S-MAX

横浜市

NTTドコモと横浜市、and factoryによる共同プロジェクト「未来の家プロジェクト」がスタート!AIとIoT技術で快適な暮らしをサポートする実証実験【レポート】


Yokohama&docomo&and factoryが共同会見で「未来の家プロジェクト」を発表!

NTTドコモと横浜市、and factoryは22日、パシフィコ横浜にて共同会見を行い、AI技術やIoT技術を活用し、快適で健康な暮らしのサポートや高齢者の1人暮らしおよび災害時の対応などをめざしたプロジェクト「未来の家プロジェクト」を発表しました。

現在のAI技術はビッグデータの活用や機械学習・ディープラーニングなどによって言語理解の精度が高まり、一般的な会話形式でさまざまな機器を制御できるレベルに達しています。またIoT技術に関してもより小型で高性能なセンサー機器が開発され、それらを複合的に組み合わせることで人々の生活をより便利にする利用法が見出されつつあります。

今回の共同会見ではNTTドコモが旗振り役となってIoT機器の制御に関する部分をand factoryが担当し、横浜市がNTTドコモやand factoryを含めた各企業をまとめ技術研究や開発の場を提供するまとめ役というスタンスをとっています。今回はこの取り組みについて共同会見の模様を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、横浜市営地下鉄で「WiMAX 2+」のエリア整備を完了!駅構内や列車内において利用可能に


横浜市営地下鉄にてWiMAX 2+のサービスエリア整備完了!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は5日、全国各地において超高速モバイルインターネットサービス「WiMAX 2+」を利用できるようにエリア拡大を進めていますが、今回、横浜市交通局が運営する鉄道「横浜市営地下鉄」の全線における全駅構内や列車内でエリア整備が2015年3月5日(木)に完了したとお知らせしています。

これまで横浜市営地下鉄については既存の下り最大40Mbpsの高速モバイルインターネットサービス「WiMAX」のエリア整備が完了しており、昨年9月にWiMAX 2+のエリア整備を行っていくことが案内され、グリーンライン「都筑ふれあいの丘駅」を皮切りに順次拡大してきました。

なお、同社では今後も全国の主要鉄道路線においても快適なインターネット通信を利用できるように各鉄道路線にWiMAX 2+を導入していくとしています。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、初の地下鉄でのWiMAX 2+サービスを提供開始!まずは横浜市営地下鉄の駅や列車内で9月17日より順次利用可能に


UQ WiMAX 2+が横浜市営地下鉄で利用可能に!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は17日、昨年10月にサービスを開始し、現在、全国各地において基地局設置を進めている下り最大110Mbpsの超高速モバイルインターネットサービス「WiMAX 2+」において神奈川県横浜市が運営する「横浜市営地下鉄」の各駅や列車内でも利用できるようにエリア整備を行っていくこととなったとお知らせしています。

横浜市営地下鉄でのWiMAX 2+は2014年9月17日(水)から提供開始するグリーンライン「都筑ふれあいの丘駅」を皮切りに、順次、全線へ拡大していく予定。なお、地下鉄でのWiMAX 2+のエリア整備は初めてとなります。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイル、横浜市営地下鉄の全区間で12月24日始発より携帯電話サービスの利用を提供開始


横浜市営地下鉄全区間で12月24日から携帯電話3社がエリア化!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話事業者3社は20日、横浜市が運営する鉄道「横浜市営地下鉄」のトンネル内で携帯電話が利できるように共同でエリア整備を進めてきたとのことで、2013年12月24日(火)始発よりすでに一部区間でサービスを提供しているブルーラインにおいてサービスエリアを拡大すると発表しています。

これにより、横浜市営地下鉄のすべての区間で携帯電話を利用できるようになり、駅構内だけでなく各駅間のトンネル内においても携帯電話によるインターネット接続およびEメールの送受信が可能となるということです。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、横浜市営地下鉄グリーンライン全線を8月15日始発からエリア化


横浜市営地下鉄グリーンライン全線がエリア化!

横浜市交通局およびNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルスの携帯電話事業者3社は14日、横浜市が運営する「横浜市営地下鉄」のグリーンラインにおいて2013年8月15日(木)始発から携帯電話サービスのエリア拡大を行うと発表しています。

今回のエリア拡大によって、グリーンラインのすべての区間において携帯電話を利用できるようになるとのこと。また、該当区間においては駅構内だけでなく、各駅間のトンネル内においても、携帯電話によるインターネット接続およびEメールの送受信が可能となります。

なお、横浜市営地下鉄のトンネル内における携帯電話サービスの提供は、残りの横浜市営地下鉄についても2013年中に全線でサービス開始予定となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。