富士山頂のLTEエリア化を実施!画像はGoogle Earthで見た富士山

今年も富士山の山開きが2014年7月1日(火)に開始された。これにより、昨年に引き続き、携帯電話大手3社が御来光写真の送信やSNSの利用など、スマートフォンや携帯電話の利用が多く見込まれる富士山の開山時期に合わせ、富士山頂における通信エリアの拡充を行う。

まず、NTTドコモは富士山頂および山小屋において7月10日(木)から9月上旬まで下り最大75MbpsのLTE(Xi)エリア化を行う。ただし、登山口や登山道は順次下り最大150Mbpsに高速化する予定だとのことだ。

また、KDDIは富士山頂のLTE(au 4G LTE)エリア化を行い、対策期間は7月4日(金)から9月上旬までで、7月中旬からは受信最大150Mbpsの高速通信を山頂で利用できる予定。

今年は、山小屋や休憩所などの建物内についても、オーナーの協力のもと、中継装置を設置して、エリア品質の拡充を行うとのこと。なお、登山口・登山道については、1年を通じて4G LTE通信の利用が可能。

さらに、ソフトバンクモバイルも富士山頂および山小屋において7月10日(木)から8月下旬まで下り最大112.5MbpsのLTE(SoftBank 4G LTE)エリア化を行う。ただし、利用開始日および終了日は前後する場合があると案内している。

続きを読む