S-MAX

漫画

マンガの無料連載がもたらした発想の転換とは?第2回LINEマンガ主催プレスセミナー「“スマホ発”のヒット作創出に向けた各社の最新動向について」を写真とともに解説【レポート】


電子書籍の未来を考える「第2回LINEマンガ主催プレスセミナー」が開催!

LINE Corp.が都内本社にて電子書籍の現状と未来を考える『第2回LINEマンガ主催プレスセミナー「“スマホ発”のヒット作創出に向けた各社の最新動向について」』を7月25日に開催しました。

第1回のプレスセミナーは4月に開催され、紙の書籍の発行部数減少や書店の窮状について語られ、その上で認知と利用が広がりつつある電子書籍(電子コミックス)の現在やこれからの展望について多くのディスカッションが行われました。

あれから3ヶ月あまりでの第2回開催となりましたが、今回はどのようなテーマと切り口で電子書籍が語られたのでしょうか。なお、第1回LINEマンガ主催プレスセミナーについてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

電子コミックスは書店フェアの夢を見るか。電子書籍の購買動向や従来の書店販売との連携を探る「LINEマンガ主催 プレスセミナー」を写真とともに解説【レポート】


LINEマンガ主催のプレスセミナーから出版業界の“今”を読み解く!

LINE Corp.は11日、都内にてLINEマンガ主催のプレスセミナーを開催しました。セミナーには同社執行役員の森啓氏のほか、多数の出版業界関係者が登壇し、各テーマに沿ってそれぞれの立場から現在の出版業界の状況や今後の課題についてトークセッションが行われました。

これまで印刷物を中心としてきた出版業界にとってデジタルモバイルデバイスであるスマートフォン(スマホ)は「脅威の対象」であり、敵対する存在であるという認識が一般的でした。しかしその状況もここ数年で大きく変化し、大手の出版社や書店はデジタルデバイスとそれを使いこなす「デジタルネイティブ」の世代を上手く紙の出版物へと誘導し始めています。

出版業界がどう変化しスマホ全盛時代を生きる若いマンガ世代にアプローチしているのか、また今後どのようにアプローチしようとしているのか、今回行われたプレスセミナーの内容とともに解説したいと思います。

続きを読む

Jコミックテラス、電子コミック配信サービス「マンガ図書館Z」のスマホなど向けアプリを提供開始!無料で閲覧できる作品数は国内最大級の3000冊以上


ゼロから始めるスマートフォン

Jコミックテラスは26日、電子コミックサービス「マンガ図書館Z」( http://www.mangaz.com )のスマートフォン(スマホ)など向けアプリを提供開始したとお知らせしています。対応OSはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降およびiOS 8.1以降。利用料は無料。

今回配信が開始されたスマホなど向けマンガ図書館Zアプリでは、マンガ図書館ZのWeb版の作品がすべて読めるだけでなく、Jコミックテラスが昨年末からスマホなど向けに提供している電子コミックアプリ「ハートコミックス」が統合されました。

これにより、Web版では読めない1000冊以上の作品を読むことが可能で、無料で閲覧できる作品数は、国内最大級の3000冊以上。作品数は今後も随時増加を予定しているとのことです。

続きを読む

楽天、スマホに特化した電子コミック配信サービス「楽天マンガ」を提供開始!AndroidとiOS向け専用アプリは全作品が縦スクロールでも閲覧可能


スマホに特化した電子コミック配信サービス「楽天マンガ」がスタート!

楽天は20日、スマートフォン(スマホ)向けの電子コミックに特化したサービス「楽天マンガ」( http://manga.rakuten.net/ )の提供を開始したと発表しています。スマホのWebブラウザーから公式Webサイトにアクセスし、電子コミックを1話単位から購入・ダウンロード・閲覧可能。

無料で閲覧できる作品を含め、人気コミック約9万冊を取り扱っており、今後順次、取扱作品を拡充していくとのこと。なお、楽天が提供する電子書籍サービス「楽天Kobo」とは連携しておらず、それぞれ独立したサービスとなっています。

続きを読む

DeNAの無料漫画アプリ「マンガボックス」のダウンロード数が1000万を突破!作家サイン色紙プレゼントや最大1000万コインプレゼント、1000冊以上無料キャンペーンなどを実施中


DeNAの無料漫画アプリ「マンガボックス」が1000万DL突破!

