S-MAX

画面割れ

【年末企画】2016年の私のガジェットを表す言葉は「壊」。サポートの有り難みを感じた1年を振り返る(主婦ライター・ちえ編)


今年の"買った"ではなく"壊した"スマホなどを一挙に紹介!

こんにちは、最近は子育てで慌ただしく過ごしている2児の母親で主婦ライターのちえです。今回、毎年恒例の「年末企画」ということで、筆者の今年のモバイル関連について1年を振り返っていきたいと思います。

今年は先に公開されているえどさんと同じくあまりスマートフォン(スマホ)を購入することはありませんでしたが、これまでになくスマホを壊した1年となりました。そのため、大手携帯電話会社(以下、キャリア)やメーカーのサポートを経験して思うところもありましたので、それらを含めて紹介していきます。

続きを読む

Apple、新スマホ「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の保証サービス「Apple Care+」や保証対象外修理価格を公開!画面割れなら保証で3400円と大幅値下げ、保証外でも1万4800円に


AppleがiPhone 7やiPhone 7 Plusの画面割れなどの修理価格を公開!

日本でもNTTドコモauSoftBankApple(SIMフリー版)が2016年9月16日(金)に発売される新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」。すでに各社では昨日9月9日16時1分から事前予約受付を実施しています。

予約時でもApple StoreのSIMフリー版では注文になるので保証サービス「Apple Care+ for iPhone」に入るかどうか迷うところ。予約・注文の流れの中でもiPhone 7とiPhone 7 PlusのApple Care+ for iPhoneが14,800円(価格は記載がない限りはすべて税抜)であることが案内されます。

一方、Appleの公式WebサイトにはApple Care+ for iPhoneに加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。

例えば、Apple Care+ for iPhoneに未加入の場合における保証対象外の画面割れならiPhone 7で12,800円、iPhone 7 Plusで14,800円の修理代金がかかります。これがApple Care+ for iPhoneに加入していれば、ともに3,400円になります。

Apple Care+ for iPhoneは2年間保証されるため、金額的には2年間で1回だけ画面を割るくらいなら加入してないほうが割安になりそうですが、画面だけでなく画面およびその他の損傷に含まれた場合は未加入時はiPhone 7で32,000円、iPhone 7 Plusで34,800円と高額になります。

また、画面以外のバッテリーなどの問題もあるため、やはり防水・防塵に対応したとはいえ、できればApple Care+ for iPhoneや、それと同等のサービスが受けられるNTTドコモやau by KDDI、SoftBankの各社独自の保証サービスには加入しておきたいところです。

続きを読む

来年のiPhoneは割れにくい画面になる?2017年モデルは有機ELで画面全体を振動させてフィードバックが得られるなどの新技術が導入か――今年のiPhone 7シリーズはマイナーチェンジに


次期iPadやiPhoneの画面が割れにくくなる!?タッチパネルに新技術を導入か

来年に10周年を迎えるiPhoneシリーズ。そのため、今年の2016年モデルとして噂されている「iPhone 7」(仮称)シリーズは既存の「iPhone 6」シリーズや「iPhone 6s」シリーズと外観やサイズなどがほぼ同じで、スペックアップなどを中心にした小幅な変更に留まると予想されています。

一方で、来年の2017年モデルとして噂されている「iPhone 8」(仮称)シリーズはホームボタンが廃止され、有機ELの全画面デザインに一新されるなどの大幅な変更になるとされていますが、新たにAppleの特許情報に詳しい「Patently Apple」では割れにくい新素材の画面を採用するのではないかと伝えています。

iPhone 6sシリーズで導入された感圧機能「3D Touch」などの技術を提供する部品供給メーカーのTPKが現在用いられているITO(酸化インジウムスズ)エッチング式投影型は折り曲げに弱いことが課題となっており、TPKの社長兼CEOを務めるMichael Chung氏が「より柔軟性のあるフレキシブルな銀ナノワイヤー導電フィルムを用いたタッチパネルの導入準備をしている」とレポート。

同氏はこの技術が「2年後、遅くとも3〜5年語にタッチパネルの主流になる」と予測し、「TPKの顧客が2016年後半にこの技術を用いたハイエンド製品を投入する予定である」と示しており、記事ではこれが次期iPadシリーズであり、2017年のiPhone 8シリーズにも用いられるのではないかとしています。

銀ナノワイヤー導電フィルムについてはPatently Appleでは1年前の2015年5月にもアジアからの情報としてiPadの2016年モデルに採用するために同技術を採用したタッチパネルディスプレイをLGやSamsung、JDIといった主要ディスプレイメーカーに試作品を求めたとし、採用することでタッチ操作の感覚を高め、コスト削減を行え、さらに画面割れにも強くなると伝えています。

続きを読む

Apple、iPhone 6sやiPhone 6s Plusの保証対象外修理価格を公開!画面割れならiPhone 6sで1万4800円、iPhone 6s Plusで1万6800円に


iPhone 6sと6s Plusはちょいちょい高くなってますね

Appleが新しく9月25日に発売するスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」の画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格を公式Webページにて公開しています。

すでにiPhone 6sとiPhone 6s Plusの補償サービス「AppleCare+ for iPhone」が14,800円(税抜)に値上げされていることを紹介しましたが、このAppleCare+ for iPhoneに入っていない場合の修理代金も従来の機種よりも高くなっています。

続きを読む

落下でガラスが割れた!最新エクスペリアスマホ「Xperia Z3 SOL26」の悲惨な姿をご覧下さいーー安心ケータイサポートプラスで翌日交換【レポート】

背面のガラスがズタボロに……。

発売から約2ヶ月が経ったau向けのソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z3 SOL26」(以下、SOL26)。SOL26は側面のメタルフレームと前面および背面にガラスを採用した「オムニバランスデザイン」が特徴だ。

このSOL26はガラスの滑りやすさとズッシリとくる重さが気になっていたのだが、ある日、SOL26は筆者の手を滑ってアスファルトに落下してしまった。今回はこのSOL26の悲惨な姿と修理対応の選択についてまとめてみた。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。