S-MAX

調査

中国ではOPPOが1位、vivoが2位と新興企業の躍進が顕著!IDC、中国市場における2016年第3四半期スマホ出荷台数シェアを発表――国外企業ではAppleが5位と健闘


中国で四半期ながらOPPOがトップに!駅構内を埋め尽くす巨大広告、今年3月の中国・深圳市にて撮影

米国の調査会社であるIDCは26日(現地時間)、中国市場における2016年第3四半期(2016年7〜9月)のスマートフォン(スマホ)出荷台数のシェアを公表しました。公表された内容によると、中国市場におけるスマホ販売シェアは地元の新興企業「OPPO(オッポ、欧珀)」が17.5%と初めて首位に立っており、同じく地元の新興企業である「vivo(ビボ、維沃)」が16.7%と2位に続いています。

また前回までトップだった日本でも販売を活性化させている「Huawei(ファーウェイ、華為技術)」が15.7%と第3位、中国のAppleとして一時は勢いがあった「Xiaomi(シャオミ、小米科技)」で8.7%と第4位、米国「Apple」がシェアは7.1%と第5位なりました。なお、中国市場全体の2016年第三四半期の出荷数は前年比5.8%増加となる1億1510万台となり、今後更なる内需の増加が見込まれます。

続きを読む

総務省、実質0円やキャッシュバックといったスマホなどの販売適正化に向けて価格調査や消費者からのタレコミ窓口を設置!ガイドライン案も公開し、意見募集を開始


総務省がスマホなどの端末販売の適正化に向けて取り組みをスタート!

総務省は2日、昨年後半に行われた「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」の取りまとめを受けていわゆる「実質0円」といったスマートフォン(スマホ)などの販売施策の是正を行っていく上で適正化に向けた取り組み状況を把握するため消費者からの情報提供窓口を設置するとともに全国の販売代理店などにおける販売価格などに関する調査を実施するとお知らせしています。

また、取りまとめに基づいたガイドラインの策定において「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)」などを公開し、2016年2月2日(火)から3月3日(木)までの期間で意見を募集しています。今後、寄せられた意見を鑑みつつ、正式に各ガイドラインが策定および改正される予定です。

続きを読む

LINE、ユーザーが制作した「LINEクリエイターズスタンプ」の動物別スタンプ制作調査結果を公開!約4割が動物スタンプで、猫やうさぎ、犬がトップ3に


やっぱり動物は人気!LINEクリエイターズスタンプで上位を狙ってみよう

LINE Corp.は18日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )におけるトークで使える「LINEスタンプ」をユーザーが制作・販売できるプラットフォーム
LINE Creators Market」( https://creator.line.me )で販売されている「LINEクリエイターズスタンプ」にて動物をモチーフにした「動物スタンプ」について動物別の制作数調査を実施したとお知らせしています。

その結果、全体の約4割(38.2%)が動物スタンプとなっており、動物別では1位の猫が34.4%の3分の1と最も多く、2位のうさざ、3位の犬、4位の熊、5位の鳥が続いていることが明らかになりました。

続きを読む

LINE、ユーザーが制作した「LINEクリエイターズスタンプ」の県別・地方別方言スタンプ制作数調査結果を公開!都道府県別では西高東低の沖縄弁・大阪弁・福岡弁がトップ3


LINEクリエイターズスタンプは方言スタンプが人気!まだない方言のスタンプを作って上位を狙ってみては!?

LINE Corp.は4日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )におけるトークで使える「LINEスタンプ」をユーザーが制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」( https://creator.line.me )で販売されている「LINEクリエイターズスタンプ」にて日本国内の方言を用いた「方言スタンプ」について、県別・地方別の制作数調査を実施したとお知らせしています。

その結果、方言スタンプは西高東低の傾向が明らかになり、関西・九州・中国・四国などの西日本のスタンプが方言スタンプの7割以上を占め、都道府県別では「沖縄弁」や「大阪弁」。「福岡弁」が上位3位となっているということです。

続きを読む

LINE、無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」のiPhone版をアップデートで着せ替えショップに対応!アンケートによる通話機能の利用実態も公表


LINE、無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」のiPhone版をアップデートで着せ替えショップなどに対応!

LINE Corp.は17日、同社が運営するスマートフォン(スマホ)向け無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」のiOS向けアプリをバージョンアップし、v4.0.0を公開しています。

すでに先行して公開されているAndroid版と同様に「着せかえショップ」に対応したほか、無料通話の品質を改善やユーザーインターフェース(UI)をiOS 7に合わせたフラットデザインに変更、メッセージの削除・共有・保存機能を追加などの変更が行われています。

その他、同社ではLINEユーザー3000人に無料通話機能についてのアンケートを実施し、約70%が無料通話を利用しているほか、約半数が5分以上通話している点や使わない理由、満足できた点などを公表しています。

続きを読む

App Annie、2013年のスマホ&タブレット向けアプリ市場調査結果を発表!日本ではiPhoneのシェアが高いものの、Androidでの売上高は世界一に


2013年のスマホなど向けアプリ市場のトレンドを紹介!

