S-MAX

決算

Xperiaのスマホ販売台数は今後さらに減少へ!ソニーが2017年度決算を発表し、音楽・映画・ゲーム・半導体・金融が好調で増収増益。積極的に5Gへ取り組むためにもモバイルは継続に


ソニーは好調ながらスマホ事業は不調。2017年度業績を発表

ソニーが都内にて「2017年度 業績説明会」を4月27日に開催し、2017年度第4四半期(以下、Q4)および2017年度通期の決算内容を公開し、子会社のソニーモバイルコミュニケーションズやソニーネットワークコミュニケーションズが手がけるモバイル・コミュニケーション(MC)分野は通期で最終赤字となったとのこと。

なお、ソニー全体では売上高および営業利益がQ4において1兆9,510億円(+2.5%)および222億円(-76.5%)と増収減益となりましたが、通期では8兆5,440億円(+12.4%)および7,349億円(+154.5%)と増収増益となっています。

これはMC分野以外のゲームや映画、音楽、ホームエンターテイメント、半導体、金融などの分野が軒並み好調だったことにより、所有する音楽配信サービス「Spotify」の株式上場やゲーム「Fate/Grand Order(FGO)」などの影響が大きいということです。

なお、MC分野の不調の原因でもある同社のスマートフォン(スマホ)「Xperia」シリーズの販売台数が減少している点については2018年1月以降の販売状況や事業環境の変化を踏まえて将来見通しを下方修正しており、2018年度はさらに販売台数が減る1000万台の計画となっています。

さらにこのことから将来キャッシュフローが減少する見通しとなったため、減損計上をしたことによって赤字となっていますが、ソニーとしては次世代通信規格「5G」を非常に重要だと認識しており、近い将来にさまざまな機器に搭載されるため、ソニーグループとして5Gに積極的に取り組むためにも通信の核となるスマホなどのMC分野は継続していくとしています。

続きを読む

Apple、2018年度第2四半期決算を発表!増収増益&米減税で大幅な株主還元を実施。売上高には次世代スマホ「iPhone X」が貢献


Appleが2018年第2四半期決算を発表!

Appleは1日(現地時間)、2018年度第2四半期(2018年1〜3月)決算発表を行い、売上高が前年同期比+16%の611億3,700万ドル(約6兆7,000億円)および純利益が同+25%の138億3,300万ドル(約1兆5,000億円)と増収増益になったと発表しています。

同社CEOのTim Cook(ティム・クック)氏は「過去最高のQ2(1〜3月期)業績を嬉しく思い、今Q2は『iPhone X』が毎週最も販売され、iPhone X発表直後の前四半期と同じ傾向でした。またすべての地域で売上高を伸ばし、中国と日本では20%以上の伸びとなりました」とコメント。

さらに同氏は「2016年の『iPhone 6』シリーズから複数モデルを出していますが、iPhone Xは上位モデルで一番販売数が多くなったのははじめて」とし、今Q2のiPhone販売数は同+3%の5221万7000台と微増だったものの、売上高は同+14%の380億3200万ドル(約4兆2,000億円)と価格が高いiPhone Xが貢献したとしています。

これにより、同社ではアメリカの法人税減税(35%から21%へ)も合わさり、希薄化後の1株当たりの利益は+30%の2.73ドルと大幅な株主還元を実施したほか、今後も大規模な自社株買いを続ける方針で新たに1,000億ドル(約11兆円)を購入する計画を明らかにしています。

続きを読む

ASUSTeK Computer、次期フラッグシップスマホ「ZenFone 5」と上位モデル「ZenFone 5Z」、「ZenFone Max Pro (M1)」を投入へ!MWC 2018に合わせて発表され、3月以降順次発売


ASUSが次期フラッグシップスマホ「ZenFone 5・5z」などをMWC 2018に合わせて発表へ!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は9日(現地時間)、台湾・台北にて同社の2017年第4四半期決算説明会を開催し、新たにフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5」および上位モデル「ZenFone 5Z」、「ZenFone Max Pro(M1)」を投入することを明らかにしています。

公開されている資料ではZenFone 5とZenFone Max Pro(M1)を2018年3月に発売し、ZenFone 5Zを6月に発売する予定だとし、説明会ではZenFone 5は「Snapdragon 636」を搭載したミッドレンジモデル、ZenFone 5Zは「Snapdragon 845」を搭載したハイエンドモデルになると紹介されていました。

すでに案内しているようにスペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせて現地時間(CET)の2018年2月27日(火)19時30分から開催されるプレスイベント「ZenFone Unveil | We Love Photo」で正式発表するとしています。

続きを読む

Xperiaのスマホ販売台数が2017年は1370万台とさらに減少!ソニー全体では音楽や金融が好調で過去最高益に、社長兼CEOを平井一夫氏から現副社長兼CFOの吉田憲一郎氏にバトンタッチ


ソニーのXperiaなどのMC事業は黒字ながら前年比微減に!写真は平井一夫CEO

ソニーは2日、都内にて「2017年度 第3四半期 業績説明会」を開催し、2017年10〜12月期(以下、Q3)における子会社のソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が販売する「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)の販売台数が400万台だったことを明らかにしています。

これにより、2017年は合計1370万台となり、ミッドレンジ以上の製品に絞った2016年の合計1510万台よりさらに140万台減少し、その前の年の合計2940万台だった2015年からは半分以下となっています。

また合わせて2017年通期見通しも2017年10月時点までは2016年度からほぼ横ばいの微増となる1550万台を計画していましたが、現時点で2016年度の1460万台から微減の1400万台に変更しています。売上高や営業利益でも2016年度比で減収減益となっており、ソニーモバイルを中心としたソニーのモバイル・コミュニケーション(MC)事業は厳しい状況が続いていると言えそうです。

一方、ソニー全体としては音楽や金融といった分野で大きく増収増益しており、売上高は過去3番目の水準、営業利益も20年ぶりの過去最高益となったとのこと。さらに2012年4月より代表取締役兼CEOを努めてきた平井一夫氏が代表権のない会長に退き、現副社長兼CFOの吉田憲一郎氏に2018年4月1日にバトンタッチする人事も発表しています。

続きを読む

ソニーが「Xperia X」や「Xperia X Compact」といったミッドハイレンジシリーズを廃止へ!2017年後半にフラッグシップスマホ2機種も投入予定、再びコンパクトハイエンド復活か


ソニーが2017年度経営方針説明会を実施!スマホ事業は黒字化

ソニーは23日、都内にて「2017年度 経営方針説明会 - 中期経営計画の着実な達成と持続的な高収益・価値創出を目指して-」を開催し、モバイル・コミュニケーション分野およびスマートフォン(スマホ)事業ともに2016年度は黒字化を達成したものの、スマホの販売台数は当初見通しより大幅に減少し、中でも「Xperia X」や「Xperia X Compact」といったミッドハイレンジクラス「プレミアム・スタンダード」の達成率が悪いため、2017年度以降は投入しないことを明らかにしています。

また2017年度以降の取り組みとしてソニーらしい技術で商品を差別化し、強みを持つ市場への一層の集中を行うとし、すでに発表している「Xperia XZs」や「Xperia XZ Premium」に加え、2017年下期に新たなフラッグシップモデルを2機種投入するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。