S-MAX

機能バージョンアップ

NTTドコモ、今冬スマホ「LG G2 L-01F」にソフトウェア更新を提供開始!docomo ID本格導入や遠隔初期化、新しいドコモバックアップアプリなどの機能改善


NTTドコモが「LG G2 L-01F」に機能改善を行うソフトウェア更新を提供開始!

NTTドコモは16日、今冬および来春に発売する「2013-2014冬春モデル」の中で一番早く発売されたスマートフォン「LG G2 L-01F」(LGエレクトロニクス製)に機能改善や不具合修正を行うソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみでWi-Fiもしくは携帯電話ネットワーク(FOMAまたはXi)を用いて行う方法が用意されており、更新にかかる時間は約15分。更新期間は2016年12月31日まで。更新によって変更される点は以下の通りとなっています。
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯主なアップデート内容
1)「docomo ID」認証の本格導入対応
端末にdocomo IDを設定することが可能になります。docomo IDを端末に設定することで、対応するサービスアプリ(2013年11月時点でdocomo ID設定に対応するサービスアプリ)でのdocomo ID入力が不要になります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」
Wi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合されます。バージョンアップ後は上記対応サービスアプリ(Wi-Fiオプションパスワードを利用するアプリ)をWi-Fi経由でご利用いただくためにdocomo IDを設定していただく必要があります。また、Wi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo IDを改めて設定していただく必要があります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ドコモバックアップ」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」

2)遠隔初期化に対応
端末を紛失した際などに、パソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービスです。

3)新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書についてデータ保管BOXへのアップロードが可能となります。

4)機能の変更
「伝言メモ」機能について、再生時の出力をスピーカーから受話口(レシーバー)に変更します。

◯改善される事象
5)パターンロック画面にて素早くパターン入力を実施すると、miniUIMカードを認識しない場合がある。
 ※miniUIMカードにPIN1ロックがかかっている場合のみ発生


続きを読む

NTTドコモ、今冬おすすめスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」にソフトウェア更新を提供開始!docomo ID本格導入や遠隔初期化、新しいドコモバックアップアプリなどの機能改善


NTTドコモが「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」に機能改善を行うソフトウェア更新を提供開始!

NTTドコモは16日、今冬および来春に発売する「2013-2014冬春モデル」の中のおすすめ機種の1つとしてラインナップされているスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」(シャープ製)に機能改善や不具合修正を行うソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみでWi-Fiもしくは携帯電話ネットワーク(FOMAまたはXi)を用いて行う方法が用意されており、更新にかかる時間は約11分。更新期間は2016年12月31日まで。更新によって変更される点は以下の通りとなっています。
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯主なアップデート内容
1)「docomo ID」認証の本格導入対応
端末にdocomo IDを設定することが可能になります。docomo IDを端末に設定することで、対応するサービスアプリ(2013年11月時点でdocomo ID設定に対応するサービスアプリ)でのdocomo ID入力が不要になります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」
Wi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合されます。バージョンアップ後は上記対応サービスアプリ(Wi-Fiオプションパスワードを利用するアプリ)をWi-Fi経由でご利用いただくためにdocomo IDを設定していただく必要があります。また、Wi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo IDを改めて設定していただく必要があります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ドコモバックアップ」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」

2)遠隔初期化に対応
端末を紛失した際などに、パソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービスです。

3)新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書についてデータ保管BOXへのアップロードが可能となります。

4)独自機能の機能アップ
・ミニマップアプリが、二本指での視点変更および地図回転に対応します。
・データ引継機能が、電話帳データの引継ぎに対応します。

◯改善される事象
5)携帯電話(本体)が画面OFF状態で電源キー押下しても、まれに画面が点灯しない場合がある。


続きを読む

NTTドコモ、今冬人気スマホ「Xperia Z1 SO-01F」にソフトウェア更新を提供開始!STAMINAモードやdocomo ID本格導入、伝言メモ、ホワイトバランス調整機能対応などの機能改善


NTTドコモが「Xperia Z1 SO-01F」に機能改善を行うソフトウェア更新を提供開始!

NTTドコモは16日、今冬および来春に発売する「2013-2014冬春モデル」のソニーブランドにおけるフラッグシップスマートフォン「Xperia Z1 SO-01F」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に機能改善や不具合修正を行うソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみでWi-Fiもしくは携帯電話ネットワーク(FOMAまたはXi)を用いて行う方法およびパソコンにUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新にかかる時間はそれぞれ約15分および約35分。更新期間は2016年12月31日まで。更新によって変更される点は以下の通りとなっています。
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯主なアップデート内容
1)「docomo ID」認証の本格導入対応
端末にdocomo IDを設定することが可能になります。docomo IDを端末に設定することで、対応するサービスアプリ(2013年11月時点でdocomo ID設定に対応するサービスアプリ)でのdocomo ID入力が不要になります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」
Wi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合されます。バージョンアップ後は上記対応サービスアプリ(Wi-Fiオプションパスワードを利用するアプリ)をWi-Fi経由でご利用いただくためにdocomo IDを設定していただく必要があります。また、Wi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo IDを改めて設定していただく必要があります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ドコモバックアップ」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」

2)遠隔初期化に対応
端末を紛失した際などに、パソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービスです。

3)新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書についてデータ保管BOXへのアップロードが可能となります。

4)伝言メモに対応
伝言メモを設定すると、留守番電話サービスを契約していない場合でも、電話に応答できないときに応答メッセージを再生し、相手の音声を録音することができます。

5)STAMINAモードに対応
STAMINAモードを設定しておけば、画面スリープ中に指定したアプリケーションの動作や、通知LEDの点滅周期や点灯色を制限し、電池の消費を抑えることができます。

6)スモールガイドに対応
起動中のアプリケーションの使い方ガイドを画面上に表示し、ガイドを見ながらアプリケーションの操作をすることができます。

7)ホワイトバランス調整機能に対応
画面上のホワイトバランスを調整することができます。

◯改善される事象
8)卓上ホルダでの充電後、電源キーを押してもスリープモードから復帰しない場合がある。


続きを読む

NTTドコモ、GALAXY S4 SC-04EにGALAXY Gear対応などを含む機能バージョンアップのソフトウェア更新を提供開始


NTTドコモがGALAXY S4 SC-04Eにソフトウェア更新を提供開始!

NTTドコモは12日、今夏に発売した「2013年夏モデル」のAndroidスマートフォン「GALAXY S4 SC-04E」(サムスン電子製)にスマートウォッチ(腕時計型情報通信端末)の「GALAXY Gear」に対応するなどの機能バージョンアップを行うソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体(FOMA/Xi/Wi-Fi)のみで行う方法とパソコンに接続して行う方法が用意されており、更新にかかる時間はそれぞれ約13分および約112分。なお、更新時間はユーザーの利用するネットワーク環境やバックアップするデータ量により異なるとしています。

更新期間2016年12月31日まで。更新によって変更される点は以下の通りとなっています。
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯改善される事象
・GALAXY Gear(SM-V700)へ対応します。
・GALAXY Gear(SM-V700)の主な機能は次の通りです。
 1)「通話機能」
 2)「スマートトス」(通知機能)
 3)「メモグラファー」(カメラ)
 4)「ドコモ・サービス通知機能」(spモードメール、ドコモメール、エリアメール)

◯その他、改善される事象
・ギャラリーアプリ内の画像を閲覧すると、まれに携帯電話(本体)がフリーズ後、ギャラリーアプリが強制終了する場合がある。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。