S-MAX

通信技術

第11回オートモーティブ ワールド:NTTドコモが開発・実証試験中の常時ネット接続に対応した自動車「コネクティッドカー」の取り組みや研究を展示【レポート】


車が5Gでネットにつながる?docomoがめざすコネクティッドカーが見えてきた

東京ビッグサイト(東京・お台場)で1月16〜18日の3日間に渡ってカーエレクトロニクス機器や自動車部品加工技術などといった主に法人向けの自動車関連の7つ展示会からなる総合イベント「第11回 オートモーティブ ワールド」(主催:リード エグジビション ジャパン)が開催されました。なお、併催イベントとして第34回 ネプコン ジャパンも同時開催。

これまで当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では本イベントのレポートはしてきませんでしたが、自動車も自動運転やネット接続などの次世代への取り組みも多くなってきており、今回、NTTドコモが「第7回コネクティッド・カーEXPO」のエリアにブース出展しているということで取材してきました。

そこで、本記事ではNTTドコモが展示していた5Gアンテナ搭載の試験車両やパネルで紹介していた研究開発中であるという自動車関連の通信システムなど、常時ネットワーク接続を備えた自動車「コネクテッドカー」への取り組みを紹介していこうと思います。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2013:NTTドコモ、ちょっと未来の通信規格「次世代移動通信 5G」を出展!実装予定は東京オリンピックに合わせ2020年!?【レポート】

6c3fcff1.jpg
ドコモが開発中の次世代通信規格とは?

千葉・幕張メッセにおいて10月1日(火)から5日(土)までアジア最大のIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2013」が開催されています。

その中で、NTTドコモが現在研究・開発中としている新世代の通信規格となる「次世代移動通信 5G」について資料などを展示していました。そこで、今回の記事では、この2020年に実装予定だという“ちょっと未来”の通信規格「5G」について紹介します。

続きを読む

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2013:KDDI研究所ブースにてLTEの数倍のデータを一気に送ることができる新技術「Advanced MIMO」を展示【レポート】


数年後、LTEがもっと早くなる!?新技術をKDDI研究所ブースにて展示中!

東京ビッグサイトにて2013年5月29日(水)~31日(金)の3日間に渡り、国内最大級の無線関連イベント「ワイヤレスジャパン2013(WJ2013)」。今年は同時に、日本EJK主催の無線技術関連企業や技術者が出展している無線技術イベント「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2013(WTP2013)」も開催されています。

そこで、今回はは、このWTP2013におけるKDDI研究所ブースにて先日新しく発表された、これまでのLTEの数倍のデータを送ることができる新しい「MIMO(Multiple-Input and Multiple-Output)」技術となる「Advanced MIMO」の技術デモが展示されていたので紹介します。

続きを読む

【ワイヤレステクノロジーパーク2011】NTTグループブース、「基地局用広帯域線形電力増幅器」・「複数帯域同時通過フィルタ」を展示

NTTドコモが展示していた基地局に関する展示を紹介します

ケータイやスマートフォンを支えるインフラの要である基地局ですが、ワイヤレステクノロジーパーク2011のNTTグループブースにてNTTドコモが基地局に関する技術の展示を行っていたので紹介します。

続きを読む

【ワイヤレステクノロジーパーク2011】KDDI研究所ブース、通信が切れても大丈夫な「切断耐性モバイル通信」技術を展示

KDDI研究所が「あるととっても便利で助かる」機能を公開

皆様はスマートフォンやケータイなどでゲームやアプリ、音楽ファイルなどのコンテンツをダウンロード中に通信が切れてしまいダウンロードが中断、ダウンロードし直し…といったことは経験ありますか?

ワイヤレステクノロジーパーク2011のKDDI研究所ブースでは、そんなジレンマを解決できる機能を発表しました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。