ディー・エヌ・エー(DeNA)は18日、同社が配信しているスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け漫画配信アプリ「マンガボックス」の累計ダウンロード(DL)数が2015年4月12日(火)付けで1000万件を突破したとお知らせています。

また、1000万DLを記念して、作家サイン色紙プレゼントや最大1000万コインプレゼント、1000冊以上無料キャンペーン、インディーズクリエイター記念イラスト、数字で振り返るマンガボックスといった5つのキャンペーンを2016年4月18日(月)から5月9日(月)の期間に実施しています。

続きを読む

Google Playストアのエンタメカテゴリーで週替りセールを提供開始!映画・音楽・書籍が特別価格に――今週は「スパイダーマン」など18タイトルがレンタル100円など


ゼロから始めるスマートフォン

Googleがコンテンツ配信マーケット「Google Playストア」( https://play.google.com/store )におけるエンタメカテゴリーにて「週替りセール」を提供開始しているので紹介します。

今回の週替りセールではエンタメカテゴリーにある映画や音楽、マンガの各カテゴリーで、一部タイトルがセール価格で販売されています。

例えば、映画では「スパイダーマン」や「バイオハザード」を中心に18タイトルのレンタル料金が特価の100円となっています。

続きを読む

集英社、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」とその番外編などをスマホやパソコンなどで読めるアプリ「少年ジャンプ+」のWindows 10など向けを提供開始!ストアから利用可能


集英社が「少年ジャンプ+」アプリのWindows 10向けをリリース!

集英社がスマートフォン(スマホ)など向け漫画配信アプリ「少年ジャンプ+(プラス)」のWindows 10など向けWindowsアプリを提供開始しています。すでにアプリ配信マーケット「Windows Store」にてダウンロード・インストールが可能。

利用料は基本無料で、一部コンテンツは別途有料課金制となっています。なお、現時点ではWindowsアプリはWebブラウザー版と同様にオフライン閲覧に非対応。

続きを読む

ソフトバンク、Softbankスマホなど向け定額制電子書籍サービス「ブック放題」を6月下旬より提供!月額500円で雑誌130誌以上と1000作品以上のマンガが読み放題


SoftBankが雑誌・マンガ見放題サービス「ブック放題」を提供!

ソフトバンクモバイルは11日、130誌以上の雑誌と1000作品以上のマンガが読み放題となる電子書籍サービス「ブック放題」をSoftBank向けスマートフォンおよびタブレットの利用者を対象に2015年6月下旬以降に提供開始すると発表しています。

利用料は月額500円(税抜)で、対応プラットフォームはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)以上およびiOS 7.0以降のSoftBankスマートフォン・タブレット、iPhone、iPad(一部機種を除く)。

利用方法はSoftBankの取扱店または「ブック放題」サイトより会員登録の上、サービスサイトにて閲覧します。主な雑誌は「PRESIDENT」や「週刊現代」、「nonno」、「DIME」、「Hanako」など、漫画では「海猿」や「イタズラなKiss」、「サラリーマン金太郎」などが提供されます。

続きを読む

LINE、スマホなど向け電子コミックサービス「LINE マンガ」のAndroidおよびiOS向けアプリのダウンロード数が1000万を突破!記念イラストメッセージを配信中


スマホなど向け漫画配信アプリ「LINE マンガ」が1000万DL突破!

LINE Corp.は6日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )と連携する電子コミックサービス「LINE マンガ」が2015年1月31日(土)時点でダウンロード(DL)数1000万件を達成したと発表しています。

利用料は無料で、対応OSはAndroidおよびiOS向けのアプリのほか、パソコン(PC)など向けWebブラウザーが提供されています。なお、DL数はAndroidおよびiOSの合計とのこと。

なお、今回1000万DLを達成したことを記念し、人気マンガ「ちはやふる」や「聖☆おにいさん SAINT☆YOUNG MEN」、「北斗の拳 イチゴ味」の漫画家などから計25点のイラストメッセージが提供されており、アプリやWebブラウザーから閲覧できるようになっています。

続きを読む

Amazon.co.jp、グランドジャンプなどのマンガ雑誌が毎号無料で読める「Kindle無料マンガ雑誌」を提供開始


ゼロから始めるスマートフォン

アマゾン ジャパンは7日、同社が運営する「Amazon.co.jp」にてマンガ雑誌が毎号無料で楽しめる新しいサービス「Kindle無料マンガ雑誌」( http://www.amazon.co.jp/KindleFreeManga )を2015年1月7日(水)より開始すると発表しています。

対象雑誌は「グランドジャンプ」および「マンガボックス」、「漫画アクション」、「コミック乱ツインズ」、「Comic ZERO-SUM」、「ほぼ月刊おためしガンガン」。紙版で連載されているタイトルの一部が対象コンテンツとして配信されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。