S-MAX

自動車

スマホアプリで運転診断するとスコアに応じて最大20%の自動車保険割引が受けられる!損保ジャパン日本興亜の「安全運転割引」が提供開始


ゼロから始めるスマートフォン

損害保険ジャパン日本興亜は21日、国内初のスマートフォン(スマホ)などアプリと連動した自動車保険割り引き「安全運転割引」を2017年8月21日(月)より導入開始すると発表しています。

安全運転割引は、専用アプリの運転診断結果に応じて自動車保険料を割引するサービスで、対象は初めて自動車保険を契約する人、または2台目以降の車を購入して自動車保険の契約が増える人で、6(S)等級または7(S)等級となる場合。

対象者が自動車保険契約前にレンタカーや家族の車などで専用アプリの運転診断を一定期間実施すると、診断結果に応じて最大20%保険料が割引かれるということです。対応OSはAndroidおよびiPhoneなどのiOSのみ。

続きを読む

陽が落ちたらプロジェクションマッピングもオススメ!東京モーターショー2015を公式スマホアプリ「TMS Mobile」で楽しもうーー西1-4ホール編【レポート】

第44回東京モーターショー2015が開催!

日本自動車工業会は10月29日(木)より東京ビッグサイトにて自動車および自動車関連サービスが一堂に会する展示会「第44回東京モーターショー2015」(以下、モーターショー)を開催。展示車両にはワールドプレミアとなる76台、ジャパンプレミアとなる68台も含まれる。11日間の会期も本日8日で幕を閉じようとしている。

今回のモーターショーから初のAndroid OSやiOS向け公式モバイルアプリ「TMS Mobile」が登場した。このアプリはモーターショーのブースガイドだけではない。広いビッグサイト内でも行きたいブースへのナビゲーション、混雑状況、さらに会場内のグルメ情報など役立つ機能が満載だ。今回は、このアプリでもチェックして欲しい西ホールの展示を写真で紹介していく。

続きを読む

トヨタやレクサス、BMWのコンセプトカー集結!東京モーターショー2015を公式スマホアプリ「TMS Mobile」で楽しもうーー東4-6ホール編【レポート】

トヨタやレクサス、BMWのコンセプトカーがいっぱい!

日本自動車工業会は10月29日(木)より東京ビッグサイトにて自動車および自動車関連サービスが一堂に会する展示会「第44回東京モーターショー2015」(以下、モーターショー)を開催。展示車両にはワールドプレミアとなる76台、ジャパンプレミアとなる68台も含まれる。会期は11月8日(日)までの11日間だ。

さらにモーターショー初となるAndroid OSやiOS向けの公式モバイルアプリ「TMS Mobile」が登場した。このアプリはモーターショーのブースガイドだけではない。広いビッグサイト内でも行きたいブースへのナビゲーション、混雑状況、さらに会場内のグルメ情報など役立つ機能が満載だ。今回は、このアプリでもチェックして欲しい東4、5、6ホールの展示を写真で紹介していく。

続きを読む

マクラーレンホンダのF1カーも展示!東京モーターショー2015を公式スマホアプリ「TMS Mobile」で楽しもうーー東1-3ホール編【レポート】

第44回東京モーターショー2015が開催!

一般社団法人 日本自動車工業会は10月29日(木)より東京ビッグサイトにて自動車および自動車関連サービスが一堂に会する展示会「第44回東京モーターショー2015」(以下、モーターショー)を開催。展示車両にはワールドプレミアとなる76台、ジャパンプレミアとなる68台も含まれる。会期は11月8日(日)までの11日間だ。

さらにモーターショー初となるAndroid OSやiOS向けの公式モバイルアプリ「TMS Mobile」が登場した。このアプリはモーターショーのブースガイドだけではない。広いビッグサイト内でも行きたいブースへのナビゲーション、混雑状況、さらに会場内のグルメ情報など役立つ機能が満載だ。今回は、このアプリでもチェックして欲しい東1、2、3ホールの展示を写真で紹介していく。

続きを読む

Google、Androidをカーナビなどの車載システムで使える「Android Auto」を提供開始!まずはアメリカおよびイギリス、オーストラリアでパイオニア製品で利用可能に


Googleが車載システム「Android Auto」をスタート!

Google(グーグル)は19日(現地時間)、Androidを搭載した端末を利用した車載システム「Android Auto」をアメリア(米国)およびイギリス(英国)、オーストラリアにて提供開始したと発表しています。

対応地域におけるアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてAndroid Autoアプリが公開され、Android Autoに対応する車載用機器にAndroid AutoアプリをインストールしたAndroid搭載機器を接続することで、走行中などにおいて車載用機器のディスプレイでAndroid Autoの機能を利用できるようになります。

なお、現段階で対応する車載用機器はPioneer(パイオニア)の製品のみで、アメリカでは「AVIC-8100NEX」および「AVIC-7100NEX」、「AVH-4100NEX」、イギリスでは「AVIC-F77DAB」および「AVIC-F70DAB」、「AVH-X8700BT」、オーストラリアでは「AVIC-F70DAB」および「AVH-X8750BT」。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。