熊本地震がさらに続いて携帯電話と固定電話が利用しづらい状況!

気象庁は16日、熊本県で新たに2016年4月16日(土)1時26分頃に起きた熊本地方を震源とするM7.3・最大震度6強(深さ12km)の地震を今回の一連の「熊本地震」の本震であると発表しています。

先日4月14日21時26分に起きた最大震度7の地震はM6.5(深さ10Km)と規模としては小さいことから前震と見られるとし、新たに本震とされた地震の後も3時台や4時台にも最大震度5強や6強の余震が起きておりさらに「今後1週間は震度6弱程度の余震に注意して欲しい」と喚起しています。

なお、これらの地震を受けて携帯電話の基地局などの設備障害なども起きているようで高市早苗総務大臣が「携帯電話の停波も深刻な状況だ」と述べたほか、NTTドコモおよびau by KDDI、ソフトバンク(SoftBankおよびY!mobile)の各社が利用できないもしくは利用しづらい状況であるとお知らせしています。

続きを読む