S-MAX

発売日

オッポジャパンが最新SIMフリースマホ「OPPO R15 Pro」「OPPO R15 Neo」の体験イベントを東京と大阪で開催!両機種の取り扱いMVNOに新たにIIJが追加


OPPO Japanが東京と大阪で最新モデル「OPPO R15 Pro」「OPPO R15 Neo」の体験イベントを開催!

既報通り、オッポジャパンが日本市場向けにSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」(以下、R15 Pro)および「OPPO R15 Neo」(以下、R15 Neo)を発売する。

現在案内されている発売日は、R15 Neoの4GB RAMモデルが2018年8月31日(金)、3GB RAMモデルが2018年9月7日(金)、R15 Proが9月の中旬~下旬とのこと。メーカー希望小売価格(金額はすべて税抜)はR15 Neoの4GB RAMモデルが29,880円、3GB RAMモデルが25,880円、R16 Proが69,800円だ。

このうちR15 Neo 4GB RAMモデルの発売日に合わせる形で、8月31日(金)~9月2日(日)の3日間、東京と大阪で体験イベントを開催する。会場はヨドバシカメラマルチメディアAkibaとヨドバシカメラマルチメディア梅田の2店舗で、時間は9:30~22:00となっている。

続きを読む

オッポの最新SIMフリースマホ「OPPO R15 Pro」と「OPPO R15 Neo」は何が違う?おサイフケータイ、防水、指紋認証、カメラなどの主な機能を比較【レポート】


OPPO Japanが発売する最新モデル「R15 Pro」と「R15 Neo」の違いを確認!

既報通り、オッポジャパンは22日、都内にて「OPPO Japan 新製品記者発表会」を開催し、事前に日本市場向けに発売すると発表していたSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」(以下、R15 Pro)および「OPPO R15 Neo」(以下、R15 Neo)について詳細を説明し、発売時期や価格などを案内した。

発表会場ではタッチ&トライのコーナーも設置しており、実機を試すことができた。それぞれの機種のレポートは以下から。
おサイフケータイや防水、DSDVに対応したSIMフリースマホ「OPPO R15 Pro」を写真と動画で紹介!オッポの“カメラフォン”が日本仕様を積極採用【レポート】

オッポの高コスパなSIMフリースマホ「OPPO R15 Neo」を写真と動画で紹介!縦長画面やデュアルカメラ、大容量バッテリーなどで2万円台からに【レポート】

R15 Proは、日本でニーズが高い機能として「おサイフケータイ(FeliCa)」や「防水(IPX7準拠)」に対応したハイスペックモデルだ。チップセットにQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 660」を採用し、内蔵メモリー(RAM)は6GB、内蔵ストレージは128GB、ディスプレイは約6.28インチFHD+(1080×2280ドット)有機ELを搭載する。発売時期は、2018年9月中旬~下旬で、税抜き価格は69,880円。

一方のR15 Neoは“ハイコストパフォーマンスモデル”という位置付けで、おサイフケータイや防水には非対応の廉価モデル。チップセットにQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 450」を採用し、RAMが3GBと4GBの2モデルを用意する。いずれも内蔵ストレージは64GB、ディスプレイは約6.2インチHD+(720×1520ドット)TFT液晶を搭載する。

3GB RAMモデルが2018年9月7日(金)発売予定で税抜き価格は25,880円、4GB RAMモデルが2018年8月31日(金)発売予定で税抜き価格は29,880円となる。本記事ではこれらのR15 ProとR15 Neoを発表会で実際に体験した上で、その違いをまとめていく。

続きを読む

オッポの高コスパなSIMフリースマホ「OPPO R15 Neo」を写真と動画で紹介!縦長画面やデュアルカメラ、大容量バッテリーなどで2万円台からに【レポート】


ハイコストパフォーマンススマホ「OPPO R15 Neo」を写真と動画で紹介!