調査会社App Annieは30日(現地時間)、世界のスマートフォン(スマホ)やタブレット向けのアプリなどを配信するストア(マーケット)の2013年における調査結果を公開しています。以前に2013年10月に日本でのAndroid向け「Google Playストア」およびiOS向け「App Store」での売上高がアメリカを抜き、世界トップになったことを紹介しましたが、2013年の1年間を通しても日本が売上高でトップになったことが明らかになっています。

また、日本ではiPhoneやiPadなどのiOS搭載機器の販売台数シェアが海外と比べて高くなっていますが、アプリの売上高ではiOSのApp Storeはアメリカに次いで2位となっており、一方で販売台数のシェアが低いAndroidのGoogle Playストアではトップとなっており、日本におけるAndroid搭載機器の立ち位置が海外と比べて異なることが推察されます。

すなわち、海外ではAndroid搭載機器は低価格のミドルからロースペックの製品が多いため販売台数シェアでは高いものの、ストアで有料アプリやアイテムに支払う層ではなく、日本ではiOS搭載機器を購入する層と同様にAndroid搭載機器でもハイエンドの製品を購入し、ストアで有料アプリやアイテムに支払う層となっているということだと思われます。

この他、2013年にはApp StoreおよびGoogle Playストアがそれぞれ汎用ゲーム機向けの利用数を超えたことや、各国のアプリおよび提供元のダウンロード数や売上高ランキングなどの詳細なレポートが掲載されており、メールアドレスなどを送信すればレポート全体を閲覧できますので、興味がある人は直接レポートを見てみてはいかがでしょうか。

続きを読む

MM総研、2013年の国内携帯電話出荷台数を公表!シェア1位は連続してAppleで差を広げる――スマホ出荷台数も3.7%減で移行が停滞へ


MM総研が2013年の国内携帯電話出荷台数を公表!

MM総研は30日、2013年暦年(2013年1月~2013年12月)の国内携帯電話端末の出荷状況を調査して結果を発表しています。

調査結果によると、ケータイ(フィーチャーフォン)およびスマートフォン(スマホ)の合計総出荷台数は前年比10.2%減の3929万台となり、4000万台を下回る結果となったとのこと。

スマホだけでも2928万台と前年比3.7%減となり、スマホ人気が停滞が見えるとしています。ただし、総出荷台数に占めるスマホ出荷台数比率は74.5%(前年比5.0ポイント増)に上昇しています。

メーカー別シェアでは、NTTドコモが取り扱いを開始した「iPhone」を提供するAppleが総出荷台数(32.5%)およびスマホ出荷台数(43.6%)でともにシェア1位になっています。

続きを読む

Appleの次期スマホ「iPhone 6(仮)」は大きくなる?5.5インチフルHDと4.7インチHD+の2種類が登場か――米調査会社が予測


次期iPhoneは大きくなる!?米調査会社が予測

米調査会社Display Searchは13日(現地時間)、2014年に登場するディスプレイを予測し、スマートフォン(スマホ)向けではApple製の次期モデル「iPhone 6(仮称)」として4.7インチHD+(900×1600ドット)および5.5インチフルHD(1080×1920ドット)のパネルが採用されるのではないかと予測しています。

この他、Apple製スマートウォッチとして登場が期待される「iWatch」については1.3または1.6インチ320×320ドットのフレキシブルAMOLED(曲面ディスプレイ)が採用されるのではというほか、ハイエンドスマホ向けに5.7インチや6.2インチでWQXGA(1440×2560ドット)といった高解像度パネルを搭載した製品が投入されるという予測をしています。

続きを読む

マーケティングに年齢や性別は無関係ーーグーグルがマルチスクリーン利用者のユーザー行動分析結果を公表!あなたはどのグループ?【レポート】


グーグルでは日本におけるマルチデバイス環境は確実に進んでいるという

Googleの日本法人グーグルは16日、マルチスクリーン利用者の行動分析に関するプレス向け発表会を開催。パソコンやスマートフォンなどの増加に伴って複数のスクリーンを同時に利用する“マルチスクリーン”化が進む中、テレビとパソコン、スマートフォンという3つのスクリーンをどのように活用しているのかを統計的に分析。その行動パターンから、日本のユーザー行動が5つのグループに分類できると説明した。

これらのグループ分類では、従来までに行われてきた性別や年齢などの属性ではなく、情報に対する性格や役割などが複合的に混ざり合うという分析ができるという。今回は、そんな5つのグループ分類の仕方を中心に発表会の模様を紹介していこう。

続きを読む

IDC Japan、2012年携帯電話およびスマートフォンの国内出荷台数調査結果を発表!iPhone 5が好調でAppleが通年ではじめてシェア1位に

0de43490.jpg

ベンダー(メーカー)別でAppleが圧倒した2012年!

IDC Japanは21日、日本国内における携帯電話(スマートフォン含む)の2012年第4四半期(10~12月)および2012年通年の出荷台数の調査結果を発表した。

これによると、2012年第4四半期の国内携帯電話出荷台数は、前年同期比6.3%増の1,133万台、国内スマートフォン出荷台数は、前年同期比29.2%増の883万台で、ともにAppleがシェア1位になったとのこと。

また、2012年通期の携帯電話出荷台数は、前年比6.4%増の4,040万台で、国内スマートフォン出荷台数は、前年比29.2%増の2,848万台で、こちらもともにAppleがシェア1位となり、通年でのAppleのシェア1位ははじめてだという。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。