S-MAX

犯罪

JR東日本、痴漢対策でスマホなど向けアプリで車掌へ通報できるシステムを実証実験!車内放送による注意喚起などの効果を調査


JR東日本が埼京線車内で痴漢を通報できるシステムを実験!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は4日、列車内で利用者が「痴漢」行為を受けた際にスマートフォン(スマホ)など向け専用アプリによって車掌へ通報するシステムの検討を進めており、その効果などを検証するために列車内で実証実験を行うと発表しています。

実験では列車内で痴漢行為を受けた利用者から車掌への通報を可能にして車内放送で注意喚起を図り、周囲の利用者に痴漢行為に気づいてもらうことで痴漢行為の抑制を図ることを目的として実施されるとのこと。

実際に効果を確かめるために2つのステップで実験が行われ、第1ステップは社員およびモニターが専用アプリのボタンを押し(通報タイミングはあらかじめ設定)、車掌が車内放送(試験)にて注意喚起して利用者によるまアンケートによる調査を行います。

また第2ステップでは第1ステップの結果を踏まえてモニターが専用アプリのボタンを押し(痴漢行為を受けたと認識した時)、車掌が車内放送にて注意喚起および最寄り駅の駅員と連携して対処し、その過程をモニターアンケートによって調査します。

実施時期および路線は第1ステップを2020年2月下旬から3月上旬(土休日は除く)の7:00頃から10:00頃にて痴漢行為が多く発生しているという埼京線車内(大宮駅〜新宿駅)、第2ステップは第1ステップの結果を踏まえて6月以降に同じく埼京線車内で実施予定となっています。

続きを読む

iPhoneのロック解除は特例でも回避できるバックドアは作らない!Apple CEOのティム・クック氏が公式声明を発表――FBIの捜査における米国での裁判所命令に従わないことを明示


AppleはiPhoneなどのロック解除には裏口を設けない方針!

Appleは16日(現地時間)、アメリカ(米国)の連邦捜査局(FBI)から「iPhone」のロック解除を迂回できるようにするバックドア(裏口)を用意するように求められており、適切なプライバシーおよびセキュリティーの範囲を超えているとしてこの要求に対する協力を命じる連邦裁判所に従わないと発表しています。

これは昨年12月2日に起きたカリフォルニア州サンバーナディーノで14人が殺害された銃乱射事件について実行犯とされるサイド・ファルーク容疑者が使ったiPhoneの暗号解除ができていないことを受けてFBIが裁判所を通じて要望していました。

続きを読む

LINE、LINE電話における電話番号偽装に対して「第三者による悪用は極めて困難」と説明!問題があった場合は個別対応に?


LINE電話における電話番号偽装に対して「第三者による悪用は極めて困難」と説明!

LINE Corp.は28日、同社が無料通話・無料メールサービスとして展開する「LINE(ライン)」において今月17日にAndroid版を先行提供開始した一般の固定電話や携帯電話に電話をかけられるIP電話サービス「LINE電話/LINE Call」( http://line.me/ja/call )について番号通知の仕組みを利用して番号偽装できることについて説明を公式ブログにて公開しています。

それによると、LINE電話は現状SMS認証を行ったアカウントのみで利用できるようになっており、SMS認証を利用しているため本来の電話番号の持ち主に気づかれずに、第3者が電話番号をなりすましたり、偽装をして悪用をする可能性および発生の頻度は極めて低く、現実的には極めて困難だという認識だということです。また、もちろん架空の電話番号を登録して利用することもできないとのこと。

ただし、現段階でも悪用されるリスクは非常に低いとしながらも、今後も引き続きユーザーの利用動向を見ながらさらなる技術的対応策についても検討していくとしています。

なお、個別の対応内容およびその方針については、セキュリティー上の理由により公開を控え、電話番号偽装問題に限らず、LINEなどを利用した犯罪への対応について、警察などの公的機関からの正当な要請に応じて、適宜行っているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。