S-MAX

液晶

JDI、4辺狭額縁でアスペクト比18:9と縦長な約6インチ2160×1080ドット液晶パネル「FULL ACTIVE」の量産を開始!次期Xperiaスマホなどで採用か


JDIがベゼルレススマホ用縦長液晶パネルを量産開始!

ジャパンディスプレイ(以下、JDI)は19日、ディスプレイの周囲(ベゼル)を4辺ともスリム化したデザインを実現する画面アスペクト比18:9のフルスクリーンスマートフォン(スマホ)用液晶パネル「FULL ACTIVE」を2017年6月より量産開始したと発表しています。

サイズは約6インチで、解像度は1080×2160ドット。これにより、JDI製液晶パネルを採用する「Xperia」や「Huawei」などからも縦長でほぼベゼルレスな「Galaxy S8」シリーズや「LG G6」シリーズのようなスマホが登場すると見られます。

続きを読む

シャープ、スマホ向け液晶タッチディスプレイのインセル型を6月から量産開始!タブレットやノートPCなどの中〜大型製品向けも開発中――より軽量・薄型に


シャープもインセル型タッチパネル液晶を量産開始!

シャープは17日、スマートフォン(スマホ)など向けの小型製品向けのインセル型液晶タッチディスプレイの量産を2015年6月から本格的に開始したと発表しています。

量産を開始したインセル型液晶タッチディスプレイはLTPS(CGシリコン)技術を採用する三重第3工場で生産。タッチセンサー部の回路と液晶ディスプレイを駆動する回路の両方を液晶ディスプレイの中に搭載することで、インセル化を実現したということです。

また、亀山第2工場での生産も検討中であり、実現すると、画面サイズや解像度、狭額縁化などさまざまなユーザーニーズに最適な対応を可能とするとともに安定した供給体制の構築を図れるとしています。

加えて、シャープでは亀山第2工場で採用しているIGZO技術の優位性を活かし、タブレットやノートパソコンなどへの搭載を想定した中型サイズのインセル型液晶タッチディスプレイを開発中。これにより、タブレットなどのタッチディスプレイを搭載した中〜大型商品の軽量化や薄型化を通じ、商品性の向上に貢献していきます。

続きを読む

シャープ、スマホ向け4Kな約5.5インチIGZO液晶を開発!2016年をめどに量産化予定で、中国メーカーの採用に向けてCITE 2015で発表&展示


シャープが5.5インチ4K液晶を開発!

Sharp(シャープ)が中国・深センにあるShenzhen Convention & Exhibition Center(SZCEC)にて2015年4月9日(木)〜11日(土)まで開催されていた展示会「China Information Technology Expo 2015(CITE 2015)」にてスマートフォン(スマホ)向けの4K解像度に迫る約5.5インチUHD(2160×3840ドット)IGZO液晶を開発・展示しています。

同社では2016年をめどに量産を開始し、シャープ製スマホに搭載される予定のほか、展示会が開かれていた中国メーカーなどに採用されるよう商談を進めます。

続きを読む

ジャパンディスプレイ、スマートウォッチなどの腕時計型ウェアラブル端末向けの反射型カラー液晶モジュールを標準ラインアップ化


ゼロから始めるスマートフォン

ジャパンディスプレイ(以下、JDI)は19日、スマートウォッチなどの腕時計型ウェアラブル端末向けに反射型カラー液晶モジュールを標準ラインアップ化すると発表しています。サンプル出荷を2015年3月から、標準品の販売を7月から開始します。

同社は昨年1月より腕時計型ウェアラブル端末向け反射型カラー液晶モジュールを生産・販売してきましたが、今回、標準品をラインアップし、最終商品の開発負担の低減および商品化のスピードアップに貢献することで、ウェアラブル端末向けビジネスの拡大をめざしていくとしています。

続きを読む

ジャパンディスプレイ、ハイエンドタブレット向けの10.1インチ4K2K液晶モジュールを開発!サンプル出荷を開始


ゼロから始めるスマートフォン

ジャパンディスプレイは23日、10.1インチタブレット向けの4K2K液晶モジュールを開発し、サンプル出荷を開始したと発表しています。モバイル向け4K2Kディスプレイを業界に先駆けて製品化していくとしています。

開発されたのは、10.1インチで解像度が3840×2160ドット、画素密度365ppiのタブレット向けIPS液晶モジュールです。

続きを読む

シャープがディスプレイ額縁3辺が完全にない「フレームレスIGZO」を参考出展!狭額縁化のデザインを「EDGEST(エッジスト)」としてアピール【レポート】


シャープがディスプレイ額縁3辺が完全にない「フレームレスIGZO」を参考出展!

