S-MAX

災害

もしも離島で災害が起きたら?第二管区海上保安本部と大手携帯電話3社が巡視艇で可搬基地局を運搬・設置する共同訓練を実施【レポート】

kunren01
海上保安庁の巡視艇を用いて可搬基地局の運搬訓練

東日本大震災以降、通信事業者の災害対策はこれまで以上に深く考えられるようになりました。海上保安庁とソフトバンクは2014年12月25日に、そしてNTTドコモとKDDI(au)とは2015年3月6日に「災害時における通信の確保のための相互協力に関する協定」を締結。

これにより、海上保安庁とこれら大手携帯電話会社3社が協力して災害により離島などでスマートフォン(スマホ)を含む携帯電話やタブレットなどの情報機器による通信ができない時、巡視艇などにより通信資機材を運搬するなどして、通信手段を確保することになっています。

海上保安庁で東北地区を管轄する第二管区海上保安本部がその一環として2回目となるこれらの3社との巡視艇を使った共同訓練を11月2日に実施しました。

昨年行われた前回の訓練では、巡視艇に可搬基地局など通信資機材を積載するだけの訓練でした。そこで出た課題を元に各社が改善を加え、今回は可搬基地局を積載した後実際巡視艇を出港させ、外洋に出た後再び港に戻ってきて、戻ってきた港を被災地と仮定した状況で、可搬基地局の設置作業を行う訓練を行いました。

訓練は3社順番に行われ、KDDIが9時から、NTTドコモが12時から、ソフトバンクが13時40分から訓練を行いました。今回は午前中に行われたKDDIの訓練を中心にレポートします。

続きを読む

NTTドコモの携帯電話サービスの要!品川ビルにある「ネットワークオペレーションセンター」の内部を見学ーー災害への取り組みを聞いてきた【レポート】


NTTドコモの東日本のネットワーク拠点となるネットワークオペレーションセンターを見学!

水や電気とともに、今や私たちの生活に欠かせない"ライフライン"のひとつといって過言はないスマートフォン(スマホ)を含む「携帯電話」。この携帯電話を快適に使用できるように、NTTドコモなどの移動通信体事業者(MNO)では日頃からこの携帯電話のネットワーク管理・制御を行なっています。

そんなネットワーク管理のキー拠点として、NTTドコモが同社の品川ビルに構えるのが「ネットワークオペレーションセンター」です。NTTドコモでは2016年9月5日(月)にこのオペレーションセンターのメディア向け見学会を開催。筆者も実際に参加してきましたので、オペレーションルームや地下に設置された自家発電システムなど、普段はまず踏み入ることができないエリアも見せてもらうことができたので、今回はそれらと見学で紹介された災害対策について紹介していきます。

続きを読む

日本放送協会、スマホなど向けアプリ「NHK ニュース・防災」を提供開始!AndroidやiPhoneなどに対応し、災害・気象情報だけでなく、普段から使える天気予報や雨雲確認なども


スマホなど向けアプリ「NHK ニュース・防災」がリリース!

日本放送協会(以下、NHK)は20日、スマートフォン(スマホ)など向け公式アプリ「NHK ニュース・防災」を提供開始したとお知らせしています。

利用料は無料。対応プラットフォームはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 8.0以降。災害情報や気象情報を掲載するほか、NHKが取材した最新ニュースやライブ映像などが配信されます。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、MVNOによる携帯電話サービス「UQ mobile」にて熊本地震の支援措置で月2GB(合計4GB)を追加!auでも10GB追加に加えて通信速度制限を撤廃


UQ mobileが熊本地震で月2GB(合計4GB)を追加!auも通信速度制限に

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は22日、同社がauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災した地域の契約者を対象に2016年4月末までと2016年5月末までにそれぞれ2GB(合計4GB)の追加データ容量を無償で提供するとお知らせしています。

MVNOでは、IIJmioやBIG SIM、イオンモバイル、DMM mobile、mineo、OCN モバイル ONEなどに続いての支援措置となります。

また、KDDIでは22日、すでにau向けに10GBの追加データ容量を無償提供していますが、NTTドコモやSoftBank、Y!mobileと同様に2016年4月30日までは契約プランのデータ容量を超過した場合でも通常速度でデータ通信を利用できるように通信速度制限の解除を順次実施すると発表しています。

続きを読む

NTTコミュニケーションズ、MVNOによる携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」にて熊本地震の支援措置で5GBを追加!各MNOにおける携帯電話サービスの障害情報もまとめ


OCNモバイルONEでも熊本地震で5GB追加!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は21日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」において熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災した地域の契約者を対象に2016年5月31日(火)まで利用できる5GBの追加データ容量を無償で提供するとお知らせしています。

対象はプリペイドを除く全コースで、申込は不要で対象利用者には自動適用され、2016年4月21日(木)より順次追加作業が実施されます。

熊本地震では、NTTドコモやSoftBank、Y!mobileがデータ容量を無制限(通信速度制限廃止)したほか、auでは10GB追加、IIJmioやBIG SIM、DMM mobile、イオンモバイル、mineoなどのMVNOでは2GB追加が実施されています。

続きを読む

熊本地震でSoftBankに続いてNTTドコモやY!mobileでも被災地の通信速度制限を4月30日まで撤廃!auでは月間データ通信量10GBプレゼント――各社の障害・復旧状況もまとめ


SoftBankに続いてdocomoやY!mobileでも熊本地震の被災地で通信速度制限が撤廃!auは10GBプレゼント

NTTドコモは18日、熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災した同社の携帯電話を利用している人を対象に2016年4月30日(土)まで月間で所定のデータ量を超えた場合でも追加データ量を購入せずに通常速度でデータ通信を利用できるようにしたとお知らせしています。

