S-MAX

発売日

モトローラがSIMフリースマホを6月7日に発売!価格はmoto g7 plusが4万1904円、moto g7が3万3264円、moto g7 powerが2万7864円


SIMフリースマホ「moto g7 plus」や「moto g7」、「moto g7 power」が6月7日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは30日、都内にて「スマートフォン新製品発表会」を開催し、購入しやすい価格帯におけるエントリー向け「moto g」シリーズの新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g7 plus」および「moto g7」、「moto g7 power」(ともにMotorola Mobility製)を日本にて2019年6月7日(金)に発売すると発表しています。

価格(税抜、カッコ内は税込)はオープンながら希望小売価格およびモトローラ公式オンラインストアではmoto g7 plusが38,800円(41,904円)、moto g7が30,800円(33,264円)、moto g7 powerが25,800円(27,864円)となっています。

販路は公式オンラインストアのほか、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)からそれぞれ販売され、MVNOのうちではgooSimsellerにて「OCN モバイル ONE」の音声SIMとセットでmoto g7 plusが18,800円(20,304円)、moto g7が11,800円(12,744円)、moto g7 powerが7,800円(8,424円)で発売記念特価として6月24日(月)11時まで販売されます。

申込は6月5日(水)11時からでさらにmoto g7シリーズが2,000円引きになるクーポンや購入した場合に1,000円分のAmazonギフト券が当たる「もっともっと g moto(地元)キャンペーン」も実施されます。なお、クーポンの利用には回数制限はないとのこと。

モトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス社長がダーツで47都道府県を抽選し、当選した都道府県のクーポンを適用して購入した人とその都道府県を発送先として購入した人に1,000円分のAmazonギフトがプレゼントされます。

続きを読む

TAKUMI JAPAN、Xiaomi出資のゲーミングスマホ「Black Shark 2」(JAPANモデル正式版)を6月7日に発売!価格は10万7870円。技適取得や対応周波数帯などで日本仕様


シャオミ系のハイエンドゲーミングスマホ「Black Shark 2」がついに日本で発売!

TAKUMI JAPANは29日、Xiaomi Technology(以下、シャオミ)傘下のBlack Shark Technologies製ゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(SIMフリー版JAPANモデル)および専用アクセサリーを2019年6月7日(金)に発売すると発表しています。価格はオープンながらメーカー希望小売価格が税別99,880円(税込107,870円)。

JAPANモデルは携帯電話ネットワークの対応周波数帯を日本向けに変更しているほか、日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適」)を取得しているとのことで、内蔵メモリー(RAM)は12GB、内蔵ストレージは256GBとなっています。

すでに発売に先立って先行予約販売を実施しており、予約購入した場合に先着3000人限定で専用ゲームパッドとプロテクター(合計約15,000円相当)を無料でプレゼントするとのこと。なお、販路は公式Webストア「KAZUNA eSHOP」( http://www.kazunashop.com/ )のほか、ヨドバシカメラやビックカメラグループ、Amazon.co.jpなどとなっています。

続きを読む

Apple、新しいポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch(第7世代)」を発表!すでに販売開始され、価格は2万3544円から。性能2倍で256GBもあり


アップルの携帯音楽プレイヤー「iPod touch(第7世代)」が登場!

Appleは28日(現地時間)、ポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズの新製品「新しいiPod touch(以下、iPod touch 第7世代)」を発表しています。すでに同社の公式Webサイト内にあるオンラインショップおよび専用iOSアプリ「Apple Store」では注文を受け付けており、最短でのお届けは2019年5月30日(木)となっています。

新たにチップセット(SoC)が「iPhone 7」シリーズに搭載されている「Apple A10 Fusion」となって処理性能が高速化かつ省電力化され、iPodとしては初めてAR(拡張現実)やグループFaceTime機能に対応し、新たに256GBモデルも用意され、本体カラーはシルバーおよびスペースグレイ、ゴールド、ブルー、ピンク、(PRODUCT)REDの6色展開となりました。

価格(税抜、カッコ内は税込)は日本では32GBモデルが21,800円(23,544円)、128GBモデルが32,800円(35,424円)、256GBモデルが43,800円(47,304円)で、それぞれテクニカルサポートが2年間に延長されるなどする有償サポート「AppleCare+」が6,400円(6,912円)となっています。

なお、販路は直営店「Apple Store」などの店頭でも今週後半より販売を開始するということです。アメリカでは199ドル(約22,000円)からという価格設定となっており、日本での価格もほぼ為替通りとなっていますし、2015年に発売された前機種「iPod touch 第6世代」から4年ぶりの新機種なので待ちに待ったという人も多いのではないでしょうか。

続きを読む

MAYA SYSTEMがクラウドSIMを採用したスマートフォン「FREETEL P6」を特別価格で提供するキャンペーンを実施!「OCN モバイル ONE」とのセット購入で本体価格が980円に


FREETEL P6が特別価格でお買い得に!

MAYA SYSTEMは22日、FREETEL(フリーテル)ブランドでは初となる「クラウドSIMテクノロジー」を搭載したスマートフォン「FREETEL P6」を 、FREETEL公式 WEBサイト限定商品として、2019年5月30日(木)に発売すると発表した。同時に、早期購入者限定として、FREETEL P6を特別価格980円(税抜)で提供するキャンペーンの詳細も発表した。

FREETEL P6は、世界100以上の国と地域でデータ通信が可能な「クラウドSIM」を採用したエントリーモデルのスマートフォンで、MAYA SYSTEMは今月13日に、別ブランドの「jetfon P6」と共に、FREETEL P6を発売することを発表していた。

jetfon P6とFREETEL P6の仕様は同等。異なる2つのブランドで展開することで、クラウドSIM搭載デバイスの普及を狙う。

今回のキャンペーンは、FREETEL公式 WEBサイトにて「OCN モバイル ONE」音声対応SIMを契約すると、FREETEL P6が980円(税抜)で購入できるというもの。

続きを読む

ファーウェイの最新SIMフリースマホ「P30」と「P30 lite」の価格やキャンペーンをまとめてチェック!公式楽天市場店やアマゾンではスマートバンド「Band 3」シリーズをプレゼント


SIMフリースマホ「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」はどこがお買い得?

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は21日、新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30」および「HUAWEI P30 lite」を5月24日(金)に発売すると発表しています。市場想定価格(税抜/カッコ内は税込)はHUAWEI P30が77,880円(84,110円)、HUAWEI P30 liteが32,880円(35,510円)。

販路は両機種ともにファーウェイ楽天市場店に加えて、仮想移動体通信事業者(MVNO)および量販店、ECサイトとなっており、HUAWEI P30 liteについてはワイモバイルUQ mobileからも発売されるほか、内蔵ストレージが128GBに増量された「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」がauから販売される予定です。

すでにファーウェイ楽天市場店やAmazon.co.jpなどのECサイトや量販店、一部のMVNOでは予約販売を開始していますので今回はHUAWEI P30およびHUAWEI P30 liteの価格やキャンペーンをまとめて紹介します。なお、価格やキャンペーンは分かり次第、随時追加・更新したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。