S-MAX

羽田空港

JALが羽田空港でアナウンスや手荷物受託方法、保安検査場の待ち時間などの付加情報をスマホで確認できる実証実験を実施!LinkRayアプリとおもてなしガイドアプリを利用


JALが羽田空港で実証実験!スマホでアナウンスなどを文字で確認可能に

日本航空(以下、JAL)は19日、パナソニック システムソリューションズジャパンの協力によって新技術「光ID」を用いて情報を伝える「LinkRay」アプリとヤマハが提供する音のICT化技術「SoundUD」を用いて情報を伝える「おもてなしガイド」アプリを活用した世界初の実証実験を実施します。

実験では光と音の新技術を活用してアナウンスの内容を文字化し、さらに手荷物受託方法や保安検査場の待ち時間などその他の付加情報をスマートフォン(スマホ)など向けアプリで確認できるようにするとのこと。

各種情報はサウンドファンが提供する「ミライスピーカー」から出力された音声トリガーによって複数台のデジタルサイネージの表示内容を同時に変更することができるため、空港スタッフの案内業務が効率的に行えるようになるということです。

期間は2018年7月20日(金)~8月17日(金)までで、場所は羽田空港国内線第1旅客ターミナル南ウイング JAL手荷物受託カウンター。対応OSはLinkRayアプリがAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以上およびiOS 8.0以降、おもてなしガイドアプリがAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以上およびiOS 9.0以降。

続きを読む

訪日外国人向けの観光用「ロボホン」レンタルサービスを羽田空港国際線ターミナルでスタート!レンタルは観光客だけではなく誰でもOK【レポート】


観光案内をするロボホンのレンタルサービスをスタート!

京浜急行電鉄、シャープ、ビジョン、フューブライト・コミュニケーションズは22日、都内にて「コミュニケーションロボット『ロボホン』を活用したインバウンド向け観光サービスに関する発表会」を開催し、日本初の多言語観光ガイドを行うコミュニケーションロボットレンタルサービスを2017年4月25日(火)より開始することを発表した。

このサービスは訪日外国人観光客向けに英語・中国語に対応したシャープが開発・販売する「RoBoHoN(ロボホン)」をビジョンが展開する「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」でレンタルし、ロボホンを通じて日本文化に触れ合って思い出作りをするというコンセプトだ。

ロボホンは「ロボてなし」アプリで、位置情報からオススメのスポットや写真撮影などを案内する。ロボホン本体のレンタル料金は24時間で1,500円、48時間で3,000円、72時間で4,000円、以降12時間ごとに500円(すべて税抜)としている(Wi-Fiルーターのレンタル料金は別)。

グローバルWiFi羽田空港店カウンターでは、ロボホンのプラモデルなどのお土産も販売。日本人向けにもロボホンのレンタル・販売も行う。今回はこの新サービス発表会をレポートしたいと思う。

続きを読む

羽田空港で買えるプリペイドSIMカードまとめ!年末年始に日本に一時帰国する人や訪日外国人など向け――24時間営業のコンビニでも購入可能


shimajiro@mobiler

年末年始に海外から日本に一時帰国する人や訪日外国人など向けに羽田空港で購入可能な日本で利用可能な「プリペイドSIMカード」をまとめて紹介する。なお、販売価格およびSIMカード容量などの情報は2015年12月26日時点で調査委したもの。

一方、成田空港で購入可能なプリペイドSIMカードについても「成田空港で買えるプリペイドSIMカードまとめ!年末年始に日本に一時帰国する人や訪日外国人など向け――Y!mobileの音声対応SIMもあり - S-MAX」にてまとめているので参照して欲しい。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、高速データ通信サービス「WiMAX 2+」を成田国際空港および羽田空港にてエリア整備完了


UQのWiMAX 2+が成田国際空港および羽田空港で使えるように!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は26日、全国各地にてエリア拡大を進めている高速データ通信サービス「WiMAX 2+」を成田国際空港の第一ターミナルおよび第二ターミナル、東京国際空港(羽田空港)の国内線第1・第2旅客ターミナルおよび国際線旅客ターミナルにおいてエリア整備が完了して利用できるようになったと発表しています。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では昨年10月に羽田空港でWiMAX 2+が利用できるようになっていたことを紹介していましたが、一部のみだったようで、今回、各空港にてエリア整備が完了しています。これにより、各空港内でより高速で快適なインターネット通信が可能となります。

続きを読む

UQコミュニケーションズの高速モバイル通信サービス「WiMAX 2+」が羽田空港国際線ターミナルでも利用可能になっていた【レポート】


shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズが展開している下り最大110Mbpsの高速モバイル通信サービス「WiMAX 2+」。昨年10月にサービスが開始され、現在ではauのスマートフォン(スマホ)などでも対応している製品があり、9月に発売された話題のスマホ「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」でも利用できるようになっている。

通信網としてはまだサービス開始から間もない部類に入るためエリアも拡大中で、日々使えなかったところが使えるようになっていたりしている。

今回、海外旅行に行く際に東京・羽田空港国際線ターミナルでWiMAX 2+が利用可能となっていたのでその模様を紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。