商品を東海地方(岐阜県・愛知県・静岡県・三重県)の郵便局2050局にて取扱開始し、順次全国の郵便局に展開していくとのこと。

これにより、地方に住んでいる人でも身近な場所で情報を入手できる上に、郵便局専用コールセンターも用意するため、スマホ初心者や高齢者でも容易に格安スマホを利用できるようになるとしています。

続きを読む

mineoにて指定スマホを購入するとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを延長!AQUOS SERIEやLUCEなら先着千人に8千円分、arrows M02ならもれなく3千円分


mineoにてAQUOS・LUCE・arrows M02がお買い得になるキャンペーン!

ケイ・オプティコムは31日、同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において「AQUOS SERIE SHL25」(シャープ製)もしくは「LUCE」(京セラ製)といったスマートフォン(スマホ)を購入の各先着1000人を対象にAmazonギフト券8,000円分をプレゼントする「先着1,000名さま限定!AQUOS・LUCEお買い得キャンペーン」を2016年4月1日(金)から5月20日(金)まで実施するとお知らせしています。

このキャンペーンは2月19日(金)から3月31日(木)にも実施していましたが、好評だったことから第2弾が行われます。適用条件は購入月の翌月から引き続き6カ月間mineoを利用すること。

また、2016年5月31日(火)までに申し込みを承諾する必要があります。すでにmineoを利用している場合にスマホのみを追加購入する場合も適用します。されたお客さまのみ適用となり、法人名義は対象外。

また、mineoでは公式コミュニティーWebサイト「マイネ王」でも限定で期間中にarrows M02を購入申込し、マイネ王でeo ID連携を完了した上で、mineoを購入月の翌月から引き続き6カ月間利用した場合にもれなくAmazonギフト券3,000円分をプレゼントするキャンペーンも5月20日まで延長されています。

続きを読む

メーカー出身の女性社長が2ヶ月で24製品をリリース!注目の家具・家電ブランドUPQの格安SIMフリースマホ「UPQ Phone A01」を購入したので開封してみた【レビュー】


注目のブランドUPQの格安スマホをゲット!

突如8月6日に発表された家電家具ブランドのUPQ(アップ・キュー)は「生活にアクセントと遊び心を」をコンセプトにした、手ごろな価格とデザイン性の高い製品をラインナップした"秋葉原"発の日本のベンチャーメーカーです。

CEOをつとめる中澤優子氏は、カシオ計算機出身で携帯電話の企画開発をしていた経歴を持ち、現在はカフェ経営をしながら商品開発をしており、開発期間2ヶ月で24製品のリリースをしたことでも話題になっています。

最初の製品となる今期モデルは流行りの"blue×green(ブルー・バイ・グリーン)"で統一され、イヤホンなどのオーディオ、パソコン用ディスプレイ、椅子などという多彩なラインナップ。中でもなんと言っても注目は中澤氏の専門でもあるスマートフォン(スマホ)でしょう。

そんなUPQ初のスマホ第1弾「UPQ Phone A01」はミドルスペックモデルとして投入され、デュアルSIM対応やAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)搭載で、価格が14,500円(税抜)とリーズナブルなのが魅力です。今回、筆者も購入しましたので、まずは開封して外観レビューをお届けします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。