S-MAX

気球

ソフトバンク、熊本地震で被災地のSoftBank携帯電話における通信速度制限を4月30日まで撤廃!基地局復旧に加え、気球による無線中継システムを災害に初導入


ソフトバンクの熊本地震での災害支援措置をまとめ!

ソフトバンクは17日、熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災したSoftBankの携帯電話を利用している人を対象に2016年4月30日(土)まで月間で所定のデータ量を超えた場合でも追加データ量を購入せずに通常速度でデータ通信を利用できるようにしたとお知らせしています。

なお、現在、通信速度が低速化している場合についても準備ができ次第、速度制限を解除するとしています。対象はプリペイド式携帯電話を除くすべての機種および料金プランで、災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する場合。

また、同社では地震に伴う停電および伝送路支障による基地局などのネットワーク設備への影響で熊本・大分の一部地域で携帯電話サービスが利用しづらい状況となってることを鑑み、被災地において初めて「係留気球無線中継システム」による臨時基地局を設置するなどの対策を行っています。

続きを読む

ソフトバンク、気球で空から電波対策を行なう「車載係留気球Wi-Fiシステム」を開発!各イベントなどに導入へ


ソフトバンクが車載係留気球Wi-Fiシステムを開発!

ソフトバンクモバイルは13日、屋外で開催される大規模イベント会場において快適なデータ通信サービスを提供するために車載の係留気球により無線LAN(Wi-Fi)基地局を地上数十mの高さに揚げて広域のサービスエリアを迅速に構築する「車載係留気球Wi-Fiシステム」を開発したと発表しています。

災害などで通信障害が発生しているサービスエリアを迅速に復旧させることを目的として、2013年3月に3G(W-CDMA)を対象として係留気球を利用した臨時無線中継システム(以下、気球無線中継システム)を開発しましたが、今回、開発した車載係留気球Wi-Fiシステムは既存の気球無線中継システムを大幅に改良して簡素化したもので、車外に広い作業スペースを必要とせず、会場到着後約30分程度でサービスを開始できるようになったということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。