シャープは7日、2013年度下期に投入するスマートフォンやタブレットなどに関する事業説明会を開催し、今後の事業ビジョンや下期に投入予定する各機種、重点的に取り組んだ内容が紹介されました。

また、説明会では下期に投入されるスマートフォンやタブレットなどが一同に展示され、さらに、ディスプレイの周りの額縁(ベゼル)が完全にない「フレームレス IGZOコンセプトモデル」のコンセプトモデルも参考出展していました。

続きを読む

シャープ、サムスン電子ジャパンと資本提携で約104億円の出資を受け入れ!液晶事業分野における協業関係を強化

b4c1d902.jpg
ゼロから始めるスマートフォン

シャープは6日、サムスン電子と液晶事業分野における協業関係を強化し、サムスン電子の日本法人であるサムスン電子ジャパンと資本提携し、約104億円の出資を受け入れることに合意したと発表しています。

出資受け入れは、サムスン電子ジャパンを割当先とした第三者割当により、出資後の議決権ベースで3.08%(総発行株式数ベースで3.04%)の新株式を発行します。募集後のサムスンの出資比率は3.04%となり、シャープの第5位の株主となります。

続きを読む

シャープ、約8倍の高感度を実現したタッチパネルを開発!来年3月より量産

f2addea2.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

シャープは10日、高感度技術を搭載し、ペン入力やマルチタッチ操作が可能なタッチパネルシステムを開発したと発表しています。

多数のセンサーを同時に検知処理できるシャープ独自の並列駆動方式が採用されており、現在一般的に採用されている逐次駆動方式に比べてS/N比で約8倍の高感度が実現されています。

続きを読む

IGZO液晶は画質が明るすぎ?ドコモスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」の画質モードを調節してみよう【ハウツー】

974effc7.png

AQUOS PHONE ZETAのIGZO液晶を好みの画質に調節しよう!

今回は、NTTドコモ向けに11月29日から販売開始されたLTEサービス「Xi(クロッシィ)」対応のシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」の液晶画面の画質調節のやり方について紹介します。

非常に綺麗でありながら、省電力ということで話題のシャープのIGZO液晶ですが、ネット上ではその画質について違和感を感じている方の意見が見受けられました。

中でも「全体的に白っぽく見える」「色の具合が明るすぎる」といった感想は私も持ちました。もちろんディスプレイの色の具合や明るさは好みがありますが、比較的こうした意見はお持ちの方は多いように思えました。

こうした画質の問題ですが、設定画面で「画質モード」を設定すると、好みの画質に変更することができ、違和感を解消することができます。実際、初期設定では明るめの色を発色する設定になっているため、私は変更して使っています。

液晶画面の色の具合に違和感をお持ちの方はぜひ「画質モード」の変更を試してみてはいかがでしょうか?
続きを読む

タッチパネルにコロコロしてお掃除しよう!キングジムがタッチパネルクリーナー「iコロコロ」を9月28日から発売開始

b2a56025.jpg

タブレットのディスプレイにコロコロしちゃう!?

キングジムは28日、タブレット端末のディスプレイがクリーニングできる「iコロコロ」を9月28日(金)から発売することを発表した。粘着シートでフローリングやカーペットなどお部屋のお掃除に使うニトムズの「コロコロシリーズ」をイメージしたiコロコロは、キングジムとニトムズが共同開発した製品。

新開発した粘着剤がタッチパネルに付着した皮脂汚れを吸着するというもので、コロコロシリーズと同じような感覚で“ディスプレイをコロコロして”汚れを除去できる。同社によると「粘着剤は、時間の経過と共に粘着層内に皮脂油を取り込む構造になっているため、1周で約40回程度、テープ1個で約500回程度のクリーニングが可能」だという。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。