S-MAX

発売日

ファーウェイ、2万円台でAIカメラとしずく型ノッチのフルビューディスプレイを搭載したエントリー向けSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」を発表!2月1日発売で、MVNOではさらに割引も


低価格なSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」が登場!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は30日、事前の予告通りに新しい低価格なエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 3(型番:POT-LX2J)」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売日は2019年2月1日(金)より順次で、価格はオープンながら希望小売価格が税抜26,880円(税込29,030円)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の「gooSimSeller」(NTTレゾナント)や「楽天モバイル」(楽天)、「mineo」(ケイ・オプティコム)、「エキサイトモバイル」(エキサイト)、「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)、「DMMモバイル」(DMM.com)、「LINE mobile」(LINEモバイル)、「LinksMate」(LogicLinks)、「イオンモバイル」(イオンリテール)、「QTmobile」(QTnet)など。

このうちすでに楽天モバイルやエキサイトモバイル、mineoなどでは取り扱いおよび価格が案内されており、例えば、楽天モバイルではSIMカードとセットとなる新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更(店頭)では税別26,880円、機種変更(オンライン)では税別24,192円、エキサイトモバイルでは税抜23,400円、mineoでは税別24,000円となっています。

なお、ファーウェイ・ジャパンではHUAWEI nova lite 3の購入者限定特典としてで独自アプリストア「AppGallery」から「エレメンタルナイツ」をダウンロードした場合に1,500円相当のギフトコードを、「Cut the Rope」をダウンロードした場合に起動してから24時間すべてのステージを無料で遊べる権利と10,000コインを全員にプレゼントするということです。

続きを読む

auとUQから1Gbps超の国内最速下り最大1237Mbpsに対応したモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」とホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」が発表!1月25日発売で、東京・埼玉の一部で提供


auとUQからモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」とホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は24日、携帯電話サービス「au」向けに日本国内で最速となる下り(受信時)最大1237Mbpsに対応したモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」およびホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」(ともにHuawei Technologies製)を発表しています。

両機種ともに2019年1月25日(金)に発売され、販売拠点はauショップや量販店などのau取扱店で、同日より下り最大1237Mbpsのサービスを提供開始します。なお、モバイル通信において国内で初めて下り最大1Gbpsを超えるサービスとなります。

またau公式アクセサリー「au +1 collection」からSpeed Wi-Fi NEXT W06を保護するケースや保護フィルムを2019年3月以降順次発売するとのこと。アクセサリーはau取扱店の店舗に加えて、公式Webストア「au Online Shop」で販売される予定。

一方、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は24日、高速データ通信サービス「WiMAX 2+」向けに同じく下り(受信時)最大1237Mbpsに対応したSpeed Wi-Fi NEXT W06とSpeed Wi-Fi HOME L02を1月25日に発売すると発表しています。販売拠点はUQ取扱店や公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」、公式Webサイト内機種変更受付ページ、仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われます。

価格は両機種ともに2〜4年の定期契約における新規契約では3,800円(税込)となっており、機種変更の場合はWiMAXからとなる「おトクに機種変更」では0円、WiMAX 2+からでは現在契約している機種の利用期間によって2,000円〜20,000円を予定しているとのこと。

さらにauではすでにUQのWiMAX 2+向けに販売されているモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」およびホームルーター「WiMAX HOME 01」(ともにNECプラットフォームズ製)も2019年4月上旬に発売予定だとしおり、詳細な発売日や価格は別途案内するということです。

続きを読む

UQ mobileが初心者向け「おてがるスマホ01」が発表!2月7日発売で、価格は本体代3万6828円の実質2万1276円。5インチFHD液晶やS430、3GB RAM、防水・防塵・耐衝撃など


UQモバイルから初心者向け「おてがるスマホ01」が登場!2月7日発売

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は21日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )向けに新しく初心者用のスマートフォン(スマホ)「おてがるスマホ01」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2019年2月7日(木)を予定しており、UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭および公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」にて順次取り扱いを開始するとしています。

価格(税込)はUQモバイルオンラインショップでは本体代36,828円(分割初回2,052円+1,512円/月×23回)で、おしゃべりプランおよびぴったりプランにおけるマンスリー割が-648円/月×24回(総額-15,552円)なので実質負担額では21,276円(分割初回1,404円+864円/月×23回)となっています。

続きを読む

ウイコウ・ジャパン、約1.5万円と低価格なSIMフリースマホ「Wiko Tommy 3 Plus」を発表!1月下旬発売で、5.45インチHD+液晶と小さめサイズでDSDV+microSDカードに対応


エントリー向けSIMフリースマホ「Wiko Tommy 3 Plus」が発売!

ウイコウ・ジャパンは18日、フランス発メーカー「Wiko」ブランドの日本市場向け第3弾として縦横比9:18の縦長な約5.45インチHD+(720×1440ドット)IPS液晶(約295ppi)を搭載した低価格なエントリークラスのSIMフリースマートフォン(スマホ)「Wiko Tommy 3 Plus(型番:W-V600)」を2019年1月下旬に発売すると発表しています。

すでに同日より予約販売を開始しており、価格はオープンながら市場想定価格は税抜14,800円(税込15,984円)を予定し、Amazon.co.jp内にある直販「Wikoモバイルダイレクトストアのストア」で購入した場合には先着100人に純正のスマートフォリオケース(日本発売未定)をプレゼントするとのこと。

販路は直販以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)を予定しており、すでに各所で予約が開始されていて、ヨドバシ.comでは税抜14,796円(税込15,980円)の13%(2,078ポイント)還元、ビックカメラ.comでは税抜14,800円(税込15,984円)の10%(1,598ポイント)還元などとなっています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」を1月18日に発売!価格は本体代8万2080円で、ダブルノッチ採用で片手操作しやすく


SoftBankスマホ「AQUOS R2 compact」が1月18日発売!

ソフトバンクは15日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018-2019 冬春モデル」のうちの約5.2インチFHD+(1080×2280ドット)ハイスピードIGZO液晶を搭載したAndroid 9(開発コード名:Pie)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 compact(型番:803SH)」(シャープ製)を2019年1月18日(金)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体代が一括82,080円、分割なら3,420円/月×24回または1,710円/月×48回となっています。

また月月割が付く場合には-2,140円/月×24回(総額-51,360円)の実質30,720円(分割1,280円/月×24回)となっているほか、48回払いでは「半額サポート」の対象で実質41,040円(分割1,710円/月×24回)となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。