既報通り、オッポジャパンは22日、都内にて「OPPO Japan 新製品記者発表会」を開催し、事前に日本市場向けに発売すると発表していたSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」(以下、R15 Pro)および「OPPO R15 Neo」(以下、R15 Neo)について詳細を説明し、発売時期や価格などを案内した。

発表会場ではタッチ&トライのコーナーも設置しており、実機を試すことができたので、今回はこれらの2機種のうちのR15 Neoについて写真と動画でレポートする。

R15 Neoは“ハイコストパフォーマンスモデル”という位置付けで、ノッチ(切り抜き)デザインを採用した6.2インチの大画面ディスプレイや4230mAhの大容量バッテリー、デュアルカメラなどを搭載し、トリプルスロットのDSDV(デュアルSIM・ デュアルVoLTE)対応などのスペックを保ちつつ、本体価格を2万円台に抑えたSIMフリースマホだ。

内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの違いで2種類が用意され、価格(税抜)および発売日は3GB RAM+64GBストレージモデルが25,880円および2018年9月7日(金)、4GB RAM+64GBストレージモデルが29,880円および2018年8月31日(金)だ。いずれもAmazon.co.jp、ビックカメラグループ、ノジマ、ヨドバシカメラで取り扱う。

続きを読む

オッポがSIMフリースマホ「OPPO R15 Pro」と「OPPO R15 Neo」の価格や発売時期を案内!発表会では年内にさらに2機種以上の投入計画も明らかに


OPPO JapanがSIMフリースマホ「R15 Pro」と「R15 Neo」の発表会を開催!

オッポジャパンは22日、都内にて「OPPO Japan 新製品記者発表会」を開催し、事前に日本市場向けに発売すると発表していたSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」および「OPPO R15 Neo」(ともにOPPO Mobile Telecommunications製)について価格や発売時期などの詳細を説明を案内しました。

おサイフケータイ(FeliCa)や防水(IPX7準拠)に対応するOPPO R15 Proは発売時期が2018年9月中旬、価格(すべて税抜)が69,800円となっており、ヨドバシカメラなどの一部量販店では販売開始日が2018年9月21日(金)と案内されています。

一方、OPPO R15 Neoは内蔵メモリー(RAM)の違いで2種類が用意され、価格および発売日は3GB RAMモデルが25,880円および2018年9月7日(金)、4GB RAMモデルが29,880円および2018年8月31日(金)となっています。

販売拠点はいずれもAmazon.co.jpやビックカメラグループ、ノジマ、ヨドバシカメラで取り扱うとのこと。また今後、仮想移動体通信事業者(MVNO)からも順次取り扱われる見込みだということです。

さらに発表会では日本市場にて「年内に少なくとも2機種以上投入」する計画が明らかにされました。同社はすでに海外にてプレミアムスマホ「OPPO Find X」やOPPO R15シリーズの後継となるフラッグシップスマホ「OPPO R17」シリーズが発表されており、発表会でもこのうちのOPPO Find Xについては「ご期待ください」と発売への含みを持たせた回答をしていました。

続きを読む

MAYA SYSTEM、日本初のクラウドSIM搭載のSIMフリースマホ「jetfone」を8月28日に発売!価格は約4万円で、世界100以上の国・地域で利用可能


クラウドSIM搭載の世界スマホ「jetfone」が8月28日発売!

MAYA SYSTEMは17日、日本初となる「クラウドSIM」に対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「jetfon」を2018年8月28日(火)に発売すると発表しています。すでに8月1日より予約受付を実施しており、価格は39,800円(税抜)。

クラウドSIMはオンライン上にある世界各国で使えるSIMカード情報をネットワーク経由でスマホのeSIMに書き換えることによってSIMカードを差し替えることなく使えるようになる仕組みで、jetfoneでは世界100以上の国・地域で通信が可能です。

これまで8月中に発売予定と案内されていましたが、正式に発売日が発表されました。jetfone本体は8月28日10時より、jetfon純正アクセサリー(ACアダプター+USBケーブルセット、保護フィルム+本体ケースセット)は9月中旬に販売予定だということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。