S-MAX

NTTドコモ、電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を3月から提供!厚生労働省の指針に沿った安心して利用できる環境を整備へ


NTTドコモが電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を3月から提供!

NTTドコモは15日、薬局が「お薬手帳」をデジタル管理できる電子お薬手帳を手軽に導入して利用者の個々の状態に応じた服薬指導が実施できる電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を2016年3月から提供すると発表しています。

同社ではこれまでもチェーン薬局向けにカスタマイズした電子お薬手帳を提供し、すでに全国約1300店舗に導入されていますが、この取り組みをさらに加速するためにカスタマイズせずに汎用的で手軽に導入できるおくすり手帳Linkを新たに提供します。

これにより、より多くの薬局での電子お薬手帳の普及促進を促し、利用者がいきつけの薬局で電子お薬手帳が利用できることをめざし、厚生労働省が推進する薬局・薬剤師による服薬情報の一元的・継続的把握の実現に貢献していくとしています。

続きを読む

厚生労働省がスマホなど向け「お薬手帳」アプリの標準化を検討と報道!QRコードを活用し、薬の種類や効能、服用履歴だけでなく、薬剤師のコメントなども記録


厚生労働省がスマホなど向け電子版「お薬手帳」の標準化へ!

厚生労働省がスマートフォン(スマホ)に薬局で受け取った薬の名称や飲み方などを記録する電子版「お薬手帳」の仕様を共通化させる方針を固めたと産経ニュースが伝えています。

病院に行った時に処方された薬を自分で記録・管理するお薬手帳は現在、紙の手帳に処方された内容のシールを貼るというものが一般的ですが、一部の調剤薬局チェーンなどが電子化に取り組んでおり、スマホなどで管理できるアプリを提供しています。

ただし、仕様がアプリによって異なっており、薬を購入する薬局によってまちまちとなるため、結局一元的に管理できない状況となっていることから、利便性向上とお薬手帳の電子化を普及させるために全国各地のどこの薬局でも対応できるよう標準仕様を検討するとしています。

続きを読む

ケンコーコム、処方箋をスマホで撮影して薬局にFAX送信して希望の場所で薬を受け取れる無料サービス「ヨヤクスリ」を開始


ケンコーコムが処方箋をスマホで薬局に送信できる無料サービス「ヨヤクスリ」を開始!

健康食品や医薬品などをインターネットで販売する「ケンコーコム」を運営するケンコーコムは5日、病院で受け取った処方箋をパソコンやスマートフォン(スマホ)などから特定の薬局に送信できる処方箋画像送信サービス「ヨヤクスリ」を開始したと発表しています。利用料は無料。

これにより、時間がなくて診察を受けた後に病院の近くの薬局で薬を受け取れないなどの理由で自宅や職場の近くなど、希望の薬局で好きな時間に処方された薬を購入することが可能になるとしています。

なお、サービス開始時には処方箋のFAX送信可能な薬局は、東京神奈川を中心とした1万軒となりますが、今後は全国約5万軒の薬局すべてで対応できるようにする予定。

続きを読む

薬の情報を気軽に調べられる「薬 検索」【Androidアプリ】


処方薬も市販薬も気軽に調べられるアプリ登場!

どんな人でも薬のお世話にはなることでしょう。自分が飲む薬がどんな効能や副作用があるか気になる人は多いはずです。書店などでは薬辞典などもありますが、割高な上にぶ厚い辞典で検索するのは面倒です。

今回紹介する「薬 検索」はその名の通り気軽に薬の情報を検索できるアプリです。薬は処方薬も市販薬も両方調べることができるので、ドラッグストアなどで医師の処方が要らない市販薬を買ってきた時も、調剤薬局で病院から処方された薬を買ってきた時も、気軽に薬の情報を調べることができる便利なアプリです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。