S-MAX

購入

アップルの新型完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を開封レビュー! 従来のAirPodsと比べながらデザインやサイズ感などを解説【レポート】


Appleの新しい完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を開封レビュー!

Apple(アップル)が完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズの新製品「AirPods Pro」を10月28日に発表しました。日本でも10月30日に発売され、同社の直営店および公式Webストア(Apple.com内および専用アプリ「Apple Store」)での価格27,800円(以下すべて税別)です。

販路は他にも量販店やECサイト、auなどから販売されます。なお、従来から販売されている「第2世代AirPods」も引き続き併売され、AirPods with Charging Caseが17,800円、AirPods with Wireless Charging Caseが22,800円となっています。

AirPodsシリーズは現在の完全ワイヤレスイヤホン市場を牽引する重要な製品シリーズですが、ついに上位モデルとしてカナル型の機種が登場しました。第2世代AirPodsで採用されたSoC(チップセット)「H1」を引き続き採用しており、高速な接続性と低遅延を実現しています。また新たに耐汗耐水性能に対応しました。

さらにAirPods Proではアクティブノイズキャンセリングに対応している点も従来機との大きな違いです。外部の音を逆位相の音によって「打ち消す」というもので、遮音性の高いカナル型の特徴をさらに引き上げる技術です。また耳元の1アクションでアクティブノイズキャンセリングをオフにする「外部音取り込みモード」にも切り替えられるなど、UIにもこだわっています。

今回筆者もAirPods Proを購入できましたので、第2世代AirPodsなどとの比較とともに開封レビューを行いたいと思います。

続きを読む

史上最重量226gなヘビー級スマホ「iPhone 11 Pro Max」を購入したので開封して外観や同梱物などを紹介!マットガラスは新鮮かつ高質感【レビュー】


iPhone 11 Pro Maxを開封レビュー!前機種「iPhone XS Max」などとも比較

既報通り、最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」(ともにApple製)が9月20日に発売されました。日本ではAppleからSIMフリー版が販売されるのほか、NTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話会社からも販売されています。

iPhone 11シリーズは昨年発売された「iPhone XR」および「iPhone XS」、「iPhone XS Max」のそれぞれ後継機種となり、iPhone 11がiPhone XRと同じ6.1インチ液晶、iPhone 11 ProがiPhone XSと同じ5.8有機EL、iPhone 11 Pro MaxがiPhone XS Maxと同じ6.5インチ有機ELとなっています。

主に新開発されたチップセット(SoC)「Apple A13 Bionic」によって性能が向上しているほか、無線LANの新規格である「Wi-Fi 6」や携帯電話ネットワークにおける6波のキャリアアグリゲーション(6CC CA)、UWBによるより高精細な位置情報、3D音響技術「Dolby Atmos」などが導入されました。

またリアカメラがiPhone 11がiPhone XRのシングルカメラからデュアルカメラに、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MaxがiPhone XSとiPhone XS Maxのデュアルカメラからトリプルカメラへと強化され、新たに各製品ともに超広角撮影やナイトモード、スローフィーなどの新機能に対応しています。

そんなiPhone 11シリーズですが、今回、筆者もiPhone 11 Pro Maxのシルバー(64GB)をSIMフリー版であるAppleの公式オンラインショップ(公式Webサイト「Apple.com」内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて購入して開封していましたので、ちょっと遅くなりましたが、外観や同梱品を紹介し、さらに既存のiPhone XS Maxなどと比較したいと思います。

続きを読む

iPhone 11を開封レビュー!2019年の「新スタンダード」を徹底チェック。グリーンを含む豊富なカラバリやデュアルカメラで高い満足感に【レポート】


2019年のスタンダードモデル「iPhone 11」を購入!“HATSUNE MIKU”を思い出す鮮やかなグリーン

既報通り、Appleのスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズにおける“2019年モデル”となる「iPhone 11」シリーズが9月20日に発売されました。例年通り、日本ではNTTドコモやau、SoftBankといった大手携帯電話会社のほか、SIMフリー版がAppleから販売されています。

今年のiPhone 11シリーズはラインナップがスタンダードモデル「iPhone 11」を中心に、上位モデルとしてシリーズ初となる3眼カメラを背面に搭載した「iPhone 11 Pro」、その大画面モデル「iPhone 11 Pro Max」の3機種となっています。なお、iPhone 11は背面に2眼カメラを搭載します。

今回、筆者はスタンダードモデルとなるiPhone 11のグリーン(128GB)を購入しましたのでさっそく開封して外観や同梱物を紹介したいと思います。なお、すでにiPhone 11 Proについての開封レポートを公開していますので、そちらと併せて比較しながら見て頂くと今後購入を予定している読者には参考になるかと思います。

続きを読む

ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」を購入したので開封して外観や同梱物を紹介!超縦長画面など、物欲を刺激するワクワクする製品に【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

日本でもNTTドコモおよびau、SoftBankから6月14日に発売されたソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。

ここ数年ですっかり定着した縦長画面をさらに伸ばした「シネマワイドディスプレイ」や後塵を拝していたカメラ機能でもトリプルカメラを搭載するなど、他社の製品と比べても魅力のある製品に仕上がっています。

そんなXperia 1ですが、筆者もNTTドコモ版となる「Xperia 1 SO-03L」を入手したので、今回は開封から同梱品のチェックまでの様子を感想を添えてお届けします。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10 SC-03L」を購入したので開封して外観や同梱品を紹介!さっそく予約キャンペーン応募やSIMロック解除などを実施【レビュー】


docomoで新高性能スマホ「Galaxy S10」を買ったのでファーストインプレッション!

サムスン電子の最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」が日本では「2019年夏モデル」としてauから5月23日にNTTドコモから6月1日にそれぞれ発売されました。

ドコモショップやauショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「au Online Shop」や「ドコモオンラインショップ」にて販売されており、価格(すべて税込)はauの「Galaxy S10 SCV41」が102,000円、「Galaxy S10+ SCV42」が114,960円、NTTドコモの「Galaxy S10 SC-02L」が89,424円、「Galaxy S10+ SC-03L」が101,088円です。

またauでは「アップグレードプログラムEX」に加入すれば48回払いのうちの最大24回分の割賦金、NTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」に加入すれば36回払いのうちの最大12回分の割賦金が購入した端末を返却すると免除され、それぞれ実質負担額としてGalaxy S10 SCV41が51,000円から、Galaxy S10+ SCV42が57,480円から、Galaxy S10 SC-03Lが59,616円から、Galaxy S10+ SC-04Lが67,392円からとなります。

なお、スマホおかえしプログラムは無料ですが、アップグレードプログラムEXは月額390円(非課税)がかかります。今回はすでに紹介したようにドコモオンラインショップでGalaxy S10 SC-03Lを購入し、実際に商品が届いたので開封して同梱品や外観を紹介しつつ、初期設定や「事前予約キャンペーン」へ応募したり、SIMロック解除などをした模様をファーストインプレッションとともに紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。