S-MAX

謎多き「北朝鮮」携帯電話事情レポート特集

謎多き「北朝鮮」の最新携帯電話事情を紹介!koryolinkは多種多様な携帯電話を販売【レポート】


北朝鮮国民は携帯電話のカメラ機能をよく使うというので、Arirang AS1201で夜の平壌駅を撮影してみた。

謎に包まれた「朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)」の携帯電話事情を紹介しているが、これまでにCHEO Technology JV Company(以下、CHEO Technology)が提供する唯一の移動体通信サービスである「koryolink」を実際に渡航して試してきたレポートなどをお伝えした。

このkoryolinkでは筆者が北朝鮮渡航時に購入したスマートフォン「Arirang AS1201」のほかにもスマートフォンやケータイ(フィーチャーフォン)など多種多様な携帯電話の販売も手掛けている。今回はそんな北朝鮮における携帯電話のラインナップや北朝鮮国民による携帯電話の用途などを紹介する。

続きを読む

謎多き「北朝鮮」の最新携帯電話事情を紹介!koryolinkの3Gを実際に試す――エリアや基地局もチェックしてきた【レポート】


北朝鮮のスマートフォン「Arirang AS1201」から日本に国際電話をかけた様子

数回に分けて紹介している「朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)」における最新携帯電話事情だが、前回は実際に渡航し、唯一の携帯電話サービス「koryolink」のプリペイドSIMカードおよびスマートフォン「Arirang AS1201」を購入したレポートをお伝えした。

そこで今回は、実際に購入したプリペイドSIMカードとスマートフォンでkoryolinkのサービスを試してきたので、現地で検証した内容などをお伝えする。利用可能なkoryolinkのサービスは限られるが、スマートフォンを使って提供エリアなどを確認できた。

続きを読む

謎多き「北朝鮮」の最新携帯電話事情を紹介!外国人の携帯電話持ち込み解禁と同時にプリペイドSIMの販売を開始【レポート】


北朝鮮・平壌順安国際空港の到着ロビー兼出発ロビー。税関を抜けてすぐの場所にkoryolinkのブースが設けられている

謎に包まれた「朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)」の携帯電話事情を数回に渡って紹介している。北朝鮮では長らく外国人による携帯電話の持ち込みが禁止されていたが、2013年より外国人による携帯電話の持ち込みが解禁された。この時に、北朝鮮の携帯電話業界は大きな変化を迎えた。

そこで、前回は現在、移動体通信サービスを唯一行っている「CHEO Technology JV Company」(ブランド名としては「koryolink」)やこれまでの北朝鮮における移動体通信サービス歴史を紹介したが、今回は携帯電話の持ち込みの解禁に至った背景などを紹介する。

続きを読む

謎多き「北朝鮮」の最新携帯電話事情を紹介!唯一の移動体通信サービス「koryolink」が3Gサービスを提供、過去には2Gサービスも【レポート】


北朝鮮唯一の携帯電話サービス「koryolink」のロゴマーク。千里馬がモチーフとなっている。

世界中のマスメディアを賑わせる「朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)」。日本でも毎日のように北朝鮮に関連したニュースが報じられているが、北朝鮮の携帯電話事情は報じられることが少ない。そんなまさに“近くて遠い国”の代表格とも言える北朝鮮には日本からの渡航者も少なく、北朝鮮の携帯電話事情について知る機会もあまりないだろう。

携帯電話事情は文化などと同様に国や地域によって多種多様であり、それは北朝鮮においても同様だ。そこで、今回は謎に包まれた北朝鮮の携帯電話事情について実際に渡航して得られた内容も含めて数回に分けてお伝えする。まずは第1回として北朝鮮においてどういった携帯電話のサービスが行われているのかを歴史とともに紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。