なお、現在、通信速度が低速化している場合についても準備ができ次第、速度制限を解除するとしています。対象はプリペイド式携帯電話を除くすべての機種および料金プランで、災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する場合。

また、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、同じく4月17日に同様の施策をSoftBank向けに実施することを発表していましたが、Y!mobile向けにも提供すると発表しています。なお、Y!mobileで快適モードを提供していない機種については、追加データ量を都度申込(無償)する必要があるとのこと。

さらに、KDDIは18日、NTTドコモやソフトバンクとは異なり、au向けに高速通信を利用できる月間データ量を10GB追加すると発表しています。また、災害救助法が適用された地域において4月14日以降にデータチャージを利用している場合にはその利用料金は発生しないということです。

続きを読む

ソフトバンク、熊本地震で被災地のSoftBank携帯電話における通信速度制限を4月30日まで撤廃!基地局復旧に加え、気球による無線中継システムを災害に初導入


ソフトバンクの熊本地震での災害支援措置をまとめ!

ソフトバンクは17日、熊本県を中心として4月14日より発生している最大震度7の一連の「熊本地震」を受けて被災したSoftBankの携帯電話を利用している人を対象に2016年4月30日(土)まで月間で所定のデータ量を超えた場合でも追加データ量を購入せずに通常速度でデータ通信を利用できるようにしたとお知らせしています。

なお、現在、通信速度が低速化している場合についても準備ができ次第、速度制限を解除するとしています。対象はプリペイド式携帯電話を除くすべての機種および料金プランで、災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する場合。

また、同社では地震に伴う停電および伝送路支障による基地局などのネットワーク設備への影響で熊本・大分の一部地域で携帯電話サービスが利用しづらい状況となってることを鑑み、被災地において初めて「係留気球無線中継システム」による臨時基地局を設置するなどの対策を行っています。

続きを読む

災害時に無料で使えるWi-Fiサービス「00000JAPAN」を試してみた!契約不要・事前設定不要で利用可能――ホテルやコンビニ、飲食店などで使えた【レポート】


shimajiro@mobiler

熊本地震の発生を受けて運用が開始された災害用の無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「00000JAPAN」は、NTTドコモおよびKDDi、ソフトバンクなどの携帯電話会社のWi-Fiサービスを契約していない場合でも"一切の事前準備不要"で無料でWi-Fiが利用可能だ。これにより、被災地やその周辺において災害に関する情報収集や安否情報の確認・登録などに活用することができる。

今回、筆者は最大震度7を記録した4月14日の地震の翌日4月15日の朝から福岡県内(主に博多など中心部)に滞在する機会があったので、実際に00000JAPANを試してみたので紹介する。

なお、00000JAPANが利用可能な施設などを調べて回ってみたところ、コンビニエンスストアや飲食店などでも00000JAPANが利用できるようになっていた。ただし、バックボーンは固定回線に限らず、モバイル回線をバックボーンとするスポットも少なくなかった。

続きを読む

熊本で4月16日未明から本震となるM7.3・震度6強の地震が再び!気象庁が4月14日の地震を前震に――固定電話含め利用しづらい状況、携帯電話は停波も深刻に


熊本地震がさらに続いて携帯電話と固定電話が利用しづらい状況!

気象庁は16日、熊本県で新たに2016年4月16日(土)1時26分頃に起きた熊本地方を震源とするM7.3・最大震度6強(深さ12km)の地震を今回の一連の「熊本地震」の本震であると発表しています。

先日4月14日21時26分に起きた最大震度7の地震はM6.5(深さ10Km)と規模としては小さいことから前震と見られるとし、新たに本震とされた地震の後も3時台や4時台にも最大震度5強や6強の余震が起きておりさらに「今後1週間は震度6弱程度の余震に注意して欲しい」と喚起しています。

なお、これらの地震を受けて携帯電話の基地局などの設備障害なども起きているようで高市早苗総務大臣が「携帯電話の停波も深刻な状況だ」と述べたほか、NTTドコモおよびau by KDDI、ソフトバンク(SoftBankおよびY!mobile)の各社が利用できないもしくは利用しづらい状況であるとお知らせしています。

続きを読む

熊本地震でMVNO含む各携帯電話会社が支援措置を実施!フリーWi-Fiや無料充電場所の提供、修理費軽減、支払期限延長など――通信障害も一部で発生


熊本地震で携帯電話会社が支援措置!被害が大きい益城町の地震前の衛星写真

NTTドコモやKDDI、ソフトバンクが4月14日に起きた熊本地震を受けて災害救助法の適用地域を対象に支援措置を提供することを発表しています。

主に公衆無線LANサービス「00000JAPAN」を無料提供しているほか、修理費軽減や支払期限延長などが実施されます。なお、災害救助法は4月15日の時点で熊本県内全45市町村。

また、これらの移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて提供している仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」や「イオンモバイル」などの一部サービスで災害地域に対して施策を発表しています。

その他、NTTドコモが熊本県上益城郡益城町と甲佐町の一部エリアで携帯電話サービスが利用しづらい状況となっており、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)でもWiMAXおよびWiMAX 2+サービスが熊本県の一部基地局で接続しづらい状況となっていると案内しています。

KDDIではauの一部基地局に影響があったものの他の基地局や設備でカバーできているとし、一部機種ではUQの状況のようにWiMAXおよびWiMAX 2+が利用しづらい状況だとしています。なお、ソフトバンクではSoftBankおよびY!mobileともに影響はないとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。