S-MAX

通信

CEATEC JAPAN 2018:凸版印刷が可視光を用いた「光子無線通信」技術を展示!電波が使えない工場や電波状況の悪い大規模イベントなどで威力を発揮【レポート】


CEATEC JAPAN 2018から凸版印刷の「光子無線通信」技術をレポート!

幕張メッセにて10月16〜19日まで行われたIT技術の展示会「CEATEC JAPAN 2018」に凸版印刷が出展し、LEDを光源とする可視光でデータ通信を行う「光子無線通信」技術の展示を行いました。

一般的な高速無線通信技術には高周波の電波や赤外線などが用いられることが多いですが、今回展示されていた光子無線通信技術ではLEDによる可視光波長の光が用いられています。敢えて電波や赤外線などを用いない無線通信技術にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

本技術が持つメリットや用途など、展示ブースの様子とともにご紹介します。

続きを読む

NTTドコモが3Gサービス「FOMA」を2020年代半ばに終了する方針を明らかに!2020年春に5G導入で1兆円投資で、維持費などのコスト削減などへ


docomoが3Gサービス「FOMA」を2020年代半ばに終了へ!

NTTドコモは31日、都内にて「2019年3月期 第2四半期決算発表」の説明会を行い、登壇した同社 代表取締役社長の吉澤和弘氏が3G(第3世代携帯電話システム)サービス「FOMA(フォーマ)」について「できれば、2020年代半ば終了したい」という方針を明らかにしました。

これにより、早ければ2025年頃にFOMAのみに対応する製品が使えなくなることが判明しました。同社では来年の2020年に次世代の「5G(第5世代携帯電話システム)」を導入予定で、その後、2世代前の3Gをシュリンクしていくことになります。

続きを読む

ベンチャー企業支援イベント「NTTドコモ・ベンチャーズデイ」を開催!NTTグループが持つ通信やIoT技術の強みを活かしたベンチャー支援策を写真とともに解説【レポート】


NTTグループによるベンチャー支援への取り組みを解説!

NTTグループは20日、東京ミッドタウンにて同社のベンチャー企業支援会社「NTTドコモ・ベンチャーズ」の活動報告および事業成果の展示会「NTTドコモ・ベンチャーズデイ」を開催しました。

NTTグループによるベンチャー企業支援の歴史は2008年に発足した「NTTインベストメント・パートナーズ」にその原点があります。その後NTTグループを代表したスタートアップ及びベンチャーコミュニティとの総合窓口として活動を広げるため2013年に「ドコモ・イノベーションベンチャーズ」への商号変更を経て、さらに現在の「NTTドコモ・ベンチャーズ」へと商号変更を行った経緯があります。

NTTグループによるベンチャー企業への支援策とはどのようなものなのでしょうか。またその取り組みは成功しているのでしょうか。カンファレンスの模様や展示会に出展した一部の企業の紹介とともに解説します。

続きを読む

NTTドコモ、2020年の提供をめざしている「5G」のサービスの展望や目標性能、技術コンセプト・候補技術を紹介する「ホワイトペーパー」を公開


NTTドコモが5Gのホワイトペーパーを公開!

NTTドコモは11日、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年のサービス提供開始をめざした次世代の移動通信方式である「5G(第5世代携帯電話システム)」についてのホワイトペーパー( https://www.nttdocomo.co.jp/english/corporate/technology/whitepaper_5g/ )を公開したとお知らせしています。なお、日本語版( https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/whitepaper_5g/ )については2014年9月12日(金)に公開予定。

このホワイトペーパーでは同社が想定した将来提供し得るサービスの展望や5Gの目標性能、技術コンセプトおよび候補技術について解説しています。

続きを読む

古いAndroidではバックグラウンドデータ通信を無効にできないかも!? 「バックグラウンドデータ」設定の意外な裏側【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

バックグラウンドデータの設定項目はAndroid 4.0で挙動が大きく変化

今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」は、前回のスリープ中のWi-Fi設定に続いてAndroidの通信設定について紹介します。Androidスマートフォンやタブレットに存在する「バックグラウンドデータ」という設定項目をご存知でしょうか。名前だけを見れば、アプリがバックグラウンド状態(=画面が表示されていない状態)でデータ通信できるかどうかを設定できるように読めます。

ただ、Androidの歴史を紐解いていくと、必ずしもそうと言い切れない、興味深い事実が見えてきます。今回は知っておくとちょっと便利かもしれないバックグラウンドデータの話題を掘り下げて見てみましょう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。